映画-Movie Walker > 人物を探す > キーロン・ムーア

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1968年 まで合計15映画作品)

1968年

カスター将軍

  • 1968年2月24日公開
  • 出演(The_Cheynne_Chief 役)

バーナード・ゴードンとジュリアン・ヘルヴィの脚本をドイツ生れのベテラン、ロバート・シオドマクが監督した西部劇。撮影はセシリオ・パニアガ、音楽はスペインの新人ベルナルド・セガールが担当した。出演は「わが命つきるとも」のロバート・ショウ、「息子と恋人」のメアリー・ユーア、「特攻大作戦」のロバート・ライアン、のほかタイ・ハーディン、ジェフリー・ハンター、キーロン・ムーアなど。製作は「バルジ大作戦」のフィリップ・ヨーダン。

監督
ロバート・シオドマク
出演キャスト
ロバート・ショウ メアリー・ユーア ジェフリー・ハンター ロバート・ライアン
1966年

アラベスク

  • 1966年8月19日公開
  • 出演(Yussef 役)

ゴードン・コットラーの小説『暗号』を、ジュリアン・ミッチェル、スタンリー・プライス、ピエール・マートンの3人が脚色、「シャレード」のスタンリー・ドーネンが製作・監督したスパイ・アクション。撮影はイギリスのクリストファー・チャリス、音楽は「シャレード」のヘンリー・マンシーニ、ソフィア・ローレンの衣裳をクリスチャン・ディオールが担当した。出演は「蜃気楼」のグレゴリー・ペック、「栄光の丘」のソフィア・ローレンのほかに、舞台俳優のアラン・バデル、「最後のガンファイター」のキーロン・ムーア、「秘密殺人計画書」のジョン・メリベールなど、イギリス出身の俳優が起用されている。

監督
スタンリー・ドーネン
出演キャスト
グレゴリー・ペック ソフィア・ローレン アラン・バデル キーロン・ムーア
1965年

最後のガンファイター

  • 1965年11月27日公開
  • 出演(Fenton 役)

「死闘の丘」のクラーク・レイノルズの脚本を「荒野の無頼漢」のポール・ランドレスが監督したアクション西部劇。撮影は、「地球は壊滅する」のマニュエル・ベレングアー、音楽は「カサグランデのガンファイター」のロバート・メリンが担当した。出演は「長い船団」のラス・タンブリン、「大突撃」のジェームズ・フィルブルック、同じくキーロン・ムーア、「竜騎兵総攻撃」のフェルナンド・レイ、ほかにマリア・グラナダ、アルド・サンベル、アントニオ・カサスなど。製作は「カサグランテのガンファイター」のレスター・ウェルチ。

監督
ポール・ランドレス
出演キャスト
ラス・タンブリン キーロン・ムーア ジェームズ・フィルブルック フェルナンド・レイ

地球は壊滅する

  • 1965年4月21日公開
  • 出演(Ted_Rampion 役)

ジョン・マンチップ・ホワイトの原作を、彼とジュリアン・ヘルヴィが共同脚色、「大突撃」のアンドリュー・マートンが監督した空想科学映画。撮影はマニュエル・ベレングアー、音楽はジョニー・ダグラスが担当した。出演は「サタンバグ」のダナ・アンドリュース、「悪魔の弟子」のジャネット・スコット、「大突撃」のキーロン・ムーアなど。製作はバーナード・グラッサーとレスター・A・サンソム。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ダナ・アンドリュース ジャネット・スコット キーロン・ムーア アレクサンダー・ノックス
1964年

大突撃

  • 1964年10月31日公開
  • 出演(Lt.Band 役)

「地上より永遠に」のジェームズ・ジョーンズが自分の体験を書いた「赤い細い線」を「北京の55日」のバーナード・ゴードンが脚色、「史上最大の作戦」の戦争場面を担当したアンドリュー・マートンが演出した戦争ドラマ。撮影はマニュエル・ベレングアー、音楽は「戦場にかける橋」のマルコム・アーノルドが担当した。製作はシドニー・ハーモン。出演はキア・デュリア、「ドノバン珊瑚礁」のジャック・ウォーデン、TVのジェームズ・フィルブルック、レイ・ダレイほか。

監督
アンドリュー・マルトン
出演キャスト
ケア・ダレー ジャック・ウォーデン ジェームズ・フィルブルック レイ・ダレイ
1963年

人類SOS!

  • 1963年9月4日公開
  • 出演(Tom_Goodwin 役)

突然この地球上に歩く植物が生まれ、人間やほかの動物を殺して食べるという奇想天外なSF小説、ジョン・ウィンダムの『トリフィッズの日』を「エル・シド」のフィリップ・ヨーダンがシナリオを、特撮にウォリー・ビーヴァーズ、撮影はテッド・ムーア、監督はテレビ出身のスティーヴ・セクリー。「機甲兵団」のハワード・キールと「戦塵」のミコール・モーレイが主役を演じ、「悪魔の弟子」のジャネット・スコット、「紳士同盟」のキーロン・ムーア、また英国で第2のヘイリー・ミルズとして評判の高い子役のジャニナ・フェイが出ている。

監督
スティーヴ・セクリー
出演キャスト
ハワード・キール ミコール・モーレイ ジャネット・スコット キーロン・ムーア
1962年

スパルタ総攻撃

  • 1962年12月2日公開
  • 出演(Ephialtes 役)

製作を担当したジョージ・セント・ジョージとルドルフ・マテの脚本を「カルタゴの大逆襲」のマテが監督したスペクタクル史劇。撮影はジョフリー・アンスワース、音楽はマノス・ハジダキス。出演は「ペルシャ大王」のリチャード・イーガン、「ハバナの男」のラルフ・リチャードソン、「バグダッドの魔術師」のダイアン・ベーカーとバリー・コーなど。

監督
ルドルフ・マテ リチャード・タルマッジ
出演キャスト
リチャード・イーガン ラルフ・リチャードソン ダイアン・ベーカー バリー・コー
1960年

紳士同盟(1960)

  • 1960年公開
  • 出演(Stevens 役)

ジョン・ブル気質たっぷりなサスペンス・コメディ映画。「サファイア」のコンビである製作者のマイケル・レルフと監督のバジル・ディアデンが出演もしているブライアン・フォーブスのシナリオを映画化したもの。撮影を担当したのはアーサー・イベットソン。音楽はフィリップ・グリーン。出演するのは、「ベン・ハー」のジャック・ホーキンス、「サファイア」のナイジェル・パトリック、ロジャー・リヴシー、キーロン・ムーア、ノーマン・バードなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ジャック・ホーキンス ナイジェル・パトリック ロジャー・リヴシー リチャード・アッテンボロー

四つの願い

  • 1960年3月23日公開
  • 出演(Pony_Sugrue 役)

ウォルト・ディズニーがスコットランドの伝説をもとにして書かれたH・T・カヴァノーの原作「ダービー・オギール物語」を映画化したお伽ドラマ。脚色はローレンス・E・ワトキン。監督は「黄色い老犬」のロバート・スティブンスン。撮影をウィントン・C・ホック、音楽をオリヴァー・ウォーレスが担当している。出演するのは「山の上の第三の男」のジャネット・マンロー、新人ショーン・コネリー、「ブリガドーン」のアルバート・シャープら。

監督
ロバート・スティーヴンソン
出演キャスト
アルバート・シャープ ジャネット・マンロー ショーン・コネリー キーロン・ムーア
1958年

鍵(1958)

  • 1958年公開
  • 出演(Kane 役)

「空中ぶらんこ」についでキャロル・リードが自分のプロで監督した第二次大戦に材をとったロマン。オランダ作家ヤン・デ・ハルトグの原作「ステラ」を「真昼の決闘」のカール・フォアマンが脚色し、「武器よさらば」のオズワルド・モリスが撮影を監督した。音楽はマルコム・アーノルド。「戦場にかける橋」のウィリアム・ホールデン、「船の女」のトレヴァー・ハワード、「楡の木陰の欲望」のソフィア・ローレンが顔を合わせるほか、「アンナ・カレニナ」のキーロン・ムーア、「第三の男」のバーナード・リー、「戦争と平和」のオスカー・ホモルカ等が助演する。製作カール・フォアマン。

監督
キャロル・リード
出演キャスト
ウィリアム・ホールデン ソフィア・ローレン トレヴァー・ハワード オスカー・ホモルカ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > キーロン・ムーア