映画-Movie Walker > 人物を探す > チョ・ジェヒョン

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2010年 まで合計6映画作品)

2010年

マリン・ボーイ

  • 2010年8月22日(日)公開
  • 出演(Company president Kang 役)

麻薬の運び屋たちのスリリングな攻防劇を描いたサスペンス。監督はユン・ジョンソク。出演は「食客」のキム・ガンウ。2010年8月21日よりシネマート新宿/シネマート心斎橋にて開催された「韓流シネマ・フェスティバル2010~新しい風~」にて上映。

監督
ユン・ジョンソク
出演キャスト
キム・ガンウ チョ・ジェヒョン パク・シヨン イ・ウォンジョン
2007年

鰐 ワニ

  • 2007年4月28日(土)公開
  • 出演

最新作「絶対の愛」も好評の韓国の鬼才、キム・ギドク監督が1996年に発表したデビュー作。社会の底辺であえぐ男女の姿を、荒削りながらも鮮烈に映像化した野心作だ。

監督
キム・ギドク
出演キャスト
チョ・ジェヒョン ウ・ユンギョン チョン・ムソン アン・ジェフン
2004年

悪い男

  • 2004年2月28日(土)公開
  • 出演(Han-ki 役)

欧州の映画祭でも注目を集める韓国の鬼才、キム・ギドクが放った衝撃作。妖しいネオンがきらめく売春街を舞台に、清純な女子大生と彼女を娼婦にした男の奇妙な純愛をつづる。

監督
キム・ギドク
出演キャスト
チョ・ジェヒョン ソ・ウォン チェ・ドンムン キム・ユンテ
2001年

魚と寝る女

  • 2001年8月25日(土)公開
  • 出演(Mang-Chee 役)

各国の映画祭では、高い評価を得る一方で嘔吐者も続出したという問題作。孤独な男女の激しく求めあい、傷つけあう姿を、官能的な映像美でミステリアスに映し出す。

監督
キム・ギドク
出演キャスト
ソ・ジョン キム・ヨソク バク・ソンヒ チョ・ジェヒョン
2000年

ディナーの後に

  • 2000年1月29日(土)公開
  • 出演

 現代韓国の女性たちが持つSEX観を浮き彫りにしたドラマ。3人の女性の性に関する赤裸々な会話をとらえながら、彼女たちの揺れ動く恋愛模様をリアルに描き出す。

監督
イム・サンス
出演キャスト
カン・スヨン ジン・ヒギョン キム・ユジン ヨジャ・ヒュオン
1997年

永遠なる帝国

  • 1997年7月19日(土)公開
  • 出演(李人夢 役)

18世紀最後の年、朝鮮王朝の宮廷である朝起こった殺人事件を巡り、絶対権力の奪取を画策する改革派の国王、そして保守派の官僚たちとの間で静かに巻き起こる熾烈な権力闘争を一日という時間設定の中に描き込んだ、韓国版「薔薇の名前」とも評される歴史ミステリー。監督は「我らの歪んだ英雄」で国際的に注目された韓国の新鋭監督パク・ジョンウォンで、三年をかけて完成させた。韓国でベスト・セラーとなったイ・インファの同名小説の映画化。韓国の伝統音楽カヤグムの名手であるファン・ビョンギが音楽を担当。主演の国王は「祝祭」のアン・ソンギ。共演は、事件を調べる警察官僚に「風の丘を越えて」のキム・ミョンゴン、若きエリート書記官には映画出演2作目のチョ・ジェヒョン、その元妻サンアには若手実力派のキム・ヘス。韓国では大鐘賞の8部門(作品・監督・助演男優・撮影・照明・編集・録音・美術)を独占した。

監督
パク・ジョンウォン
出演キャスト
アン・ソンギ キム・ミョンゴン チョ・ジェヒョン チェ・ジョンウォン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チョ・ジェヒョン