映画-Movie Walker > 人物を探す > スコット・シドニー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1927年 まで合計6映画作品)

1927年

珍妙楽天王

  • 1927年当年公開
  • 監督

ジョージ・ブロードハースト氏作の有名な舞台劇を映画化したもので「のんだくれ」に続くジャン・ハーシヨルト氏主演のジユウエル映画である。監督者は「のんきなおばさん」「離婚願望」等と同じくスコット・シドニイ氏でハロルド・シユーメイト氏が映画劇用に書き改めノーマン・マクロード氏と共同して台本を製作した。共演俳優は「海賊アップルジャック」出演のエニッド・ベネット嬢、「美人食客」出演のドロシー・デヴォア嬢、「突貫花婿」出演のウォルター・ハイアース氏で、其の他エド・ケネデイー氏、ジェームズ・マーカス氏、ロバート・アンダーソン氏等も出演している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ジーン・ハーショルト エニッド・ベネット ウォルター・ハイアース ドロシー・デヴォーア
1926年

素晴らしい果報者

  • 1926年当年公開
  • 監督

アル及びチャールズ・クリスティー氏の制作した喜劇で、E・J・ラス氏の小説に基づきオーウェン・デイヴィス氏が戯曲化した舞台の当たり狂言を映画にしたものである。「のんきな叔母さん」と同じく脚色にはF・マッグルー・ウィリス氏、監督にはスコット・シドニー氏が夫々にその任に当たっている。「浮気は御法度」のハリソン・フォード氏、「肉体の道」のフィリス・ヘイヴァー嬢、「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏とマック・スウェイン氏、「アンニー・ローリー」のホバート・ボスウォース氏、その他クリスティー喜劇の花形ヴェラ・ステッドマン嬢、チャールズ・ジェラード氏、クラレンス・バートン氏、等共演の賑かな顔触れである。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ハリソン・フォード フィリス・ヘイヴァー チェスター・コンクリン マック・スウェイン
1925年

爆笑七日間

  • 1925年当年公開
  • 監督

「のんきなおばさん」「離婚希望」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したクリスチー長編喜劇でメアリー・ロバーツ・ラインハート女史とエイヴァリー・ホツプウッド氏の合作喜劇を映画化したもの。脚色者はフランク・ローランド・クンクリン氏である。主演者は「黄金の寝床」「珍結婚」等出演のリリアン・リッチ嬢、「汝の母を如何せん」「赤ちゃん万歳」等出演のクレイトン・ヘール氏、「陽気なパリっ子」「ジョーンズの大事件」等出演のリリアン・タッシュマン嬢で、メイベル・ジュリエンヌ・スコット嬢、ハル・クーリー氏、トム・ウイルソン氏、エデイー・グリボン氏、ウィリアム・オースティン氏等が共演している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
リリアン・リッチ クレイトン・ヘール リリアン・タッシュマン メイベル・ジュリエンヌ・スコット
1924年

固唾を呑んで

  • 1924年当年公開
  • 監督

クリスチー喜劇の社長アル・クリスチー氏が製作してホドキンスン社から発売した特作喜活劇で、フランク・ローランド・コンクリン氏の原作を、「ターザン」「八一三」等と同じくスコット・シドニー氏が監督したもの。主役は最近ウォーナー・ブラザース社のスターと成っているドロシー・デヴォーア嬢で、ウォルター・ハイアース氏、タリー・マーシャル氏等が共演し、その他有名な喜劇俳優が多数出演している。クライマックスでは高い建物の上でドヴォアー嬢が要心無用のロイド張りを演じている。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ドロシー・デヴォーア ウォルター・ハイアース タリー・マーシャル ジミー・アダムス

離婚希望

  • 1924年当年公開
  • 監督

「固唾を呑んで」に続いてアル・クリスチー氏が制作し、ビ・ディー・シー社から発売した第2回長編喜劇活劇で、原作はハーバート・ホール・ウィンスロウ氏とエミル・ナイトレイ氏合作になる舞台劇「君の妻は何をして居るね?」である。脚色はF・マッグルー・ウィリス氏、監督は「固唾を呑んで」と同じくスコット・シドニー氏で、主役は「アダムとエヴァ」「負けじ魂」主演のT・ロイ・バーンズ氏、「独身倶楽部」「結婚とは」等のハリー・マイヤース氏「燃ゆる砂」「ヤング・ラジャー」のワンダ・ホウリー嬢「バヴー」のシルヴィア・ブリーマー嬢「固唾を呑んで」のタリー・マーシャル氏、その他の人々である。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
T・ロイ・バーンズ ハリー・マイヤース ワンダ・ホウリー シルヴィア・ブリーマー
1920年

八一三

  • 1920年当年公開
  • 監督

「虎の牙」で仏国の探偵小説家モーリス・ルブランの名は我が邦の愛活家の間にも知られるようになった。これもアルセーヌ・ルパンを主人公としたルブラン原著探偵小説ですでに原本は1919年保篠龍緒氏によって翻訳され金剛社から出版されて洛陽の紙価を高からしめている。これはその原作をW・スコット・ダーリング氏が脚色し、スコット・シドニー氏が監督し、古くユ社にあり近くは「正義の囁き」に出演したウェッジウッド・ノウエル氏がルパンに扮して撮影し、1921年1月早々発売された映画である。波乱は波乱を生んで興味の尽きるところを知らない程である。ウォーレス・ビアリー氏と、キャスリン・アダムス嬢がノウエル氏を助けて主要な役を演じている。ニュース誌は-ミステリーに満ち、活劇味に豊み、真に1流の探偵活劇である。-と激賞している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ウェッジウッド・ノウエル ウォーレス・ビアリー キャスリン・アダムス John P. Lockney
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スコット・シドニー