映画-Movie Walker > 人物を探す > ラリー・ビショップ

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2009年 まで合計3映画作品)

2009年

ヘルライド

  • 2009年1月17日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演(ピストレロ 役)

鬼才クエンティン・タランティーノが製作総指揮を務めたバイオレンス活劇。1960~1970年代に大量生産された“バイカー・フィルム”にオマージュを捧げ、アウトローの生き様を描く。

監督
ラリー・ビショップ
出演キャスト
ラリー・ビショップ マイケル・マドセン エリック・バルフォー ヴィニー・ジョーンズ
1998年

マッド・ドッグス

  • 1998年1月24日(土)公開
  • 監督、脚本、出演(Nick 役)

古きよき時代のギャング映画を一風変わった味付けで現代風にアレンジした一編。監督・脚本・共同製作は「アンダーワールド」のヴェテラン俳優のラリー・ビショップ。本作が監督デビュー作(殺し屋役で出演も)。撮影は「ボクシング・ヘレナ」のフランク・バイヤーズ。音楽はアール・ローズ。出演は「ロスト・ワールド」のジェフ・ゴールドブラム、「NY検事局」のリチャード・ドレイファス、「ユージュアル・サスペクツ」のガブリエル・バーン、「ザ・ファン」のエレン・バーキン、「ホワイトハウスの陰謀」のダイアン・レイン、「ショーガール」のカイル・マクラクラン、「ため息つかせて」のグレゴリー・ハインズ、「素顔のままで」のバート・レイノルズ、「シャーキーズ・マシーン」のヘンリー・シルヴァほか。

監督
ラリー・ビショップ
出演キャスト
リチャード・ドレイファス ジェフ・ゴールドブラム ガブリエル・バーン エレン・バーキン
1997年

アンダーワールド(1996)

  • 1997年11月29日(土)公開
  • 脚本、出演(Ned Lynch 役)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

監督
ロジャー・クリスチャン
出演キャスト
デニス・レアリー ジョー・マンテーニャ アナベラ・シオラ ラリー・ビショップ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラリー・ビショップ