TOP > 人物を探す > クレール・ケイム

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2010年 まで合計3映画作品)

2010年

カラヴァッジョ 天才画家の光と影

  • 2010年2月13日(土)
  • 出演(娼婦フィリデ 役)

16世紀のイタリアを代表する天才画家カラヴァッジョ。愛に情熱的で信念を貫き通す、そんな彼のローマ、ナポリ、シチリアなどイタリア流転の人生をドラマチックに描き出す。

監督
アンジェロ・ロンゴーニ
出演キャスト
アレッシオ・ボーニ クレール・ケイム ジョルディ・モリャ パオロ・ブリグリア
2001年

王は踊る

  • 2001年7月20日(金)
  • 出演(Julie 役)

17世紀フランス王宮を舞台にした絢爛豪華な人間ドラマ。才気あふれるダンサーの顔を持つ権力への野心に燃える若き国王と、禁断の愛に苦悩する宮廷音楽家の姿を描く。

監督
ジェラール・コルビオ
出演キャスト
ブノワ・マジメル ボリス・テラル チェッキー・カリョ コレット・エマニュエル
1996年

パリのレストラン

  • 1996年11月2日(土)
  • 出演(Mylene 役)

パリの小さなレストランの閉店前夜、主人夫婦と彼らを慕って集まってきた友人一同のそれぞれの人生を映し出す群像劇。監督は小説家でもあるローラン・ベネギで、監督第2作にあたる本作が日本初紹介。製作は「人生は長く静かな河」などのシャルル・ガッソ。原作はベネギ自身が自分の父をモデルに書いた自伝的小説『パリのレストラン』(邦訳・ハヤカワ文庫刊)。音楽は「パトリス・ルコントの大喝采」のアンジェリークとジャン=クロード・ナション夫妻。出演はコメディ・フランセーズの重鎮で、映画では「パリの灯は遠く」などの名優ミシェル・オーモン、クロード・シャブロル夫人で「父の恋人」などのステファーヌ・オードラン。共演は「彼女たちの舞台」のローランス・コートほか。また「カルメンという名の女」のミリアム・ルーセルが特別出演。

監督
ローラン・ベネギ
出演キャスト
ミシェル・オーモン ステファーヌ・オードラン ジャック・ガンブラン アニエス・オバディア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > クレール・ケイム

ムービーウォーカー 上へ戻る