映画-Movie Walker > 人物を探す > 矢野顕子

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2009年 まで合計9映画作品)

2009年

あがた森魚 やや デラックス

  • 2009年10月10日(土)公開
  • 出演

シンガーソングライターあがた森魚が、2008年8月に北海道からスタートした全国67箇所縦断ライブツアーに密着。全国各地で見せる彼の姿を通して、デビュー以来貫いてきた、奔放なあがた的生き方に迫るドキュメンタリー。監督は「半身主義」の竹藤佳世。オウム真理教を追ったドキュメンタリー「A」の森達也が監修。

監督
竹藤佳世
出演キャスト
あがた森魚 鈴木慶一 矢野顕子 久保田麻琴
2008年

崖の上のポニョ

  • 2008年7月19日(土)公開
  • 出演(声)(ポニョのいもうと達 役)

宮崎駿監督の4年ぶりの最新作。人間になりたいと願うさかなの子ポニョと5歳の少年・宗介との交流を感動的に描く。CGを使わず、手描きにこだわって作られた映像に注目。

監督
宮崎駿
出演キャスト
山口智子 長嶋一茂 天海祐希 所ジョージ
2005年

誰がために

  • 2005年10月15日(土)公開
  • 音楽

新人の日向寺太郎監督が浅野忠信を主演に迎えて撮った痛切な人間ドラマ。理不尽な暴力に愛する者の命を奪われた青年の心の葛藤をじっくりと見すえていく。

監督
日向寺太郎
出演キャスト
浅野忠信 エリカ 池脇千鶴 小池徹平
2004年

ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム

  • 2004年11月20日(土)公開
  • 出演

'66年に横浜・本牧で結成された日本初のR&Bバンド、ザ・ゴールデン・カップス。彼らの軌跡を、クレイジーケンバンドの横山剣ら44名の著名人の証言を交えて映し出す。

監督
サン・マー・メン
出演キャスト
ザ・ゴールデン・カップス デイヴ平尾 (ザ・ゴールデン・カップス) ケネス伊東 (ザ・ゴールデン・カップス) エディ藩 (ザ・ゴールデン・カップス)
1999年

ホーホケキョとなりの山田くん

  • 1999年7月17日(土)公開
  • 音楽、主題歌、出演(声)(藤原先生 役)

いしいひさいち原作による四コマ漫画をベースに、平凡な日本の家族像を様々なエピソードを織りまぜて、ユーモラスに描いた長篇アニメーション。監督・脚色は「平成狸合戦ぽんぽこ」の高畑勲。撮影を「もののけ姫」の奥井敦が担当している。声の出演に朝丘雪路の他、多彩な顔ぶれ。

監督
高畑勲
出演キャスト
朝丘雪路 益岡徹 荒木雅子 五十畑迅人
1998年

卓球温泉

  • 1998年5月16日(土)公開
  • 主題歌

家出した専業主婦が、卓球を通して、寂れた温泉地を復興させるまでを描いた人情コメディ。監督・脚本は「唐獅子姐御」の山川元。撮影を「CURE]の喜久村徳章が担当している。主演は「新居酒屋ゆうれい」の松坂慶子。

監督
山川元
出演キャスト
松坂慶子 牧瀬里穂 山中聡 蟹江敬三

大安に仏滅!?

  • 1998年4月4日(土)公開
  • 主題歌

欠陥住宅と家庭崩壊に悩まされる中年サラリーマンの姿を通して、家族の絆を見つめるハートウォーミング・コメディ。監督は「借王2」の和泉聖治。脚本は、「お日柄もよくご愁傷さま」の布勢博一と「すばらしき臨終」の砂本量の共同。撮影を「流れ板七人」の安藤庄平が担当している。主演は「お日柄もよくご愁傷さま」の橋爪功。

監督
和泉聖治
出演キャスト
橋爪功 吉行和子 酒井美紀 金子賢
1996年

トーキョー・メロディー

  • 1996年2月17日(土)公開
  • 出演

ポピュラー音楽にとどまらず映画音楽、実験音楽で現代の音楽シーンのなかで日本を代表するミュージシャン、坂本龍一の芸術とその素顔に迫るドキュメンタリー映画。元来はテレビ放映用に製作された作品。監督はフランスとアメリカでテレビを中心に活躍するエリザベート・レナール。音楽は無論坂本龍一本人の作品から、アルバム『音楽図鑑』の収録曲を中心に。出演は坂本と夫人の矢野顕子で、夫妻が自宅のピアノでYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の「東風(Tong-Poo)」を連弾で演奏する貴重な映像も含まれる。撮影はYMOの解散後、坂本が『音楽図鑑』をレコーディング中の1984年5月に東京で行われた。また坂本が音楽を担当し、準主演した大島渚監督の「戦場のメリー・クリスマス」、YMOの解散コンサートやプロモーション・ビデオからの映像が引用されている。ロッテルダム映画祭、第1回東京国際映画祭などで上映されて反響を呼んだ作品。クリス・マルケル監督「不思議なクミコ」と合わせて“東京タイムスリップ1964/1984:フランス人の見たトーキョー”の題で2本立て公開された。

監督
エリザベート・レナール
出演キャスト
坂本龍一 矢野顕子
1992年

SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。

  • 1992年9月2日(水)公開
  • 出演

ミュージシャンとして、また妻であり母であることから、女性の生き方のひとつのモデルとして幅広いファン層に敬愛されている矢野顕子が、一台のピアノだけによるアルバム「SUPER FOLK SONG」をレコーディングしていく緊迫感に満ちた模様を丹念に追い、「それだけでうれしい」と「中央線」の2曲を中心に、その創造の過程をフィルムに収めたドキュメンタリー。監督は「Peach -どんなことをしてほしいのぼくに-」の坂西伊作で、彼は矢野のニューヨークでの生活とコンサートの様子などを紹介したNHK総合の番組『音楽達人倶楽部 矢野顕子 1991』も作った経験から、今回のドキュメンタリーを実現させた(16ミリ=35ミリにブローアップ)。2017年1月6日より、デジタルリマスター版が上映される(配給:ライブ・ビューイング・ジャパン/配給協力:ソニー・ミュージックダイレクト)。

監督
坂西伊作
出演キャスト
矢野顕子

関連ニュース

『しあわせのパン』主題歌に矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用&予告公開!
『しあわせのパン』主題歌に矢野顕子と忌野清志郎が歌う「ひとつだけ」が起用&予告公開!(2011年10月7日)

東京から北海道に移住し小さなパンカフェを営む夫婦の姿を描いた『しあわせのパン』(2012年1月21日北海道先行公開、2012年1月28日全国公開)。本作の主題歌…

故・林由美香の元恋人、平野勝之監督『監督失格』完成に「人生に句読点を打てた」
故・林由美香の元恋人、平野勝之監督『監督失格』完成に「人生に句読点を打てた」(2011年8月31日)

35歳の誕生日前日に夭折したた女優・林由美香を14年間追ったドキュメンタリー『監督失格』(9月3日TOHOシネマズ六本木ヒルズ先行公開、10月1日全国公開)の音…

オノ・ヨーコ、ショーン・レノンら、NYで開催された2日間の被災者支援コンサートで10万ドルの義援金
オノ・ヨーコ、ショーン・レノンら、NYで開催された2日間の被災者支援コンサートで10万ドルの義援金 (2011年4月1日)

現地時間3月27日と29日にニューヨークで開催された東日本大地震のチャリティーコンサートで、10万ドル以上の義援金が集まり、全ての収益が日米交流団体ジャパン・ソ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 矢野顕子