映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・シュラーダー

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2012年 まで合計5映画作品)

2012年

ソハの地下水道

  • 2012年9月22日(土)公開
  • 出演(パウリナ・ヒゲル 役)

第二次大戦下のポーランドで、自身と家族の命を顧みずに、多くのユダヤ人たちを助けようとした下水修理人の姿を描き、アカデミー賞外国語映画賞候補にもなったヒューマンドラマ。『太陽と月に背いて』のポーランド人監督、アニエシュカ・ホランドが、第二次大戦下に起きた実話を基に描く感動作だ。

監督
アグニエシュカ・ホランド
出演キャスト
ロベルト・ヴィエツキーヴィッチ ベンノ・フユルマン アグニエシュカ・グロホウスカ マリア・シュラーダー
2004年

ショコラーデ

  • 2004年2月14日(土)公開
  • 脚本、出演(Lena Katz 役)

第2次世界大戦後の驚くべき実話をベースにした衝撃のラブ・サスペンス。NYを舞台に、恋に落ちた男女がある事件の謎を追い、数奇な運命に翻弄される姿をスリリングに描く。

監督
ダニ・レヴィ
出演キャスト
マリア・シュラーダー ダニ・レヴィ デイヴィッド・ストラザーン ジェフリー・ライト
2003年

エーミールと探偵たち

  • 2003年4月5日(土)公開
  • 出演(Pastorin Hummel 役)

児童文学作家エーリヒ・ケストナーの原作を映画化。12歳の少年エーミールと小さな探偵たちの愉快な冒険が展開。本国ドイツでは100万人を超える動員記録で大ヒットした。

監督
フランツィスカ・ブッフ
出演キャスト
トビアス・レツラフ アンニャ・ゾマヴィラ ユーゲン・フォーゲル マリア・シュラーダー
1996年

愛され作戦

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 出演(ファニー 役)

殺伐とした大都会で心を閉ざし気味の若い女性が、ゲイを指南役に恋を獲得するサクセス・ストーリー。監督・脚本は「メン」「パラダイス」「ミー&ヒム」のドイツの女性監督、ドーリス・デリエ。音楽はニキ・ラウザーがスコアを書き、エディット・ピアフの『Non jeNe Regrette Rien(私は後悔しない)』が主題歌として劇中で効果的に使われている。主演はドイツの映画・演劇界で活躍するマリア・シュラーダー。共演は「マリア・ブラウンの結婚」のエリザベート・トリセナー、ドイツの演劇界で活躍するピエール・サヌーシ=ブリス、ミヒャエル・フォン・アウほか。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
マリア・シュラーダー ピエール・サヌーシブリス ミヒャエル・フォンアウ エリザベート・トリセナー

ハーフ・ザ・ワールド

  • 1996年4月20日(土)公開
  • 出演

荒涼とした近未来、太陽光線の下で生きられなくなった人類の姿を描いたSF映画。何度も現像を繰り返し、最終的にポジとネガを置き換えて色を飛ばした映像の質感が印象的。監督・脚本は、オーストリアのアンダーグラウンド・カルチャー出身の映像作家フロリアン・フリッカーで、彼の映画デビュー作。出演はオーストリアの俳優レイナー・エッガー、ドイツの舞台女優マリア・シュレイダー、バジリスク・サーカスでピエロを務めたこともある脚本家・映画監督のダニーレヴィ、旧ユーゴスラビア出身の映画監督ゴーラン・レビックなどヨーロッパ各地の映画人が参加。ジェラールメール国際ファンタスティカ映画祭新人監督賞受賞。連続上映レイトショー企画「ユーロ・ニューオーダーズ」第2弾として公開。

監督
フロリアン・フリッカー
出演キャスト
レイナー・エッガー ダニーレヴィ マリア・シュラーダー メルセデス・エシューレス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・シュラーダー