TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャン・クレティアン・シベルタン・ブラン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2005年 まで合計3映画作品)

2005年

オーギュスタン 恋々風塵

  • 2005年6月18日(土)
  • 出演(オーギュスタン 役)

“仏版Mr.ビーン”と絶賛された、1995年の「おとぼけオーギュスタン」の続編。カンフースターを夢みる男と、マギー・チャン扮する美人鍼灸師の淡い恋模様が展開。

監督
アンヌ・フォンテーヌ
出演キャスト
ジャン・クレティアン・シベルタン・ブラン マギー・チャン ダリー・カウル ベルナール・カンパン
1997年

シングル・ガール(1995)

  • 1997年10月10日(金)
  • 出演(Patrice 役)

恋人の子供を身ごもった少女が産むかどうかを決断するまでの時間をリアルタイムで切り取り、自分の運命を切り開いていく、少女の心の動きをみずみずしく描いた青春映画。監督は「デザンシャンテ」のブノワ・ジャコー。撮影は「パリでかくれんぼ」のカロリーヌ・シャンプティエが担当。主演は「カップルズ」のヴィルジニー・ルドワイヤン。共演は「夜の子供たち」のブノワ・マジメル、「私の男」のドミニク・ヴァラディエほか。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
ヴィルジニー・ルドワイヤン ブノワ・マジメル ドミニク・ヴァラディエ ヴェラ・ブリオル
1996年

おとぼけオーギュスタン

  • 1996年5月11日(土)
  • 出演(Augustin 役)

現実のパリの町を背景に、俳優志望の妙な青年が繰り広げる型破りな不条理コメディ。監督・脚本は処女作『ラヴ・ストーリーは普通悪い終わり方をする』(日本未公開)でジャン・ヴィゴ賞を獲得、第2作の本作がカンヌ映画祭<ある視点>を受賞したアンヌ・フォンティーヌ。製作は『夢のシネマ、東京の夢』(吉田喜重監督、特別上映・テレビ放映のみ)を製作したフィリップ・ジャキエと「タンゴ」のブリジット・フォール、フォンテーヌの夫でもある「タンゴ」「キャリントン」のフィリップ・カルカソンヌ。全編パリの各所で即興的にロケ撮影した軽やかな映像が印象的。出演は『ラヴ・ストーリーは普通悪い終わり方をする』にも出演し、本作で注目を集めたジャン=クレティアン・シベルタン=ブランほか。また「タンゴ」などの人気スターティエリー・レルミットが自分自身の役で特別出演している。

監督
アンヌ・フォンテーヌ
出演キャスト
ジャン・クレティアン・シベルタン・ブラン ステファニー・チャン ギ・カザボンヌ ノラ・アビブ

ジャン・クレティアン・シベルタン・ブランの関連人物

ハン=チョウ・ルーオン  マルク・ホアン  ミン・シャン  パトリシア・ディネブ  ベルナール・カンパン 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジャン・クレティアン・シベルタン・ブラン

ムービーウォーカー 上へ戻る