映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ストラウス

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1938年 まで合計8映画作品)

1938年

ゴールデン・ボーイ(1938)

  • 1938年
  • 出演(Mr._Carp 役)

「歌へ陽気に」「虚栄の市(1935)」のルーベン・マムーリアンが監督したもので、クリフォード・オデッツ作同名の戯曲の映画化である。脚本は「ステラ・ダラス(1937)」「愛と光」のサラ・Y・メイソン、ヴィクター・ヒアマン組が更にルイス・メルツァー及びダニエル・タラダッシュと協力して書いている。主演者は「ステラ・ダラス(1937)」「膝にバンジョウ」のバーバラ・スタンウィック、「オーケストラの少女」「ステージ・ドア」のアドルフ・マンジュウ及び新人ウィリアム・ホールデンで、「悪漢の町」のジョセフ・カレイア、「夕陽特急」のサム・レヴィーン、新顔のリー・J・コッブ、ベアトリス・ブリン、「暗黒王マルコ」のエドワード・ブロフィー等が助演している。キャメラは「大地」「忘れがたみ」のフロイントの担任。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック アドルフ・マンジュウ ウィリアム・ホールデン リー・J・コッブ
1929年

恋の走馬燈

  • 1929年
  • 出演(Moe_Levi 役)

「躍る青春」「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」と同じくウィリアム・サイター氏が監督したコリーン・ムーア情主演映画で、ムーア情最初の100パーセント発声映画である。「気まぐれ女優」「船頭さん可愛や」のトム・ジェー・ジェラティ氏が脚本及び脚色を書き下ろし、ムーア嬢附のカメラマン、シド・ヒコックス氏がヘンリー・フロイリッヒ氏と共同撮影した。助演者は「四人の息子(1928)」「艦隊入港」のジェームズ・ホール氏を始め、アギー・ヘリング嬢、クロード・ギリングウォーター氏、ロバート・ホーマンス氏、ベティー・フランシスコ嬢エドワード・アール氏等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
コリーン・ムーア ジェームズ・ホール クロード・ギリングウォーター ロバート・ホーマンス
1928年

ラッキー・ボーイ

  • 1928年
  • 出演(Poppa_Jessel 役)

「珍雄凱旋」で我国に紹介された舞台の人気者ジョージ・ジェッセル氏の主演する映画で、ヴァイオラ・ブラザーズ・ショーア女史の原作にヒントを得て「田舎娘」のノーマン・タウログ氏とチャールズ・シー・ウィルスン氏とが監督したものである。ジョッセル氏の相手役は「ニューヨーク」「瞳を刺す足」出演のマーガレット・クィンビー嬢であるが、そのほか「三人水兵恋行脚」のグェン・リー嬢、ウィリアム・ストラウス氏、ローザ・ロザノヴァ嬢、リチャード・タッカー氏、等も出演している。発声版の方は、パート・トーキーで、それに歌、擬音、伴奏がついている。この方ではジョッセル氏が得意の歌を聞かせるのである。

監督
ノーマン・タウログ チャールズ・C・ウィルソン
出演キャスト
ジョージ・ジェッセル ローザ・ロザノヴァ ウィリアム・ストラウス マーガレット・クィンビー
1927年

我等のサリー

  • 1927年
  • 出演(Abraham_Lapidowitz 役)

流行唄「サリー・イン・アワー・アリィ」に基いてエドワード・クラーク氏が書いたものを、ドロシー・ホウェル女史が脚色し、ウォルター・ラング氏がコロムビア入社第一回作品として監督したものである。主役は「出世水兵」「花嫁歓迎」等出演のシャーリー・メイスン嬢で、相手役は特にパラマウントから借りて来た「ブラッド・シップ」出演のリチャード・アーレン氏である。そのほかアレック・B・フランシス氏、カスリン・ウィリアムス嬢、ポール・パンザー氏、ウィリアム・ストラウス氏等が助演している。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
シャーリー・メイスン リチャード・アーレン アレック・B・フランシス ポール・パンザー

マネキンガール(1927)

  • 1927年
  • 出演(Sam_Ginsburg 役)

「笑殺大勝利」「お髪の大将」のポーリン・ギャロン嬢が主演する喜劇で、レオン・リー氏の原作をロブ・ワグナー氏が脚色し「かぼちゃ野郎」のジェームズ・トーム氏が監督したものである。助演者は「見世物」のガートルード・ショート嬢、「撮影所殺人事件」のガードナー・ジェームズ氏、レイモンド・グレン氏、ウィリアム・ストラウス氏等で、撮影は「男装女キャプテン」「炭坑」のアーネスト・ミラー氏が担当している。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
ポーリン・ギャロン ガートルード・ショート ガードナー・ジェームズ レイモンド・グレン

踵の魅惑

  • 1927年
  • 出演(Goldberg 役)

フィリップ・クライン氏、ケネス・ホウクス氏合作の物語をジェームズ・ハミルトン氏が脚色し、「昇天の意気」「嵐の翼」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したもので、主役は「お針娘バーサ」「怠け者」等出演のマッジ・ベラミー嬢で、相手役は「舷々相摩す」「百貨店」等出演のローレンス・グレイ氏が勤め、モイス・コンプトン嬢、マージョリー・ビープ嬢、アラン・フオレスト氏、ジェー・ファーレル・マクドナルド氏、アーサー・ハウスマン氏等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
マッジ・ベラミー マージョリー・ビーブ ジョイス・コンプトン ローレンス・グレイ
1926年

珍雄凱旋

  • 1926年
  • 出演(Jacob_Goldberg 役)

ニューヨークの舞台で知られた喜劇俳優ジョージ・ジェッセル氏のスクリーン初御見得の映画でレイモンド・L・シュロック氏、エドワード・クラーク氏合作の物語をフィリップ・ロナーガン氏が脚色し、「映画の都に出でて」と同じくロイド・ベーコン氏が監督した。対手役は「南京豆小僧」「陽気な巴里っ子」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢が勤め、ナット・カー氏、ヴェラ・ゴードン夫人、グスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、エド・ケネディ氏等が助演している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジョージ・ジェッセル パッシー・ルス・ミラー ヴェラ・ゴードン ナット・カー

スキナーの夜会服

  • 1926年
  • 出演(Tailor 役)

ヘンリー・アーヴィング・ドッジ氏作の小説に基づきレックス・テイラー氏が脚色したものを「ジョーンズの大事件」「天下の窮児」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもので右記二映画に主演したレジナルド・デニー氏が「えくぼ御用心」「乙女の危険期」等主演のローラ・ラ・プラント嬢を相手役として主演している。ライオネル・ブラーム氏、ウィリアム・ストラウス氏、ヘッダ・ホッパー嬢が助演するユーモラスな喜劇である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
レジナルド・デニー ローラ・ラ・プラント ヘッダ・ホッパー E・J・ラトクリフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ストラウス