映画-Movie Walker > 人物を探す > トニー・レオン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2019年 まで合計32映画作品)

2003年

HERO

  • 2003年8月16日(土)
  • 出演(残剣 役)

中国の名匠チャン・イーモウ監督が、豪華キャストを迎えて手掛けた大河ロマン。戦乱の中国を舞台に、愛と復讐に生きた刺客たちの壮絶なドラマをミステリアスに描き出す。

監督
チャン・イーモウ
出演キャスト
ジェット・リー トニー・レオン マギー・チャン チャン・ツィイー

インファナル・アフェア

  • 2003年10月11日(土)
  • 出演(Chan Wing Yan 役)

互いの組織に潜入したマフィアと刑事の対決を描くハードボイルド・アクション。香港映画界を代表する2大スター、トニー・レオンとアンディ・ラウが久々に共演、男たちの深い苦悩が胸を打つ。

監督
アンドリュー・ラウ アラン・マック
出演キャスト
アンディ・ラウ トニー・レオン アンソニー・ウォン エリック・ツァン
2002年

ファイティングラブ

  • 2002年8月2日(金)
  • 出演(トニー・レオン 役)

トニー・レオン&サミー・チェンの人気スター共演による、香港発のロマンチックなラブ・コメディ。身分違いの男女の恋のかけ引きを、せつなくも心温まるタッチでつづる感動作。

監督
ジョー・マ
出演キャスト
トニー・レオン サミー・チェン ニキ・チョウ ジョー・リー
2001年

東京攻略

  • 2001年3月10日(土)
  • 出演(Lin 役)

トニー・レオンら香港の三大スターが、東京の街を疾走する痛快作が登場。それぞれの思惑を抱いて大冒険を繰り広げる男女の奮闘を、豪快なバトル・シーン満載で描く。

監督
ジングル・マ
出演キャスト
トニー・レオン イーキン・チェン ケリー・チャン セシリア・チャン

花様年華

  • 2001年3月31日(土)
  • 出演(Chow 役)

鬼才ウォン・カーウェイがトニー・レオン&マギー・チャン共演でおくる珠玉のラブ・ストーリー。家庭を持つ貞淑な男女の禁断の愛と葛藤を、匂いたつような情感たっぷりにつづる。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
トニー・レオン マギー・チャン レベッカ・パン ライ・チン
1999年

ゴージャス

  • 1999年12月18日(土)
  • 出演(Albert 役)

実業家と天真爛漫な台湾娘の恋を描くラブ・ロマンス。主演・製作・アクション指導は「Who Am I?」のジャッキー・チェン。監督は「008・皇帝ミッション」のヴィンセント・コック。原案は「アンナ・マデリーナ」のアイヴォ・ホーで、脚本もコックと共同で担当。撮影はチョン・マンポー。音楽はデニー・ウォン。共演は「夢翔ける人色情男女」のスー・チー、「ブエノスアイレス」のトニー・レオン、「ファイナル・プロジェクト」のエミール・チョウほか。チャウ・シンチー、ロー・ガーインらが特別出演。

監督
ヴィンセント・コック
出演キャスト
ジャッキー・チェン スー・チー トニー・レオン エミール・チョウ

君を見つけた25時

  • 1999年5月22日(土)
  • 出演(ワイ 役)

売れっ子のCMディレクターと美少女の恋を描いたラヴ・ロマンス。監督・脚本は「ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2」のジェームズ・ユェン。製作は「欲望の街」シリーズ(4作)など香港のヒットメーカー、バリー・ウォン。撮影はチェン・マンポー。音楽はリンカーン・ロー。出演は「ブエノスアイレス」のトニー・レオン、台湾出身のアイドルで日本のヴァラエティ番組でもおなじみのビビアン・スー(「殺し屋と嘘つき娘」)、「ダウンタウン・シャドー」のアレックス・フォン、「チャイニーズ・オデッセイ」のエイダ・チョイ、「欲望の街」シリーズのラム・ソーンイーほか。

監督
ジェームズ・ユエン
出演キャスト
トニー・レオン ビビアン・スー アレックス・フォン エイ・ダチョイ

ロンゲストナイト

  • 1999年1月8日(金)
  • 出演(サム 役)

マカオの覇権を巡って対立する黒社会の騒動に巻き込まれる悪徳刑事の姿を描いたサスペンス。監督は「パラダイス!」のパトリック・ヤウ。製作は「パラダイス!」のジョニー・トゥ(「戦火の絆」監督)とワイ・カーファイ(「大陸英雄伝」監督)。出演は「フラワーズ・オブ・シャンハイ」のトニー・レオン、「夢翔る人 色情男女」のラウ・チンワン、「黒薔薇VS黒薔薇」のマギー・シュウ、『98古惑誇仔 龍争虎門』(未公開)のマーク・チェンほか。

監督
パトリック・ヤウ
出演キャスト
トニー・レオン ラウ・チンワン マギー・シュウ チョンコウナン
1998年

フラワーズ・オブ・シャンハイ

  • 1998年10月17日(土)
  • 出演(王 役)

19世紀末の上海を舞台に、清朝末期の高級遊郭で繰り広げられる男と女の愛憎劇を描いた文芸ロマン。監督は「悲情城市」「憂鬱な楽園」などで独特な映像美学を追究するホウ・シャオシェン。製作はヤン・ダンクイと市山尚三。原作は、ハン・チーユンが1894年に上海の遊郭に関する光景を蘇州語で客観的に描き出した奇書『海上花』で、中国文学の代表的女流作家チャン・アイリンが北京語に訳し、中国全土に一大ブームを起こした一作。脚本は「冬冬の夏休み」などでホウ監督と手を組むチュウ・ティンウェン。撮影は「女人、四十」のリー・ピンビン。音楽はジャパニーズ・ヒップホップの雄である半野喜弘で、本作が映画音楽デビューとなる。美術は「好男好女」のホァン・ウェンイン。録音は「カップルズ」のドゥ・ドゥージ。編集は「好男好女」のリャオ・チンソン。出演は「ブエノスアイレス」のトニー・レオン、「RAMPO」の羽田美智子、「天使の涙」のミッシェル・リー、「楽園の瑕」のカリーナ・ラウ、「憂鬱の楽園」のガオ・ジェほか。

監督
ホウ・シャオシェン
出演キャスト
トニー・レオン 羽田美智子 ミシェル・リー カリーナ・ラウ
1997年

ブエノスアイレス

  • 1997年9月27日(土)
  • 出演(ファイ 役)

90年代を代表する映画作家、「欲望の翼」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、南米はブエノスアイレスを舞台に、さすらうゲイの男二人の人生模様を鮮烈に綴った一編。デビュー以来一貫して香港を舞台にしてきたウォン監督が、初めて国外、しかもかねて彼が興味を寄せる、南米はブエノスアイレスを主要な舞台としてロケし、さらに初めて同性愛を題材に扱ったことも、話題となった。主演は香港はじめ中華圏を代表する二人の大スター、レスリー・チャンとトニー・レオン。撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集のウィリアム・チョンは前作「天使の涙」に引き続いて参加した言わずと知れたカーウァイ組の常連。製作はカーウァイ、製作総指揮はチャン・イーチェン。また、アソシエイト・プロデューサーは、日本で「欲望の翼」以来国内配給を手掛けてきたプレノンアッシュ代表の篠原弘子と、T・J・チョン、クリストフ・ツァンの共同。製作主任はジャッキー・パン。衣裳デザインとして菊池武夫が協力している。音楽はエンド・タイトルの英語題同名歌を演奏するダニー・チョンの名前がクレジットされているが、劇中ではカエターノ・ヴェローゾ、アストル・ピアソラ、フランク・ザッパなど、ヴァラエティに富んだ選曲で聞かせる。「カップルズ」などエドワード・ヤン作品で売る台湾の若手、チャン・チェンがトニー・レオンにからむ若い男として共演。第50回(97年)カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞。97年キネマ旬報外国映画ベスト・テン第6位。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
レスリー・チャン トニー・レオン チャン・チェン

関連ニュース

全身に緊張感が張り巡らされた動きはまるで一流のダンサーのようでもある
美しすぎるカンフーはまるで舞踏!?アクション映画に新機軸誕生の予感 2013年5月26日 10:00

映画のアクションシーンといえば、カーチェイスや銃撃戦、日本刀を使った殺陣など様々だが、日本人になじみのあるアクションの一つにカンフーがある。古くはブルース・リーの、あるいはジャッキー・チェンの映画で炸裂する中国武術のアク…

独自の世界観で知られるウォン・カーウァイ監督が初めて手掛けた本格アクション
鬼才ウォン・カーウァイによるアクション大作『グランド・マスター』の世界を3分で知る! 2013年5月22日 17:24

香港きっての映像派監督で、『2046』(04)のウォン・カーウァイが初めて本格アクションに挑戦した最新作にして、第63回ベルリン国際映画祭でオープニング作品に選ばれた『グランド・マスター』が、5月31日(金)より全国公開…

ド派手な中国の民族衣装を着て、マジックを披露するトニー・レオン
赤いタキシード、ちょびヒゲのアラジン風衣装でトニー・レオンが七変化! 2013年1月7日 19:29

甘いマスクと高い演技力で日本でも人気のトニー・レオン。シリアスからアクション、ラブロマンスまでをこなす彼が、天才的マジシャンを演じる『大魔術師Xのダブル・トリック』が1月5日より公開されている。1920年代、軍閥時代の北…

『一九〇五』に出演する松田翔太、トニー・レオン、前田敦子
黒沢清監督『一九〇五』でトニー・レオンが主演!共演に松田翔太&前田敦子 2012年9月10日 16:11

黒沢清監督の最新作『一九〇五』でトニー・レオンが主演を務め、松田翔太、前田敦子が共演することがわかった。トニー・レオンが日本映画に出演するのは今回初となり、前田は国際女優デビューとなる。本作は1905年の横浜を舞台に、ふ…

「彼らが生きる世界」でサバサバした面とナイーブさを持ち合わせたヒロインを演じたソン・ヘギョ
全米が注目する、アジア人の中で最も美しい女性に選ばれた人気女優とは? 2011年1月7日 12:00

美しい顔立ちやライフスタイルなど、アジア人女性の憧れの的となるハリウッド女優たち。しかし、アメリカでは今“アジアン・ビューティー”が注目されている。アメリカの映画専門ウェブサイト“インディペンデント・クリティクス”が発表…

21世紀版「三国志」解釈を見届けよ
『レッドクリフ』第2弾も好発進!ヒットの理由は…!? 2009年4月13日 12:51

ついに公開された超大作『レッドクリフ PartII 未来への最終決戦』。TOHOシネマズ日劇ではジョン・ウー監督が舞台挨拶に立ち、「『〜PartI』は友情・愛・勇気、『〜PartII』は決意・結束がテーマ。強い決意と結束…

大阪・道頓堀にリバーカーペットが登場!
道頓堀“リバーカーペット”に5000人熱狂!『レッドクリフ PartII〜』ジャパンプレミア 2009年4月4日 15:56

『レッドクリフ PartII 未来への最終決戦』(4/10(金)より公開)ジャパンプレミアが大阪・道頓堀で行われ、ジョン・ウー監督、トニー・レオン、金城武、チャン・チェン、リン・チーリン、そして平松邦夫大阪市長が出席した…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トニー・レオン