映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフレッド・ラント

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1931年 まで合計5映画作品)

1931年

近衛兵

  • 1931年当年公開
  • 出演(The_Actor 役)

ニューヨークシアター・ギルドを背負って立つアルフレッド・ラント及びリン・フォンテンがその当たり狂言たるフェレンク・モルナール作の「近衛兵」のトーキー化に主演するもの。脚色には「永遠に微笑む」「私の殺した男」のエルネスト・ヴァイダが当たり、「夫婦戦線」「永遠に微笑む」のクローディン・ウェストが撮影台本を作製し、上2映画と同じくシドニー・A・フランクリンが監督し、「街の野獣(1932)」「キートンの決闘狂」のノーバート・ブロディンが撮影に当たった。助演者は「君とひととき」「その夜」のローランド・ヤング、「裏町」「突貫赤ん坊」のザス・ピッツ、モード・エバーン、ハーマン・ビングの面々である。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
アルフレッド・ラント リン・フォンテン ローランド・ヤング ザス・ピッツ
1925年

駆落相手違ひ

  • 1925年当年公開
  • 出演(Audrew_McIntosh 役)

F・テニスン・ジェッス氏作の舞台劇「隔離」に基づいてタウンゼンド・マーティン氏とルーサー・リード氏が脚色し「爪磨きの娘」「美女競艶」等と同じくフランク・タトル氏が監督したもので、主役は「爪磨きの娘」「お転婆スーザン」「黄金洪水」等主演のビービー・ダニエルス嬢で、対手役は「歌え!踊れ!(1926)」「竜巻」等出演のハリソン・フォード氏と「大北の怪異」「奮起の一戦」等出演のアルフレッド・ラント氏で、イーデン・グレイ嬢、エドナ・メイ・オリヴァー嬢、ダイアナ・ケーン嬢が助演している。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ハリソン・フォード イーデン・グレイ アルフレッド・ラント

曲馬団のサリー

  • 1925年当年公開
  • 出演(Peyton_Lennox 役)

グリフィス氏が帰米後ユナイッテド・アーティスト社で最後に製作した映画でドロシー・ドネリー女史作の舞台劇によりフォレスト・ハルシー氏が脚色し、デヴィ・グリフィス氏が「素晴らしい哉人生」に続いて監督した。主役は「アメリカ」「素晴らしい哉人生」等出演のキャロル・デンプスター嬢で舞台で有名な喜劇俳優現にジーグフェルド・フォリースのスターたるW・C・フィールズ氏が共演する外、「大北の怪異」「青春来る」等出演のアルフレッド・ラント氏、「アメリカ」等出演のアーヴィル・アルダーソン氏、エフィー・シャノン嬢等が主要な役を演じている。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
キャロル・デンプスター W・C・フィールズ アルフレッド・ラント アーヴィル・アルダーソン
1924年

青春来る(1924)

  • 1924年当年公開
  • 出演(Mr.Francis 役)

アラン・アプデグラフ氏の小説を、ジョン・リンチ氏が脚色し「シャーロック・ホームズ(1922)」と同じくアルバート・パーカー氏が監督したもの。主役は「奮起の一戦」「大北の怪異」等と同じくアルフレッド・ラント氏で「奮起の一戦」出演のミミ・パルメリ嬢が相手役。「女から求婚すべきか?」という主題の喜劇である。

監督
アルバート・パーカー
出演キャスト
アルフレッド・ラント ミミ・パルメリ Margaret Dare チャールズ・レーン
1923年

大北の怪異

  • 1923年当年公開
  • 出演(John_Thorn 役)

サタディ・イヴニング・ポースト誌に載せられたクラレンス・バディントン・ケランド氏原作の小説を、「船に打乗り海原指して」「最後の一瞬」「ヴェニスの一夜」等を監督したエドワード・スローマン氏が監督したもの。チャールズ・E・ウィティカー氏が脚色の任に当たった。舞台に長い経験のあるアルフレッド・ラント氏が映画界に入った第1回作品で、氏の相手は「良人の危険時代」「土曜日の夜」等出演のエディス・ロバーツ嬢である。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
エディス・ロバーツ アルフレッド・ラント Major James Doyle William B. Mack
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アルフレッド・ラント