TOP > 映画監督・俳優を探す > ルース・ストンハウス

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1925年 まで合計7映画作品)

1925年

紅の大空

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Custer 役)

エー・ビー・ヒース氏の原作をアンソニー・ポール・ケリー氏が脚色し「怪力無双」「以外の犯人」等と同じくジョン・G・アドルフィが監督したものである。「紅椿」「煉獄の花」等出演のロバート・フレイザー氏が主演し「恋の鉄條網」等出演のクララ・ボウ嬢、「天晴れ名投手」等出演のジョニー・ウォーカー氏、「無理矢理一万哩」等出演のヘレン・ファーガソン嬢等が共演するほか、ロバート・エデソン氏、ウォルター・マッグレイル氏、ガストングラス氏、ルース・ストンハウス嬢等の助演者も好い顔振れである。インジアンのカーデランチェは米国東部の大学で新教育を受けて集落に帰って来たが彼の新思想は歓迎されなかった。彼は白人を駆遂することの不可能を説き寧ろ白人にどうかする方が得策であると教えたが頑迷な種族の人々は白人を敵視し争闘をこととした。レミントン要塞の総監キンナード将軍の令嬢は若い将校連の望みの星であったが令嬢はバークマン中尉を秘かに意中の人としていたある説き将軍一行がインジアンに襲撃された時カーデランチェが救けたので破格にも彼が中尉に任命されてから令嬢の心は美しい異人に傾いていた。バークマン中尉口論して同僚を殴打した罪で位階を取り上げられた折柄インジアンとの交渉険悪となり開戦は避け難くなった。将軍はカーデランチェを令嬢に近づけまいとし人々の彼に対する冷遇に堪えかねて彼は要塞を去った。しかしインジアンの猛襲に要塞が陥落せんとした時彼は要塞を救い令嬢をバークマン中尉に譲り集落の娘ネスティを姻ったのであった。

監督
ジョン・G・アドルフィ
出演キャスト
ロバート・フレイザー クララ・ボウ ロバート・エディソン ジョニー・ウォーカー
1924年

処女時代(1924)

  • 1924年
  • 出演(His_Wife 役)

米国の閏秀作家ジーン・ストラットン・ポーター女史が自作の小説を自ら製作した映画で、監督はジェームズ・レオ・ミーハン氏が担当した。主役は新進のグロリア・グレイ嬢と「情夫奮起せば」主演のカレン・ランディス氏で、その他「猛犬は裁く」「十番目の女」等出演のレイモンド・マッキー氏や、「侠骨カービー」「そばかす大統領」等出演のガートルード・オルムステッド嬢等も共演している。

監督
ジェームズ・レオ・ミーハン
出演キャスト
グロリア・グレイ エミリー・フィッツローイ Arthur Currier レイモンド・マッキー

輝く一路

  • 1924年
  • 出演(Ethel_Durland 役)

メレディス・ニコルソン氏作の小説をセイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏とが脚色し、「愛の大雪嶺」「大分水嶺」等と同じくレジナルド・バーカー氏が監督したもので、「夜の女」「殴られる彼奴」等出演のノーマ・シアラー嬢、「荒み行く女性」等出演のジェームズ・カークウッド氏。「惑溺の十字路」等出演のアドルフ・マンジュウ氏、「迷路の乙女」等出演のメイ・ブッシュ嬢を始め、ヴェラ・レイノルズ嬢、ロバート・エイニュー氏、ロバート・フレイザー氏、ジョージ・フォーセット氏、ルース・ストンハウス嬢、ウィニフレッド・ブライソン嬢等のそうそうたる連中が競演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ノーマ・シアラー ジェームズ・カークウッド アドルフ・マンジュウ メイ・ブッシュ
1923年

灯消えぬ

  • 1923年
  • 出演(Hirpin_Annie 役)

ポール・ディッキーとマン・ペイジ合作の舞台劇に基づき、レックス・テイラーが脚色し、アルフレッド・サンテルが監督したもので、主役はかつてユ社青鳥時代のスターであったルース・ストンハウスで、「スザンナ」出演のウォルター・マッグレイルや、新進のマリー・アステアー、セオドア・フォン・エルツが対手役を演じている。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ルース・ストンハウス ウォルター・マッグレイル マリー・アステア セオドア・フォン・エルツ

情熱の炎(1923)

  • 1923年
  • 出演(Jimmie 役)

「敵陣突破」「鎧袖一触」等主演のジョージ・ラーキン氏主演ブリーミアム映画でインディペンデント社から発売されたもの。ジョージ・ハイヴリー氏の原作をG・H・ムーディ氏が監督したもの。相手役にはルース・ストンハウス嬢が出演している。

監督
G・H・ムーディ
出演キャスト
フランク・ウィットソン アル・ファーガソン ジョージ・ラーキン Frank Whitlock
1921年

罪は我に

  • 1921年
  • 出演(Lenden_Hattie 役)

ブラッドリー・キングの原作および脚色を、ユ社、フォックス、パラマウント映画などで端役に甘んじていたジャック・ネルソンが一躍選ばれて監督した人情劇で、主役は「豹の女」「愛の一念」などパーカー・リード映画に主演した性格女優ルイズ・グローム。相手は「夢みし国」「孤児の生涯」など出演のマーロン・ハミルトン、そのほかクレア・デュブレイ、ルース・ストンハウス、ジョセフ・キルゴアーらである。

監督
ジャック・ネルソン
出演キャスト
ルイズ・グローム マーロン・ハミルトン クレア・デュブレイ ジョセフ・キルゴアー
1920年

男性は一様か

  • 1920年
  • 出演(Ruby_Joyce 役)

「神の悪戯」等と同様久し振りのメトロ社メイ・アリソン嬢主演映画であってアーサー・ストリンジャー氏の雑誌小説をA・P・ヤンガー氏が脚色し、其後パラマウントで「大陸突破」「ヤング・ラジャー」等を監督したフィリップ・E・ローゼン氏の監督である。相手役は「爆弾児」等のウォーレス・マクドナルド氏、其他「罪は我に」「奇襲」等のルース・ストンハウス嬢、ウィニフレッド・グリーンウッド嬢等が出演している。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
メイ・アリソン ウォーレス・マクドナルド ジョン・エリオット ウィニフレッド・グリーンウッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ルース・ストンハウス

ムービーウォーカー 上へ戻る