映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーナ・ガーション

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2018年 まで合計19映画作品)

2018年

結婚まで1%

  • 2018年7月25日(水)公開
  • 出演(Lydia 役)

「暮れ逢い」のレベッカ・ホール主演、ニューヨークを舞台に、結婚を意識し思い悩むカップルを活写したラブコメディ。長年付き合い結婚も考えはじめたアンナとウィル。お互いしか恋愛経験のない二人は、愛を確かめるため、一度だけ浮気してみることにする。アンナを演じたレベッカ・ホールはプロデューサーも兼任。長年の恋人ウィルを「美女と野獣」(2017)のダン・スティーヴンスが演じる。特集『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映。

監督
ブライアン・クラーノ
出演キャスト
レベッカ・ホール ダン・スティーヴンス ジェイソン・サダイキス ジーナ・ガーション

ダブル/フェイス

  • 2018年1月30日(火)公開
  • 出演(Angela 役)

ニコラス・ケイジが、二人の女に翻弄されるエリート医師を演じるサスペンス・スリラー。高級住宅街で、妻子と暮らすブライアン。そこにシッターとして雇われたケイティが現れるが、彼女には恐るべき秘密があり、ブライアンは次第に誘惑と狂気に飲み込まれていく。共演は「ナインイレヴン 運命を分けた日」のジーナ・ガーション、「7500」のニッキー・ウィーラン、「バイバイマン」のフェイ・ダナウェイ。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

監督
ジョナサン・ベイカー
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ジーナ・ガーション ニッキー・ウィーラン フェイ・ダナウェイ
2017年

ナインイレヴン 運命を分けた日

  • 2017年9月9日(土)公開
  • 出演(Eve 役)

2001年9月11日、ニューヨークのワールドトレードセンタービルにテロリストが乗り込んだ航空機が衝突し、多くの人々の命が奪われた米同時多発テロ事件。当時、ビルのエレベーターに閉じ込められた5人の男女の実話を基にした舞台を、チャーリー・シーン、ウーピー・ゴールドバーグらの出演で映画化した人間ドラマ。

監督
マルティン・ギギ
出演キャスト
チャーリー・シーン ウーピー・ゴールドバーグ ジーナ・ガーション ルイス・ガスマン
2016年

ライアー・ハウス

  • 2016年1月9日(土)公開
  • 出演(ローナ 役)

テキサスを舞台にした、欲望が惨事を招く犯罪サスペンス。「フェイス/オフ」のジーナ・ガーションをはじめ個性派俳優が顔を揃える。妻が夫に強奪した大金の在りかを吐かせようと詰め寄る中、はずみで殺してしまい、不測の事態が重なる。ジーナ・ガーションが妻を演じるほか、「Virginia/ヴァージニア」「バッドマン フォーエヴァー」のヴァル・キルマー、テレビドラマ『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のケリー・ギディッシュ、「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」「グッドフェローズ」のレイ・リオッタらが出演。監督は異色格闘ホラー「デス・マスク」を手がけたジェシー・バジェット。特集上映『未体験ゾーンの映画たち』にて上映。

監督
ジェシー・バジェット
出演キャスト
ジーナ・ガーション ヴァル・キルマー ケリー・ギディッシュ レイ・リオッタ
2008年

P.S.アイラヴユー

  • 2008年10月18日(土)公開
  • 出演(シャロン 役)

若手作家セシリア・アハーンが21歳の時に発表した純愛小説を、人気スター共演で映画化。亡き夫からの手紙に励まされ、生きる希望を取り戻していく女性の姿を描く感動ドラマだ。

監督
リチャード・ラグラヴェネーズ
出演キャスト
ヒラリー・スワンク ジェラルド・バトラー リサ・クドロー ハリー・コニックJr.
2005年

DEMONLOVER

  • 2005年3月12日(土)公開
  • 出演(エレイン 役)

ポルノサイトの権利をめぐる企業同士の争いをスタイリッシュに描くサスペンス。「ブラウン・バニー」のクロエ・セビニーや「ヴァイブレータ」の大森南朋が出演。

監督
オリヴィエ・アサイヤス
出演キャスト
コニー・ニールセン シャルル・ベルラン クロエ・セヴィニー ジーナ・ガーション
2001年

ドリヴン

  • 2001年8月18日(土)公開
  • 出演(Cathy Moreno 役)

シルベスター・スタローン&レニー・ハーリン監督の「クリフハンガー」コンビが再び集結。カートレースの世界を、時速400km近いスピードを再現したド迫力映像でつづる人間ドラマ。

監督
レニー・ハーリン
出演キャスト
シルベスター・スタローン バート・レイノルズ キップ・パルデュー ティル・シュヴァイガー

写真家の女たち

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 出演(Billie 役)

「スウィート・ヒアアフター」の若手女優サラ・ポーリー主演作。父親ほども年上の男との関係に揺れ動きながらも、大人の女性へと成長していくヒロインの姿を映し出す。

監督
オードリー・ウェルス
出演キャスト
サラ・ポーリー スティーヴン・レイ ジーナ・ガーション ジーン・スマート
2000年

インサイダー

  • 2000年5月27日(土)公開
  • 出演(Helen Caperelli 役)

 男臭い役ならおまかせのベテラン、A・パチーノがバーグマン役に。報道陣としてのプライドを捨てず、権力にも屈しないキャラクターが、硬派な存在感にハマっている。

監督
マイケル・マン
出演キャスト
アル・パチーノ ラッセル・クロウ クリストファー・プラマー ダイアン・ヴェノーラ
1999年

ファイヤーワークス

  • 1999年1月9日(土)公開
  • 出演(CarolLakewood 役)

悪徳で結ばれた双子の兄妹の業深き生きざまを鮮烈に描いた異色のサスペンス。「ゲッタウェイ」「グリフターズ詐欺師たち」など映画化作品でも知られるハードボイルド小説の鬼才ジム・トンプソンの同名小説(『Fireworks:The LostWritings』に所収、本邦未訳)の映画化。脚本は「48時間」「チャイニーズ・ボックス」のラリー・グロス、監督はデイヴィッド・ボウイのビデオクリップなどを手掛けた新鋭マイケル・オブロウィッツ。主演の「タイタニック」の個性派ビリー・ゼーンが共同製作総指揮をつとめた。製作はクリス・ハンリー、ブラッド・ワイマン、グロス。製作総指揮はバー・ポッター。撮影はトム・プリーストリー。音楽はピート・ルゴロ。共演は「フェイス/オフ」のジーナ・ガーション、「ヴァンパイア 最期の聖戦」のシェリル・リーほか。「イン・ザ・スープ」のシーモア・カッセル、「コピーキャット」のウィル・パットンらも顔を見せる。

監督
マイケル・オブロヴィッチ
出演キャスト
ビリー・ゼーン ジーナ・ガーション シェリル・リー ルー・マクラナハン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーナ・ガーション