映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・フィールズ

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1962年 まで合計12映画作品)

1962年

フラワー・ドラム・ソング

  • 1962年5月15日(火)公開
  • 脚本

ロジャース・ハマースティンの傑作ミュージカル・プレーとしてブロードウェイの舞台で好評を博した「フラワー・ドラム・ソング」の映画化である。C・Y・リー原作の同名の小説を故ハマースティンが舞台用に脚色し、さらにジョセフ・フィールズが映画向きにアダプト、「いとしの殿方」のヘンリー・コスターが監督した。撮影のラッセル・メティ、音楽のアルフレッド・ニューマンは共にミュージカル映画のベテランである。出演者は、「スージー・ウォンの世界」のナンシー・クワン、「嬉し泣き」のジェームズ・繁田、「サヨナラ」のナンシー梅木、それにファニタ・ホールなど。なお、全編には11曲のヒット・ナンバーが挿入されている。ロス・ハンター製作。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ナンシー・クワン ジェームズ・繁田 ナンシー梅木 ファニタ・ホール
1960年

愛のトンネル

  • 1960年11月15日(火)公開
  • 製作、原作戯曲、脚本

子供に恵まれない夫婦の愛情の機微を描いたホーム・コメディ。ブロードウェイの舞台劇の映画化だが、「ハッピー・ロード」以来のジーン・ケリー監督作品であることと、リチャード・ウィドマークが昔とったキネヅカで3枚目をやるのが、注目されよう。ピーター・デ・ブリーズの小説に基づき、ブリーズとジョセ・ブリーズが戯曲化し、フィールズが脚本化した。撮影は「恋に税金はかからない」のロバート・ブロナー。出演は、ウィドマークのほか、「夜を楽しく」のドリス・デイ、「恋の売り込み作戦」のギグ・ヤング、エリザベス・フレイザー、「怒りの丘」のジア・スカラら。製作はジョセフ・フィールズとマーティン・メルチャー(ドリス・デイの夫)。

監督
ジーン・ケリー
出演キャスト
ドリス・デイ リチャード・ウィドマーク ギグ・ヤング ジア・スカラ
1953年

紳士は金髪がお好き(1953)

  • 1953年8月19日(水)公開
  • 原作戯曲

「栄光何するものぞ」のソル・C・シーゲルが製作したテクニカラーのミュージカル・コメディ、1953年作品。1928年に映画化されたアニタ・ルーズの原作小説より、ルーズとジョセフ・フィールズが舞台用に書いた台本を、「死の接吻(1947)」のチャールズ・レデラーが脚色し、「果てしなき蒼空」のハワード・ホークスが監督した。撮影は「腰抜け 二挺拳銃の息子」のハリー・J・ワイルド、音楽監督は「ナイアガラ」のライオネル・ニューマンの担当。主演は「人生模様」のマリリン・モンローと「ならず者」のジェーン・ラッセルで、チャールズ・コバーン「パラダイン夫人の恋」、エリオット・リード、トミー・ヌーナン、ジョージ・ウィンスロウ、マルセル・ダリオらが助演する。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジェーン・ラッセル マリリン・モンロー チャールズ・コバーン エリオット・リード
1951年

花嫁売ります

  • 1951年2月8日(木)公開
  • 原作

製作者のジャック・H・スカーボール(「アメリカの恋人」)と脚色者ブルース・マニングが協同設立したクレスト・プロ1949年作品。「ホノルル航路」のフレデリック・コーナーがジョゼフ・フィールズと協力した原作を、マニングと「容疑者(1944)」のイスリン・オースターが脚色し、「恋文騒動」のウィリアム・D・ラッセルが監督した。撮影は「ジャン・ダーク」のジョセフ・ヴァレンタイン、作曲は「令嬢画伯」のフレデリック・ホランダー。「ひばり」のクローデット・コルベエル、「令嬢画伯」のロバート・ヤング、「歓呼の球場」のジョージ・ブレントを中心に、マクス・ベア、ガス・シリングらが共演する。

監督
ウィリアム・D・ラッセル
出演キャスト
クローデット・コルベール ロバート・ヤング ジョージ・ブレント マックス・ベア
1948年

マルクス捕物帖 カサブランカの一夜

  • 1948年10月公開
  • 脚本

「我輩はカモである」「オペラの夜」と同じくマルクス三兄弟が主演する喜劇で、「愛の弾丸」のジョセフ・フイールズがローランド・キビーと協力して脚本を書きおろし、「夜霧の港」のアーチー・L・メイヨが監督したもの。助演は「情熱の航路」のチャールズ・ドレイク「脱出(1944)」のダン・シーモア、西部劇女優のロイス・コリア、マルクス喜劇におなじみのシグ・ルーマン等である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
グルーチョ・マルクス ハーポ・マルクス チコ・マルクス Lisette Varea
1938年

婚約リレー

  • 1938年当年公開
  • 脚色

「真実の告白」「スイング」のキャロル・ロムバートと「薔薇のワルツ」「グレート・ワルツ」のフェルナン・グラヴェが主演する映画で、「中国ランプの石油」「風雲児アドヴァース」のマーヴィン・ルロイが制作・監督し、「真実の告白」「スイング」のテッド・テプラフが撮影したもの。原作はナンシー・ハミルトン、ジェームズ・シュート及びローズメリー・ケイシーが合作した喜劇で、「春を手さぐる」「処女散歩」のハーバート・フィールズと「魔の航空路」のジョセフ・フィーツヅとが協力脚色し、「マルクス一番乗り」のアーウィング・プレチャーガ芸詞書いている。助演者は「気侭時代」「新婚道中記」のラルフ・ベラミー、「デッド・エンド」のアレン・ジェンキンス、「見えざる脅威」のマリー・ウィルソン、「海と青年」のイザベル・ジーンズ、「歌う陸戦隊」のマーシャ・ロールストン等である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
キャロル・ロンバード フェルナン・グラヴェ ラルフ・ベラミー アレン・ジェンキンス
1937年

スタア行進曲

  • 1937年当年公開
  • 脚色

「歓楽の女王」「巨星ジーグフェルド」のヴァージニア・ブルースが、「ラモナ(1936)」のケント・テイラー及び「バーバリー・コースト」「激怒(1936)」のウォルター・ブレナンと共演する映画で、エリーナー・グリフィンがマッコール誌に発表した小説“Class Prophecy”をジョセフ・フィールズとイヴ・グリーンとが協力脚色し、監督には「真夏の夜の夢」「海賊ブラッド」等で知名のキャメラマンたるハル・モーアが第一回作品として当たった。助演者は、グレタ・マイヤー、クリスチアン・ラップ、ウィリアム・タネン、「超人対火星人」のジーン・ロジャース、等で、キャメラは「超人対火星人」のジェローム・アッシュの担任。歌詞及び作曲は「明朗色時代」のジミー・マクヒュー、ハロルド・アダムソンの二人の手になった。

監督
ハル・モーア
出演キャスト
ヴァージニア・ブルース ケント・テイラー ウォルター・ブレナン グレタ・マイヤー

魔の航空路

  • 1937年当年公開
  • 脚色

「ホノルル航空隊」「銀翼の戦慄」のウィリアム・ガーガンと「国際探偵X9号」「世界航空戦」のジーン・ロジャースが主演する映画で、ヴァーン・ホワイトとヘッドの原作をジェローム・カルースが監督し、「夜の鍵」のジョージ・ロビンソンが撮影した。助演者はディック・パーセル、ホバート・カヴァナ、マイケル・フィッツモーリス等である。

監督
ミルトン・カルース
出演キャスト
ウィリアム・ガーガン ジーン・ロジャース ディック・パーセル ホバート・カヴァナ
1936年

歩く死骸

  • 1936年当年公開
  • 原作

「透明光線」「黒猫」のボリス・カーロフが主演する映画で、エワート・アダムソンとジョセフ・フィールズが共同して書き下ろし、脚色には原作者アダムソン、ピーター・ミルン、ロバート・ハーディ・アンドリュース、リリー・ヘイワードの四人が協力し、「海賊ブラッド」「真夏の夜の夢」のハル・モーアが撮影。助演者は「特高警察」「シスコ・キッド(1935)」のリカルド・コルテス、「女難アパート」のマーゲリット・チャーチル、「脱線僧正」のエドモンド・グウェン、「黒地獄」「Gメン」のバートン・マクレーン、新顔ウォーレン・ハル、ヘンリー・オニール、ジョセフ・キング、エディ・エイカフ等である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ボリス・カーロフ リカルド・コルテス エドモンド・グウェン マーゲリット・チャーチル

競馬虎の巻

  • 1936年当年公開
  • 脚色

「ニューヨーク・ハリウッド」「乱暴選手」のエディ・クィランが主演する映画で、ジェリー・チョドロフとバート・グラネットの原作をゴードン・リグビーとジョセフ・フィールズが協力脚色し、「洞窟の女王」を共同監督したアーヴィング・ピチェルが監督に当たり「嵐の戦捷旗」のアーネスト・ミラーが撮影した。助演者は「玩具の国」のシャーロット・ヘンリー、「宝島(1934)」のチャールズ・チック・セール、「平原児」のジョン・ミルジャン「愛の花篭」のマージョーリー・ゲイストン等。

監督
アーヴィング・ピチェル
出演キャスト
エディ・クィラン シャーロット・ヘンリー チャールズ・チック・セール マージョリー・ゲイトソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョセフ・フィールズ