TOP > 映画監督・俳優を探す > アギー・ヘリング

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1930年 まで合計25映画作品)

1930年

ビリー・ザ・キッド

  • 1930年
  • 出演(Mrs._Hatfield 役)

「ハレルヤ」「活動役者」と同じくキング・ヴィダー監督作品で、ウォルター・ノーブル・バーンズ作の「ビリー・ザ・キッドの伝説」に基づいて、前記2映画のワンダ・タショックが脚色し、ローレンス・ストーリングスが台詞を書いた。主役は「妻呼ぶ怒涛」「恋多き女」のジョン・マック・ブラウンが勤め、「ビッグ・ハウス」「ロマンスの河」のウォーレス・ビアリー、「略奪者」「マダム・サタン」のケイ・ジョンソンをはじめ、カール・デーン、ウィンダム・スタンディング、ラッセル・シンプソン、ジェームズ・マーカス等が助演している。カメラは「ハレルヤ」のゴードン・エイヴィルが担任した。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン ウォーレス・ビアリー ケイ・ジョンソン カール・デーン
1929年

闇の巷

  • 1929年
  • 出演(Mrs._Dean 役)

「私のあなた」「歓楽地帯」等出演のジャック・マルホール氏が二役を演ずる全発声映画で、リチャード・コネル氏作の短編小説に基いて「愛の曳綱」「ウィリー・リバー」ト同じくブラットリー・キング女史が脚色し、フランク・ロイド氏が監督し、アーネスト・ホーラー氏が撮影したものである。助演者は「愛の曳綱」「金髪騒動」のライラ・リー嬢と「恋の走馬灯」「楽天奇術師」のアギー・ヘリング嬢。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ジャック・マルホール ライラ・リー アギー・ヘリング Earl Pingree

恋の走馬燈

  • 1929年
  • 出演(Granny_O'More 役)

「躍る青春」「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」と同じくウィリアム・サイター氏が監督したコリーン・ムーア情主演映画で、ムーア情最初の100パーセント発声映画である。「気まぐれ女優」「船頭さん可愛や」のトム・ジェー・ジェラティ氏が脚本及び脚色を書き下ろし、ムーア嬢附のカメラマン、シド・ヒコックス氏がヘンリー・フロイリッヒ氏と共同撮影した。助演者は「四人の息子(1928)」「艦隊入港」のジェームズ・ホール氏を始め、アギー・ヘリング嬢、クロード・ギリングウォーター氏、ロバート・ホーマンス氏、ベティー・フランシスコ嬢エドワード・アール氏等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
コリーン・ムーア ジェームズ・ホール クロード・ギリングウォーター ロバート・ホーマンス

歓楽地帯

  • 1929年
  • 出演(Mrs._Haines 役)

「恋と休暇」「スピード花嫁」と同じくドロシー・マッケール嬢、ジャック・マルホール氏共演喜劇で、「スピード花嫁」「真紅の海」のジョン・フランシス・ディロン氏が監督した。原作はカレッジ・ヒューマー誌の懸賞当選小説でコーネル・ウーリッチ氏が執筆したもので「狂言成金」「彼とお姫様」のアデレード・ヒールブロン女史が脚色した。撮影は「ホィップ」「踊子気質」のジェームズ・ヴァン・ツリーズ氏である。助演者は「高速度娘ジャズの巻」のドリス・ドーソン嬢、「踊子フィリス」のエドモンド・バーンズ氏、「ダイヤモンド事件」のジェームズ・フォード氏、「高速度娘」のリー・モーラン氏等の良い顔触れである。サイレント版と伴奏のみの発声版が提供される。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ジャック・マルホール ドリス・ドーソン ジェームズ・フォード
1928年

楽天奇術師

  • 1928年
  • 出演(Mrs._Burke 役)

「歓楽地帯」「恋と休暇」等と同じくドロシー・マッケール嬢、ジャック・マルホールル氏共演喜劇で、ガイ・ボルトン氏、フレッド・トンプソン氏及びジョージ・ガーシュィン氏合作のミュージカルコメディーを「歓楽地帯」「狂言成金」のアデレード・ヒールプロン女史がジョン・ワーグナー氏と共同して改作脚色し、「レビューのパリっ子」「狂言成金」のリチャード・ウォーレス氏が監督したもの。助演者はジョン・ミルジャン氏、アギー・ヘリンダ嬢、ドット・ファーレー嬢等で撮影は「壁の穴(1929)」「手紙」のジョージ・フォルシー氏担任。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャック・マルホール ドロシー・マッケール ジョン・ミルジャン ニタ・マルタン

与太捕物記

  • 1928年
  • 出演(Mrs._Maloney 役)

「棚からぼた餅」「浮気天国」等と同じくチャールズ・マレイ氏主演の劇で、ジュリエン・ジョセフソン氏が執筆した物語をヴァーノン・スミス氏が脚色し、「与太成功記」「長屋騒動パリの巻」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもの。助演者は「棚からぼた餅」「アンクル・トムス・ケヴィン」のルシェン・リツルフィールド氏、「馬鹿騒ぎ」「感激の泉」のドリス・ドーソン嬢、「足で蹴る恋」「燃ゆる復讐」のチャールズ・デラニー氏等でエド・プレンディー氏、アギー・ヘリング嬢、ヨーラ・ダヴリル嬢も出演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
チャールズ・マレイ ルシアン・リトルフィールド チャールズ・デラニー ドリス・ドーソン

呑気な商売

  • 1928年
  • 出演(Mrs._Kelly 役)

「パリは懲り懲り」「燒餅禁物」等と同じくヴァイオラ・ダナ嬢の主演するもので、エルマー・ハリス氏が原作を書き逆に脚色をしたものを、長らくハリー・ラングドン映画を監督していたフランク・キャプラ氏が監督している。対手は「憧憬の彼方へ」等出演のラルフ・グレイヴス氏で、その他に「南京豆小像天空の巻」のバー・マッキントッシュ氏、カール・ジェラード氏、アギー・ヘリング夫人などが助演している。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ ラルフ・グレイヴス バー・マッキントッシュ アギー・ヘリング
1927年

鉄騎一番乗

  • 1927年
  • 出演(Maggie_Vernon 役)

アルヴィン・ナイツ氏作の小説をイサドア・バーンスタイン氏が改作しドリス・マロイ女史が脚色しクルフォード・S・スミス氏が監督したもので主役は「西部の脅威」「冒険牧場」等主演のアート・アコード氏で相手役はフェイ・レイ嬢、ウィリアム・スティール氏等。

監督
クリフォード・スミス
出演キャスト
アート・アコード フェイ・レイ ウィリアム・スティール アギー・ヘリング

ゴリラ(1927)

  • 1927年
  • 出演(The_HouseKeeper 役)

一昨年来ブロードウェイに於いて長期興行を続けたラルフ・スペンス氏原作の探偵喜活劇を映画化したもので、ジェームズ・T・オドノヒュー氏が改作し、アル・コーン氏及びヘンリー・マッカーティー氏が共同脚色し、「熱血挙闘手」「想ひ叶うて」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した特作品である。出演俳優は「喧嘩友達」「与太奮戦記」のチャールズ・マレイ氏、警官役者として有名なフレッド・ケルシー氏を始め、「結ぶ縁恋の釣天井」のアリス・デイ嬢、「甘い親爺」のガストン・グラス氏、「ジョアンの嘆き」のウォルター・ピジョン氏、その他タリー・マーシャル氏、クロード・ギリングウォーター氏、ブルックス・ベネディクト氏等のオール・スター・キャストである。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
チャールズ・マレイ フレッド・ケルシー アリス・デイ タリー・マーシャル

喧嘩舞踏会

  • 1927年
  • 出演(Maggie_Finnegan 役)

「愛馬の功名」「地獄極楽」と同じくジェームズ・ピー・ホーガン氏が監督した映画でマーレー及びマック両氏合作の舞台劇を脚色したものである。出演者は「処女時代」「懦夫奮起せば」のカレン・ランディ氏、かつてフート・ギブソン西部活劇に出演したブランシュ・メハフィー嬢、「海浜狂騒曲」のマック・スウェーン氏、チャールズ・マックヒュー氏、アギー・ヘリング嬢等である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ブランシュ・メハフィー チャールズ・マックヒュー アギー・ヘリング Westcott B. Clark
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アギー・ヘリング

ムービーウォーカー 上へ戻る