映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレナ・ダルジー

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1926年 まで合計10映画作品)

1926年

陽炎の夢

  • 1926年当年公開
  • 出演(Genevieve 役)

「救いを求むる人々」のセンセーショナルな発表後、ジョセフ・フォン・スタンバーグ氏がMGM社に於いて監督した作品でアルデン・ブルックス氏作の小説「逃亡」をスタンバーグ氏自ら映画化したもの。主役は「囁きの小径」「新婚の危機」等出演のコンラッド・ネーゲル氏と「ビッグ・パレード」「神ぞ知る」等出演のルネ・アドレ嬢が勤め、ポーレット・デュヴァル嬢、ジョージ・K・アーサー氏、フランク・カリアー氏、マシュー・ベッツ氏及びヘレナ・ダルジー嬢が助演している。因みにこの映画はアメリカでは発売されなかったものである。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ルネ・アドレー ポーレット・デュヴァル フランク・カリアー

元気溌剌

  • 1926年当年公開
  • 出演(Countess_Justina 役)

マキシーン・アルトン女史とアデール・バフィントン女史が特に執筆した原作によりチャールズ・ダーントン氏が映画脚色し、「ブロークン・ロー」等と同じくロイ・ウィリアム・ニール氏が監督したもので、主役は「雷鳴轟く」「覇気満々」等主演のバック・ジョーンズ氏で、対手役は「情熱の悪鬼」等出演のヘレナ・ダルジィ嬢が勤め、ダイアナ・ミラー嬢、ルレッチャー・ノートン氏及びハーヴェイ・クラーク氏等が助演している。尚ジョーンズ氏の愛馬「ホワイト・イーグル」が出演していることはもちろんである。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
バック・ジョーンズ ヘレナ・ダルジー ダイアナ・ミラー Chappell Dossett

ドン・ファン(1926)

  • 1926年当年公開
  • 出演(Donna_Elvilla 役)

バイロン卿の詩及び南欧諸国に流布しているドン・ファン伝記に基づいてベス・メレディス女史が映画脚本を執筆し、「女性の敵」「風薫る島」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した特作品で、主役は「海の野獣」「我れ若し王者なりせば」等主演のジョン・バリモア氏が演じ、「ドン・Q」「最後の栄冠」等出演のメアリー・アスター嬢、「ニウ・ヨーク」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー嬢、「悲恋舞曲」「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギユ・ラヴ氏が主要なる役を勤め、故ウィラード・ルイス氏、フィリス・ヘイヴァー嬢、ヘレン・コステロ嬢、マーナ・ローイ嬢、ワーナー・オランド氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア His Father メアリー・アスター エステル・テイラー

白銀の財宝

  • 1926年当年公開
  • 出演(Linda_Viola 役)

「卑怯者」の原作者ジョセフ・コンラッドの著名な小説『ノストロモ』を映画化したもので、ロバート・N・リーが脚色し「戦禍」「国なき人」などと同じくローランド・V・リーが監督した。主役は「愛の投縄」「無花果の葉」「3悪人」など出演のジョージ・オブライエンが勤め、「3悪人」「サイベリア」など出演のルー・テリジェン、心身のジョアン・ルネ、ヘレナ・ダルジー、ヘッダ・ホッパーが共演するほか「人生の行路」出演の英国名優スチュワート・ロームも重要なる役を演じている。その他エヴェリン・セルビー、ハーヴェイ・クラーク、オットー・マティーソン、桑原ジョージなどが助演している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ジョアン・ルネ ルー・テリジェン ヘレナ・ダルジー
1925年

死に行く我が子

  • 1925年当年公開
  • 出演(Olga 役)

ゾー・エイキンス女史作の舞台劇を映画化したもので、ケネス・B・クラーク氏が脚色し、「秘密」「なまけ者」等と同じくフランク・ボーゼージ氏が監督した。主役は「ある乞食の話」「卑怯者」等主演のパーシー・マーモント氏と「可愛いフランス娘」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のアリス・ジョイス嬢で、ヘレナ・ダルジー嬢、フォード・スターリング氏、ホームズ・ハーバート氏、エディス・チャップマン嬢等が共演している。因みに原作はニューヨーク劇場の明星マージェリー・ラムボー夫人が演じて好評を博したものである。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
パーシー・マーモント アリス・ジョイス ヴァージニア・マーシャル ヘレナ・ダルジー

シベリア

  • 1925年当年公開
  • 出演(Beautiful_Brunetie 役)

バートリー・キャンベル氏作の舞台劇に基いてイヴ・アンセル女史が脚色し、「迷路の乙女」「さすらいの人々」等と同じくヴィクター・シェルツィンガー氏が監督したもので「風雲急を告ぐ」と同じくアルマ・ルーベンス嬢とエドモンド・ロウ氏が主演し、ルウ・テレジェン氏、トム・サンチ氏、リリアン・タッシュマン嬢、ヘレナ・ダルギー嬢、ポール・バンザー氏、ヴァディム・ウラニエフ氏等錚々たる俳優連が助演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
アルマ・ルーベンス エドモンド・ロウ ルー・テリジェン トム・サンチ

女王の懺悔

  • 1925年当年公開
  • 出演(Sephora 役)

アルフォンス・ドオデエの小説「流鼠王」を映画化したものでアグネス・クリスティン・ジョンストン女史が脚色し「殴られる彼奴」「燃ゆる嫉妬」等と同じくヴィクター・シーストロム氏が監督した。主役は「スカラムーシュ」「アラブ」等出演のアリス・テリー嬢と「恋の人形」「スカラムーシュ」等出演のルイス・ストーン氏で、ジョン・ボワーズ氏、ヘレナ・ガルジー嬢、フランキー・ダーロ君、ジョセフ・J・ダウリング氏等が助演している。

監督
ヴィクター・シーストロム
出演キャスト
アリス・テリー ルイス・ストーン ジョン・ボワーズ ヘレナ・ダルジー

美人帝国

  • 1925年当年公開
  • 出演(Adrienne 役)

コスモポロタン誌に連載されたアデラ・ロジャース・セント・ジョン女史作の物語を映画化したもので、アリス・D・G・ミラー女史が脚色し、「夜の女」「痴人哀楽」等と同じくモンタ・ベル氏が監督した。主役は「グリード」「ジョアンの嘆き」等出演のザス・ピッツ嬢が演じ、相手役は「相縁奇縁」「歌え!踊れ!(1926)」等出演のトム・ムーア氏と「陽気な巴里っ子」「爆笑七日間」等出演のリリアン・タッシュマン嬢が勤め、バーナード・ランドール氏が重要な役を演じているほか、ノーマ・シアラー嬢、コンラッド・ネーゲル氏、ジョージ・K・アーサー氏、ロイ・ダルシー氏、ドロシー・シーストローム嬢、ヘレナ・ダルジー嬢等が特に端役を勤め、またアン・ペニントン嬢も特別出演している。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
ザス・ピッツ トム・ムーア アン・ペニントン リリアン・タッシュマン
1924年

死途の小唄

  • 1924年当年公開
  • 出演(Felicia_de_Prony 役)

ベイジル・キング氏作の小説からチャールズ・L・ガスキル氏が脚色し「洪水! 洪水」「路傍の人」等と同じくJ・スチュアート・ブラックトン氏が監督制作したもので主役は「三人の女」「燻ゆる情炎」等主演の名優ポーリン・フレデリック嬢が演じ「ナジモヴァの妖女」等出演のルー・テリジェン氏「情熱の悪鬼」等出演のヘレナ・ダルジー嬢及び舞台に名あるレスリー・オースティン氏モーリス・コステロ氏等が助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
ポーリン・フレデリック レスリー・オースティン ルー・テリジェン Martha Petelle

情熱の悪鬼

  • 1924年当年公開
  • 出演(Julietta 役)

米国の作家レックス・ビーチ氏原作の小説「綱の端」Rope's End をフォレスト・ハルシー氏が脚色し「悪魔の眠る時」「ストレンジャー」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏の監督したもの「ボーケール」に次ぐルドルフ・ヴァレンティノ氏の主演映画である。相手役にはスペインに生まれ、ジーグフェルド・フォリースから映画界に入り「強き者女よ」フォックスの「愚者」パラマウントの「人生の一即図」に出演したことのある新進のヘレナ・ダルジー嬢が選抜され、その他にニタ・ナルディ嬢、ダマール・ゴドウスキー嬢等の有名なヴァンプが出演する。アルゼンチンを背景の劇である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ニタ・ナルディ ヘレナ・ダルジー ダマール・ゴドウスキー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレナ・ダルジー