映画-Movie Walker > 人物を探す > ドミニク・レイモン

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2018年 まで合計5映画作品)

2018年

2重螺旋の恋人

  • 2018年8月4日(土)公開
  • 出演

米国の女性作家ジョイス・キャロル・オーツによる短編小説をフランソワ・オゾン監督が大胆に翻案したサスペンス。精神分析医ポールと恋に落ち、同居を始めたクロエ。ある日、クロエは街でポールそっくりの男と出会うが、彼はポールと双子で同じ精神分析医だった。出演は「17歳」のマリーヌ・ヴァクト、「午後8時の訪問者」のジェレミー・レニエ、「映画に愛をこめて アメリカの夜」のジャクリーン・ビセット、「夏時間の庭」のドミニク・レイモン。音楽を「婚約者の友人」のフィリップ・ロンビが担当。一般公開に先駆け『フランス映画祭2018』にて上映。

監督
フランソワ・オゾン
出演キャスト
マリーヌ・ヴァクト ジェレミー・レニエ ジャクリーン・ビセット ミリアム・ボワイエ
2009年

夏時間の庭

  • 2009年5月16日(土)公開
  • 出演(リーザ 役)

パリ郊外の古めかしい邸宅を舞台にしたヒューマン・ドラマ。三世代にわたる家族の中で受け継がれていくさまざまな思いを、繊細な映像美で浮き彫りにしていく。

監督
オリヴィエ・アサイヤス
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ シャルル・ベルリング ジェレミー・レニエ エディット・スコブ
2005年

DEMONLOVER

  • 2005年3月12日(土)公開
  • 出演(Karen 役)

ポルノサイトの権利をめぐる企業同士の争いをスタイリッシュに描くサスペンス。「ブラウン・バニー」のクロエ・セビニーや「ヴァイブレータ」の大森南朋が出演。

監督
オリヴィエ・アサイヤス
出演キャスト
コニー・ニールセン シャルル・ベルラン クロエ・セヴィニー ジーナ・ガーション
1997年

クリスマスに雪はふるの?(1996)

  • 1997年12月13日(土)公開
  • 出演(La mere 役)

南フランスの農場で暮らす貧しい一家を描いた一編。監督・脚本は「ポンヌフの恋人」の美術助手を務めていた新鋭サンドリーヌ・ヴェイセ。製作はジェームズ・アイヴォリー作品で知られるアンベール・バルザン。使用曲にアダモの『雪が降る』。出演は「ラブetc.」のドミニク・レイモン、ダニエル・デュヴァルのほか、ジェシカ・マルティネーズ、アレクサンドル・ロジェ、グザビエ・コロンナ、ファニー・ロシュタン、フラヴィー・シメーヌなど。ジェレミー・シェ、ギョーム・マトネなど。96年ルイ・デリュック賞、97年セザール賞最優秀第1回監督作品賞などを受賞。

監督
サンドリーヌ・ヴェッセ
出演キャスト
ドミニク・レイモン ダニエル・デュバル ジェシカ・マルティネーズ アレクサンドル・ロジェ

愛の誕生

  • 1997年5月9日(金)公開
  • 出演(H?lene 役)

ある中年男の恋愛と家族模様を繊細なタッチで綴った一編。監督は「もうギターは聞こえない」のフィリップ・ガレル。脚本はガレルと、彼と88年以来組む詩人・小説家のマルク・ショロデンコ、小説家のミュリエル・セール。撮影は「厚化粧の女」のラウル・クタールとアンドレ・クレマン、音楽は「パリ・セヴェイユ」のジョン・ケイル。主演は「イルマ・ヴェップ」のルー・カステルとジャン=ピエール・レオ。共演は「夜のめぐり逢い」のドミニク・レイモン、「不滅の恋/ベートーヴェン」のヨハンナ・テル・ステーヘほか。

監督
フィリップ・ガレル
出演キャスト
ルー・カステル ジャン・ピエール・レオ ヨハンナ・テア・シュテーゲ ドミニク・レイモン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドミニク・レイモン