映画-Movie Walker > 人物を探す > テス・ハーパー

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2016年 まで合計8映画作品)

2016年

パーフェクト・ガイ

  • 2016年7月18日(月)公開
  • 出演(Mrs. McCarthy 役)

「エイリアンVS.プレデター」のサナ・レイサン主演のサスペンス・スリラー。監督は「転落の銃弾」のデヴィッド・M・ローゼンタール。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

監督
デヴィッド・M・ローゼンタール
出演キャスト
サナ・レイサン マイケル・イーリー モリス・チェスナット チャールズ・S・ダットン
2015年

マイ・ライフ・メモリー

  • 2015年1月12日(月)公開
  • 出演(キャサリン 役)

アメリカの底辺社会で貧困にあえぎながらも、車椅子の恋人と共に生きようとする女性の姿を描くヒューマンドラマ。監督・脚本は『シェリーベイビー』のローリー・コルヤー。出演は「インポッシブル」のナオミ・ワッツ、「クラッシュ」のマット・ディロン、「スティーラーズ」のノーマン・リーダス。「未体験ゾーンの映画たち2015」にて上映。

監督
ローリー・コルヤー
出演キャスト
ナオミ・ワッツ マット・ディロン ノーマン・リーダス テス・ハーパー
2008年

ノーカントリー

  • 2008年3月15日(土)公開
  • 出演(ロレッタ・ベル 役)

作品賞など、アカデミー賞4部門に輝いたコーエン兄弟監督作。ある血生ぐさい事件にかかわった男たちの運命を、乾いた暴力とユーモアを織り交ぜて描き出す。

監督
ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム ジョシュ・ブローリン ウディ・ハレルソン
1998年

ジャッカル

  • 1998年6月20日(土)公開
  • 出演(The First Lady 役)

ジャッカルという呼び名だけ知られる正体不明の超大物暗殺者と、彼を追うIRAの元テロリストの攻防を描くサスペンス・アクション。フレデリック・フォーサイスの有名小説『ジャッカルの日』のフレッド・ジンネマン監督による同名映画化作品(73)にインスパイアされている(クレジットはなし)。監督は「ボーイズ・ライフ」「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のマイケル・ケイトン=ジョーンズ。原案・脚本は「ハード・ターゲット」のチャック・ファーラー。製作はケイトン=ジョーンズと、「マイケル」のジェームズ・ジャックスとショーン・ダニエル、「デビル」のケヴィン・ジャール。製作総指揮はテレンス・クレッグ、ハル・リーバーマン、ゲーリー・レヴィンソン、マーク・ゴードン。撮影は監督とは「ロブ・ロイ」でも組んだ、「インデペンデンス・デイ」はじめローランド・エメリッヒ監督とのコンビで知られるカール・ウォルター・リンデンロウブ。音楽はコーエン兄弟とのコンビで知られる、「アサシンズ」のカーター・バーウェルで、主題歌はマッシヴ・アタックが担当。美術は「ザ・ロック」のマイケル・ホワイト。編集は「ボーイズ・ライフ」「コピーキャット」のジム・クラーク。衣裳は「素顔のままで」のアルバート・ウォルスキー。タイトル・デザインは英国のアート・パンク集団であるサイモン・テイラーTOMATO LONDONが担当。主演は「フィフス・エレメント」のブルース・ウィリスと「真実の行方」のリチャード・ギア。共演は「スニーカーズ」のシドニー・ポワティエ、「ロミオ&ジュリエット」のダイアン・ヴェノーラ、「ふくろうの叫び」のマチルダ・メイ、「マイ・ニュー・ガン」のテス・ハーパーほか。

監督
マイケル・ケイトン・ジョーンズ
出演キャスト
ブルース・ウィリス リチャード・ギア シドニー・ポワチエ ダイアン・ヴェノーラ
1991年

クリミナル・ロウ

  • 1991年3月23日(土)公開
  • 出演(Detective_Stillwell 役)

自分が無罪を勝ち取ったレイプ殺人犯に、自らの有罪ばかりか共感をも露骨に示され、苦悩する弁護士を描くサイコ・サスペンス。監督はマーティン・キャンベル。製作はロバート・マクリーンとヒラリー・ヒース。エグゼクティヴ・プロデューサーは「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」など刑事アクションを得意とするジョン・デイリーとデレク・ギブソン。脚本はローレンス・カスダンの実弟マーク・カスダン。撮影はフィル・メヒュー。音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。ビデオタイトル「灰色の容疑者」。

監督
マーティン・キャンベル
出演キャスト
ゲイリー・オールドマン ケヴィン・ベーコン カレン・ヤング テス・ハーパー

家族狂想曲

  • 1991年1月12日(土)公開
  • 出演(Sala_Lee 役)

アメリカ・テキサス州のある旧家を舞台に、父親の遺言をめぐって繰り広げられる姉弟の騒動を通し家族のつながりを描いたホーム・ドラマ。。エグゼクティヴ・プロデューサーはボビー・エドリック、デル・ショアーズ、マイケル・クーン、ナイジェル・シンクレア、製作はシガージョン・サイヴァットソン、スティーヴ・ゴリン、モンティ・モンゴメリー、監督はジャック・フイスク、原作・脚本はデル・ショアーズ、撮影はボール・エリオット、音楽はデイヴィッド・マクヒューが担当。出演はボー・ブリッジス、ビヴァリー・ダンジェロほか。

監督
ジャック・フィスク
出演キャスト
ボー・ブリッジス ビヴァリー・ダンジェロ テス・ハーパー ジャッジ・ラインホルド
1990年

ファーノース

  • 1990年7月7日(土)公開
  • 出演(Rita 役)

久しぶりに故郷の田舎町に帰郷した娘をとりまく家族の姿を描く人間ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはシェップ・ゴードン、製作はキャロライン・ファイファーとマルコム・R・ハーディング、監督・脚本は本作品が監督デビュー作となるサム・シエパード、撮影はロビー・グリーンバーグ、音楽はザ・レッド・クライ・ランブラーズが担当。出演はジェシカ・ラング、チャールズ・ダーニングほか。

監督
サム・シェパード
出演キャスト
ジェシカ・ラング チャールズ・ダーニング テス・ハーパー ドナルド・モファット
1987年

ロンリー・ハート(1986)

  • 1987年4月18日(土)公開
  • 出演(Chick_Boyle 役)

現在のアメリカ映画を代表する3人の女優ーダイアン・キートン、ジェシカ・ラング、シシー・スペイセクが、姉妹に扮して、特別な絆に結ばれた、それぞれに傷つきやすい女性像を演じたシリアス・ドラマ。ピュリッツァー賞を受賞したべス・ヘンリーの3幕物戯曲Crimes of the Heartが原作で、作者自ら脚本を執筆した。製作は「アメリカン・ジゴロ」のフレディー・フィールズ・監督は「テンダー・マーシー」(日本未公開)でアカデミーにノミネートされたオーストラリア出身のブルース・ベレスフォード。撮影はダンテ・スピノッティ、音楽は数々の名曲を手がけたジョルジュ・ドルリューが担当。共演は「フール・フォア・ラブ」のサム・シェパードほか。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
ダイアン・キートン ジェシカ・ラング シシー・スペイセク サム・シェパード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > テス・ハーパー