映画-Movie Walker > 人物を探す > タリク・アンウォー

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2016年 まで合計13映画作品)

2016年

ミス・シェパードをお手本に

  • 2016年12月10日(土)公開
  • 編集

イギリスの劇作家アラン・ベネットの回想録を映画化。ベネットの家の敷地に車を停めて生活する風変わりなミス・シェパードとの、長きにわたる奇妙な共同生活と友情を綴る。舞台でミス・シェパードを演じ続けたアカデミー賞女優マギー・スミスが本作でも主演。監督は「英国万歳!」でもベネットと組んだ、舞台演出家としての顔も持つニコラス・ハイトナー。ベネットには、「クィーン」などに出演し舞台を中心に活躍するアレックス・ジェニングスが扮する。ベネットとミス・シェパードが実際に暮らしていたロンドン北部の町カムデンのグロスター・クレセント通りで撮影された。

監督
ニコラス・ハイトナー
出演キャスト
マギー・スミス アレックス・ジェニングス ジム・ブロードベント フランシス・デ・ラ・トゥーア

われらが背きし者

  • 2016年10月21日(金)公開
  • 編集

スパイ・サスペンス小説の巨匠、ジョン・ル・カレの人気作をユアン・マクレガー主演で映画化したサスペンス。ロシア・マフィアの機密情報を入手したために、世界を股にかけた危険な逃亡劇を繰り広げる事になる大学教授とその妻の姿を描く。監督は数々のドキュメンタリー作で高い評価を受けてきたスザンナ・ホワイト。

監督
スザンナ・ホワイト
出演キャスト
ユアン・マクレガー ステラン・スカルスガルド ダミアン・ルイス ナオミ・ハリス
2011年

英国王のスピーチ

  • 2011年2月26日(土)公開
  • 編集

イギリス女王、エリザベス2世の父であり、幼い頃から吃音に悩まされ、人前に出ることを嫌う内気な性格から王になることを望まなかった男、ジョージ6世。その実話をコリン・ファース主演で映画化した人間ドラマ。ジョージ6世がスピーチ矯正の専門家と出会い、やがて強く優しい国王へと成長していく姿を描く。

監督
トム・フーパー
出演キャスト
コリン・ファース ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター ガイ・ピアース

完全なる報復

  • 2011年1月22日(土)公開
  • 編集

強盗に妻子を惨殺された男が、犯人や不当な裁きを下した司法に復讐を仕掛けるさまを描く、ジェラルド・バトラー主演のクライム・サスペンス。『Ray レイ』のジェイミー・フォックスが法律の欠陥を知りながら司法取引を進めて恨みを買う敏腕検事に扮する。監督は『交渉人』で男同士の激しいやりとりで描いたF・ゲイリー・グレイ。

監督
F・ゲイリー・グレイ
出演キャスト
ジェイミー・フォックス ジェラルド・バトラー レスリー・ビブ ブルース・マッギル
2007年

グッド・シェパード

  • 2007年10月20日(土)公開
  • 編集

あるスパイの半生を描いた、名優ロバート・デ・ニーロの監督第2作。組織と妻子という2つの“家族”の間で揺れ動く主人公の人間ドラマを、マット・デイモンが熱演する。

監督
ロバート・デ・ニーロ
出演キャスト
マット・デイモン アンジェリーナ・ジョリー アレック・ボールドウィン タミー・ブランチャード
2004年

シルヴィア

  • 2004年12月25日(土)公開
  • 編集

アカデミー賞女優グウィネス・パルトロウが、カリスマ的女流詩人シルヴィア・プラスに扮した伝記映画。30歳の若さで壮絶な自殺をとげた彼女の、はかなくも情熱的な生きざまをつづる。

監督
クリスティン・ジェフズ
出演キャスト
グウィネス・パルトロウ ダニエル・クレイグ ジャレッド・ハリス マイケル・ガンボン
2000年

ムッソリーニとお茶を

  • 2000年5月27日(土)公開
  • 編集

 イタリアの名匠F・ゼフィレッリが英米の大女優を集めて贈る珠玉の人間賛歌。異国で自由を謳歌する外国人女性5人と孤独な少年の心の触れ合いをしみじみ描く感動作。

監督
フランコ・ゼフィレッリ
出演キャスト
シェール ジュディ・デンチ ジョーン・プロウライト マギー・スミス

アメリカン・ビューティー

  • 2000年4月29日(土)公開
  • 編集

 レスターの妻の浮気相手である不動産王に「あなたが寝てる間に…」の個性派P・ギャラガー。いかにもスケベそうな雰囲気を全身から漂わせた、いけすかない男を好演。

監督
サム・メンデス
出演キャスト
ケヴィン・スペイシー アネット・ベニング ソーラ・バーチ ウェス・ベントレー
1998年

鳩の翼

  • 1998年12月12日(土)公開
  • 編集

今世紀初頭のロンドンとヴェネツィアを舞台に、新時代の波に揺れる恋人たちの愛憎劇を描いた文芸ロマン。ヘンリー・ジェームズ(1843~1916)の同名小説(邦訳・講談社文芸文庫)の映画化。監督は「バック・ビート」『サイバーネット』(V)のイアン・ソフトリー。脚本は「日蔭のふたり」のホセイン・アミニ。製作は「十二夜」のデイヴィッド・ハーフィットとステイーヴン・エヴァンズ。製作総指揮は「ナイトウォッチ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟とポール・フェルドシャー。撮影はパトリス・ルコント監督作品で知られるエドゥアルド・セラ。音楽は「勝手に逃げろ、人生。」のガブリエル・ヤレド。美術は『サイバーネット』(V)のジョン・バード。編集はタリク・アンワール。衣裳は「ベルベット・ゴールドマイン」のサンティ・パウエル。出演は「十二夜」のヘレナ・ボナム=カーター、「司祭」のライナス・ローチ、「この森で、天使はバスを降りた。」のアリソン・エリオット、「愛と勇気の翼」のエリザベス・マクガヴァン、「エンゼル・ハート」のシャーロット・ランプリング、「ジキル&ハイド」のマイケル・ガンボンほか。

監督
イアン・ソフトリー
出演キャスト
ヘレナ・ボナム・カーター ライナス・ローチ アリソン・エリオット エリザベス・マクガヴァン

私の愛情の対象

  • 1998年12月5日(土)公開
  • 編集

ゲイの男性と普通の女性との恋を通じ、男女の理想のありかたを問うラヴ・コメディ。監督は「英国万歳!」「クルーシブル」のニコラス・ハイトナー。脚本は劇作家のウェンディ・ワッサーステイン。製作は「愛と追憶の日々」のローレンス・マークと、「クルーシブル」のダイアナ・ポコーニー。撮影は「マイ・ビューティフル・ランドレット」のオリヴァー・スナイプルトン。音楽は「英国万歳!」のジョージ・フェントン。美術は「赤ちゃん泥棒」のジェーン・マスキー。出演はNBCの人気シリーズ『フレンズ』にレギュラーで人気を得たジェニファー・アニストン、「ロミオ&ジュリエット」のポール・ラッド、「英国万歳!」のナイジェル・ホーソーン、「愛を殺さないで」のジョン・パンコウ、「ウルフ」のアリソン・ジャニーほか。

監督
ニコラス・ハイトナー
出演キャスト
ジェニファー・アニストン ポール・ラッド アラン・アイダ ジョン・パンコウ
ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > タリク・アンウォー

ムービーウォーカー 上へ戻る