映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ノーラン

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1931年 まで合計12映画作品)

1931年

天晴れ突貫大当たり

  • 1931年公開
  • 出演(Fay 役)

「天晴れて競馬で一つかみ」「頓珍漢嫁探し」のエディ・クィランが主演する映画で、ジョージ・ドロムゴールドとハル・コンクリンが共作し、アール・ボールドウィンとジョセフ・フィールズが脚色し、「ビール万歳」「絶対の秘密」のラルフ・マーフィーが監督にあたり、「金髪乱れて」「放送室の殺人」のアーサー・ミラーが撮影した。助演者は「西部の渡り鳥」「摩天楼の狼」のモーリン・オサリヴァンを始め、「法の外(1930)」のメエリイ・ノーラン、「頓珍漢大勝利」のロスコー・エイツ、故ベル・ベネット、アーサー・ストーン、オーティス・ハーラン等である。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
エディ・クィラン モーリン・オサリヴァン メアリー・ノーラン ロスコー・エイツ
1930年

恋の行末

  • 1930年公開
  • 出演(Helen_Herbert 役)

「上海夜話」「悩める灯台」に次ぐメアリー・ノーラン嬢主演映 画で、ウィリアム・R・ドイル氏作の舞台劇「カーニバル」に基づいて前記2映画の脚色者ウィニフレッド・リーヴ女史と「娘喜べ水兵上陸」「赤熱のスピード」のマット・テイラー氏とが脚色並びに台詞を担当し、「タランガ」のルイス・D・コリンズ氏が監督し、「ネル・ギン」「ロモラ」のロイ・オヴァボー氏が撮影した。助演者は「最敬礼」「コケット」のウィリアム・ジャニー氏、「アリバイ」「ファジィ」のメイ・ブッシュ嬢、ラルフ・ハロルド氏、ジョージ・アーヴィング氏及びクレア・マクドウェル嬢である。

監督
ルイス・D・コリンズ
出演キャスト
メアリー・ノーラン ウィリアム・ジャニー ラルフ・ハロルド メイ・ブッシュ

悩める燈台

  • 1930年公開
  • 出演(Sally_Blake 役)

「上海夜話」「情熱の砂漠」出演のメアリー・ノーラン嬢が主演する映画で、ウィルバー・ダニエル・スティール氏の原作をウィニフレッド・リーヴ女史が改作し「ブロードウェイ(1929)」「都会の哀愁」のエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、「ショウボート」「アンクル・トムス・ケヴィン」のハリー・ポラード氏が監督「假の塒」「がらくた宝島」のジェローム・アッシュ氏が撮影した。助演者は「踊る娘達」「海の王者」のジョン・マック・ブラウン氏と「ブロードウェイ(1929)」「恋のからくり」のロバート・エリス氏、「評判女候補者」のオードリー・フェリス嬢、「青春ジャズ大学」のチャーチル・ロス氏等である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
メアリー・ノーラン ジョン・マック・ブラウン ロバート・エリス チャーチル・ロス

法の外(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Connie 役)

M.G.M 社で「見世物」「知られぬ人」その他を作ったトッド・ブラウニングがユニヴァーサル社へ復帰後の第1回監督作品で原作は自身の筆になり、脚色及び台詞は氏と「喝采」「女は嘘つき」のギャレット・フォートが共同であたった。主なる出演者は「妻呼ぶ怒涛」「ソレルとその子」のメアリー・ノーラン、「黒い鳥」「導火線」のマット・ムーア、「夜襲」のエドワード・G・ロビンソン、幼年俳優デルマー・ワトソン、「疑惑の渦」のロックリフ・フェローズ、デウィット・ジェニングス。カメラは、「恋の行末」のロイ・オヴァボーが担任している。ちなみにこのストーリーは同一監督により1921年にも映画化されたことがあった。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
メアリー・ノーラン エドワード・G・ロビンソン オーエン・ムーア Edwin Sturgis
1929年

天晴れ名騎手

  • 1929年公開
  • 出演(Sybil 役)

ジェラルド・ポーモン氏が得意とした競馬小説を映画化したもので、エドワード・クラーク氏が改作したものに基づきポール・ガンジェリン氏とフェイス・トーマス女史とが協力して撮影台本を執筆し、「電波王」と同じくロバート・エフ・ヒル氏が監督したものである。主役は「紅い唇(1928)」「南京豆王子」のマリアン・ニクソン嬢と「春爛漫」のリチャード・ウォーリング氏との2人で、これを助けて「情熱の砂漠」のメアリー・ノーラン嬢、「最後の警告」のモンタギュー・ラヴ氏、「笑う男」のサム・ド・グラッス氏、オーティス・ハーラン氏が出演している。

監督
ロバート・F・ヒル
出演キャスト
マリアン・ニクソン リチャード・ウォーリング メアリー・ノーラン オーティス・ハーラン

上海夜話

  • 1929年公開
  • 出演(Cassie_Cook 役)

ジョン・コルトン氏原作の舞台劇「流涙して」からハウストン・ブランチ氏及びウィニフレッド・リーヴ女史が脚色し撮影本を作ったものによって「憧れの水兵」「情焔の曲」のジョン・エス・ロバートソン氏が監督したもので主演を演ずるのは「天晴れて名騎手」「幸運デニー」のメアリー・ノーラン嬢と「ローズマリー(1928)」のジェームズ・マレイ氏で他に「ドノヴァン」のホィラー・オークマン氏、アンダース・ランドルフ氏、ヨーラ・ダヴリル嬢、モナ・リコ嬢その他が助演しているキャメラは「ブロードウェイ(1929)」「最後の警告」のハル・モーア氏が担任。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
メアリー・ノーラン ジェームズ・マレイ ウィーラー・オークマン アンダース・ランドルフ

赤熱の抱擁

  • 1929年公開
  • 出演(Diana 役)

ジョン・トーマス・ネヴィル及びデール・ヴァン・エヴァリーが書いたものから「野性の蘭」のウィリス・ゴールドベックとレノア・コフィーが脚本を作成し、「シンガポール」「鉄路の王者」のウィリアム・ナイが監督した。主なる出演者は、「恋多き女」「悪魔の仮面」のジョン・ギルバート、「法の外(1930)」のメアリー・ノーラン、「スピードウェイ」「肉体の呼ぶ声」のアーネスト・トーレンスである。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
ジョン・ギルバート アーネスト・トーレンス メアリー・ノーラン

美貌の罪人

  • 1929年公開
  • 出演(Anne-Marie_Whitley 役)

「手紙」「港の女」等と同じくW・サマセット・モーム氏原作の舞台劇を映画化したもので、「ダミー」「父と子」のルース・チャッタートン嬢、「夢想の犯罪」「都会の幻想」のクライブ・ブルック氏、「都会の幻想」「カナリヤ殺人事件」のウィリアム・ポウエル氏、「ソレルとその子」「幸運デニー」のメアリー・ノーラン嬢が主要なる役を勤め、「撮影所殺人事件」のフローレンス・エルドリッジ嬢、「最後の警告」のモンタギュー・ラブ氏、知名の舞台女優ローラ・ホープ・クルーズ嬢等が助演している。脚色者は「ウォール街の狼」「三罪人」のドリス・アンダソン女史、監督者は「ダミー」のロバート・ミルトン氏、撮影者は「ロマンスの河」「ウォール街」のビクター・ミルナー氏である。

監督
ロバート・ミルトン
出演キャスト
ルース・チャッタートン クライヴ・ブルック メアリー・ノーラン ウィリアム・パウエル
1928年

幸運デニー

  • 1928年公開
  • 出演(Julia_Harrington 役)

「我が医者」と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督し、レジナルド・デニー氏が主演する映画である。原作者はハリー・O・ホイト氏で、「私のパパさん」と同じくアール・スネル氏が脚色した。デニー氏の相手役は「ソレルとその子」出演のメアリー・ノーラン嬢と「珍サーカス王」出演のドロシー・ガリヴァー嬢との2人でオーティス・ハーラン氏、ブル・モンタナ氏、ウィリアム・ウォーシントン氏、ウィリアム・B・デイヴィッドソン氏、等の人々が助演する。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
レジナルド・デニー メアリー・ノーラン オーティス・ハーラン ドロシー・ガリヴァー

ザンジバルの西

  • 1928年公開
  • 出演(Maizie 役)

「見世物」「黒い鳥」と同じくトッド・ブラウニング氏の監督作品でチェスター・デボンド氏とキルバーン・ゴードン氏合作のストーリーより「マンダレイの道」「オペラの怪人(1925)」のエリオット・J・クローソン氏が脚色したもの、主役を演ずるは「マンダレイの道」「黒い鳥」のロン・チェニイ氏で助演者として「愛の太鼓」「港の女」のライオネル・バリモア氏、「天晴れ名騎手」「情熱の砂漠」のメリイ・ノーラン嬢、「リンダ」「懐しのアリゾナ」のワーナー・バクスター氏、ジャクリーン・ガズドン嬢、カラ・パシャ氏その他が顔を見せている。撮影者は「バレンシア」「コサック(1928)」と同じくパーシー・ヒルバーン氏が担任している。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ロン・チャニー ライオネル・バリモア メアリー・ノーラン ワーナー・バクスター
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ノーラン