TOP > 映画監督・俳優を探す > 猿若清三郎

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2006年 まで合計2映画作品)

2006年

寝ずの番

  • 2006年4月8日(土)
  • 語り指導、振付

名優・津川雅彦が伯父・マキノ雅弘らの“マキノ姓”を名乗り、初監督に挑んだ人情喜劇。故・中島らもの短編を基に、お通夜の席で寝ずの番をする者が思い出話に花を咲かせる様を描く。

監督
津川雅彦
出演キャスト
中井貴一 木村佳乃 富司純子 長門裕之
1997年

マルタイの女

  • 1997年9月27日(土)
  • 出演(日本舞踊のお師匠さん 役)

殺人事件の現場を目撃してしまった女優が、身辺保護の刑事に守られながら困難を乗り越え、裁判で証言台に立つまでの姿を描いた社会派コメディ。監督・脚本は「スーパーの女」の伊丹十三で、これが監督としての第10作目だったが、映画が公開された後の97年12月20日に突然の飛び降り自殺をしてこの世を去ったため、同時に遺作ともなった。撮影は「スーパーの女」の前田米造が担当している。主演は伊丹映画全作品に出演している「スーパーの女」の宮本信子。共演に「瀬戸内ムーンライト・セレナーデ」の西村雅彦、「さすらいのトラブル・バスター」の村田雄浩ほか。「ラヂオの時間」と併せて西村が本作でキネマ旬報助演男優賞を受賞した。タイトルにもなっているマルタイとは、警察用語で身辺保護の対象者を意味し、92年の「ミンボーの女」の公開直後に伊丹が暴力団の男たちに斬りつけられた事件が起きた際に、伊丹自身と夫人の宮本信子が、実際にマルタイとなった経験をもとに本作が作り上げられた。

監督
伊丹十三
出演キャスト
宮本信子 西村まさ彦 村田雄浩 高橋和也

猿若清三郎の関連人物

木下ほうか  山崎玲子  田島達也  香川まさし  香川けんじ 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 猿若清三郎

ムービーウォーカー 上へ戻る