映画-Movie Walker > 人物を探す > ハロルド・メドフォード

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1969年 まで合計8映画作品)

1969年

謀略都市

  • 1969年12月2日(火)
  • 脚色

ケープタウンを舞台にしたサスペンス・ドラマ。監督はロバート・D・ウェッブ。ドワイト・テイラーのストーリーを、サミュエル・フラーが脚色。撮影はデイヴィッド・ミリン、音楽はボブ・アダムスとジョー・ケントリッジが担当。製作はロバート・D・ウェッブ。出演は「電撃フリントGO!GO作戦」のジェームズ・ブローリン、「経験(1969)」のジャクリーン・ビセット、「初恋(1958)」のクレア・トレヴァー、ボブ・コートニー、ジョン・ホワイトリー。

監督
ロバート・D・ウェッブ
出演キャスト
クレア・トレヴァー ジェームズ・ブローリン ジャクリーン・ビセット ボブ・コートニー
1967年

荒野のスモーキー

  • 1967年3月14日(火)
  • 脚本

ウィル・ジェームズの小説『一匹馬スモーキー』をハロルド・メドフォードが脚色し、「ズール族の襲撃」のジョージ・シャーマンが監督した西部劇。撮影はジャック・スウェイン、音楽はリース・スティーヴンスが担当。出演は「突撃隊」のフェス・パーカー、テレビ出身の新星ダイアナ・ハイランド、「折れた槍」のカティ・フラドー、ロバート・J・ウィルクほか。製作は「南太平洋爆破作戦 モリツリ」のアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
フェス・パーカー ダイアナ・ハイランド カティ・フラード ホイト・アクストン
1964年

不時着

  • 1964年10月27日(火)
  • 脚色

アーネスト・K・ガンの原作をハロルド・メドフォードが脚色、「雨の中の兵隊」のラルフ・ネルソンが演出した事件推理ドラマ。撮影は「けっさくなエディ」のミルトン・クラスナー、音楽は「野のユリ」のジェリー・ゴールドスミスが担当した。出演は「うしろへ突撃!」のグレン・フォード、「フラワー・ドラム・ソング」のナンシー・クワン、「ニューヨークの休日」のロッド・テイラー、「遠い喇叭」のスザンヌ・プレシェット、「たくましき男たち」のジェーン・ラッセル、ウォリー・コックス、ドロシー・マローンなど。製作はアーロン・ローゼンバーグ。

監督
ラルフ・ネルソン
出演キャスト
グレン・フォード ナンシー・クワン ロッド・テイラー スザンヌ・プレシェット
1959年

南海の冒険

  • 1959年4月25日(土)
  • 脚本

シネラマ第5作。今度の作品でシネラマのキャメラは南海の島々をめぐる。監督はフランシス・D・ライオン、ウォルター・トンプソン、バシル・ランゲル、リチャード・ゴールドストーン、カール・ダッドレイの共同。脚本はチャールズ・カウフマン、ジョセフ・アンセン、ハロルド・メドフォードの3人が書いている。撮影監督はジョン・F・ウォレン。追加撮影ポール・ヒル。音楽はアレックス・ノースである。アメリカ版のナレーターはオースン・ウェルズ。日本語版解説は秋山雪雄。声楽をノルマン・ルボッフと彼の合唱団が吹きこんでいる。製作カール・ダッドレイ。シネラマ。1958年作品。

監督
フランシス・D・ライオン ウォルター・トンプソン バシル・ランゲル リチャード・ゴールドストーン
出演キャスト
1954年

謎のモルグ街

  • 1954年6月23日(水)
  • 脚本

エドガー・アラン・ポーの小説『モルグ街の殺人』の3D映画で、「語らざる男」のヘンリー・ブランク製作になる1954年作品。「語らざる男」のハロルド・メドフォードとジェームズ・R・ウェッブが共同で脚色し、「赤い灯」のロイ・デル・ルースが監督した。ワーナーカラー色彩の撮影監督は「フェザー河の襲撃」のペヴァレル・マーレーである。(プリントはテクニカラー。)「肉の蝋人形(1953)」のデイヴィッド・バトルフが音楽を担当した。出演者は「語らざる男」のカール・マルデン、「浮気は巴里で」のクロード・ドーファン、「流刑の大陸」のパトリシア・メディナ、スティーヴ・フォレスト、アリン・アン・マクレリーなど。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
カール・マルデン クロード・ドーファン パトリシア・メディナ スティーヴ・フォレスト

バラントレイ卿

  • 1954年2月
  • 台詞

「宝島(1950)」「ジキル博士とハイド氏」などの英国作家ロバート・ルイス・スティヴンスの冒険小説『バラントレイ家の長子』(1889年発表)に基づくテクニカラー活劇で1953年英国で製作されたもの。ハーブ・ミードーの脚色から「我れ暁に死す」のウィリアム・ケイリーが監督した。撮影は「アフリカの女王」のジャック・カーディフ、音楽は「オリヴァ・ツィスト」のウィリアム・オルウィンの担当。主演は「壮烈第7騎兵隊」のエロール・フリンで、以下の共演陣は主としてイギリス俳優により固められている。即ち、「老兵は死なず」のロジャー・リヴシー、「マレー・ゲリラ戦」のアンソニー・スティール、「邪魔者は殺せ」のベアトリス・キャンベル、「三文オペラ」のイヴォンヌ・フルノオ、フェリックス・エイルマーなどである。

監督
ウィリアム・ケイリー
出演キャスト
エロール・フリン ロジャー・リヴシー アンソニー・スティール ベアトリス・キャンベル

語らざる男

  • 1954年6月1日(火)
  • 脚色

「8人の男を殺した女」のヘンリー・ブランクが1952年に製作した戦時活劇。アルヴィン・ジョゼフィと「銃の後に立つ男」のジョン・ツウィストの原作より「フェザー河の襲撃」のジェイムス・R・ウェッブとハロルド・メドフォードが脚色、「男性都市」のルイス・サイラーが監督した。撮影は「勇魂よ永遠に」のテッド・マッコード、音楽は「第2の機会」のロイ・ウェッブ。「西部の2国旗」のコーネル・ワイルド、「私は告白する」のカール・マルデン、「白熱(1949)」のスティーヴ・コクランをめぐって「スプリングフィールド銃」のフィリス・サクスター、ポール・ピサーニ、レスター・マシューズなどが出演する。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
コーネル・ワイルド カール・マルデン スティーヴ・コクラン フィリス・サクスター
1951年

ベルリン特急

  • 1951年4月17日(火)
  • 脚色

ドア・シアリー(「戦場」)の指揮により、カート・シオドマクの原案をハロルド・メドフォードが脚色し、「恐ろしき結婚」のジャック・ターナー(トールヌール)が監督した1948年度映画で、製作はバート・グラネット。「謎の下宿人」のルシアン・バラットが撮影、「追求」のフレデリック・ホランダーが音楽を担当している。「嵐ケ丘」のマール・オベロン、「罠(1949)」のロバート・ライアン、「誤解」のチャールズ・コーヴィン、「ラインの監視」のポール・ルーカスが共演する。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
マール・オベロン ロバート・ライアン チャールズ・コービン ポール・ルーカス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハロルド・メドフォード