映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ブレイビン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1933年 まで合計20映画作品)

1933年

踊り子の母

  • 1933年当年公開
  • 監督

「蒼白いまぶた」「街の野獣(1932)」のチャールズ・ブレイビンが監督したもので「ニューヨーク・ハリウッド」のアリス・ブラディが「南風」のフランチョット・トーン、「酔いどれ船」のモーリン・オサリヴァン、「蒼白いまぶた」のフィリップス・ホームス、「ニューヨーク・ハリウッド」のラッセル・ハーディー及びテッド・ヒーリーを相手に主演する。原作はブラッドフォード・ロープスの小説で「世界ボクシング王」のジョン・ミーハンと共同して自ら脚色した。撮影は「暁の暴風」のジョージ・フォルシーである。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
アリス・ブラディ モーリン・オサリヴァン フランチョット・トーン フィリップス・ホームス

ブランシュ夫人の秘密

  • 1933年当年公開
  • 監督

「裏町」「シマロン(1931)」のアイリーン・ダンが主演する映画で、かつてノーマ・タルマッジが主演した「在りし日」と同じくマーティン・ブラウン作の舞台劇「貴婦人」に基づきフランセス・グッドリッチとアルバート・ハケットが共同脚色し「街の野獣(1932)」「ジンギスカンの仮面」のチャールズ・ブレイビンが監督に当たり、「戦う幻影」「怪物団」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。助演者は「明暗2人女」「私の殺した男」のフィリップス・ホームス、「四十二番街」「夫婦戦線」のユーナ・マーケル、「動物園の殺人」「ドクターX」のライオネル・アトウィルィル、エキストラから抜擢された新人ダグラス・ウォルトン、「マタ・ハリ」「満蒙龍騎隊」のC・ヘンリー・ゴードン、「僕の自叙伝」のジーン・パーカー、「コンゴ」のミッチェル・ルイス等である。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
アイリーン・ダン ライオネル・アトウィル フィリップス・ホームス ウナ・マーケル
1932年

成吉斯汗の仮面

  • 1932年当年公開
  • 監督

「龍の娘」「続フーマンチュウ博士」と同じくサックス・ローマー原作のフー・マンチュウ奇譚の映画化で、アイリーン・カン、エドガー・アレン・ウルフ、ジョン・ウィラードが共同脚色し、「街の野獣(1932)」「緑の処女地」のチヤールズ・J・ブレイビンが監督に当たり、「虎鮫」「天国爆撃隊」のトニー・ゴーディオが撮影した。主役は「フランケンシュタイン(1931)」「ミイラ再生」のボリス・カーロフが勤め、「今晩愛して頂戴ナ」「愛に叛く者」のマーナ・ローイ、「暗黒街の顔役(1932)」「アルセーヌ・ルパン」のカレン・モーリー、「マデロンの悲劇」「令嬢殺人事件」のルイス・ストーン、「空の花嫁」「歓呼の涯」のチャールズ・スターレット、「街の野獣(1932)」「愛に叛く者」のジーン・ハーショルト等が共演している。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ボリス・カーロフ ルイス・ストーン カレン・モーリー チャールズ・スターレット

街の野獣(1932)

  • 1932年当年公開
  • 監督

「無冠の帝王」「鉄青年」の原作者たるW・Rバーネットが書卸した物語に基づいてジョン・リー・メインが脚色した台詞をつけ「緑の処女地」「肉体の叫び」のチャールズ・ブレイビンが監督し、「陽気なママさん」「結婚双紙」のノルベール・プロジンが撮影した。主役は「北海の漁火」「支配する声」主演のウォルター・ヒューストンが勤め、「秘密の6」「鉄青年」のジーン・ハーロウ、新進ウォーレンス・オード、「パリの魔人」「大西洋横断」のジーン・ハーショルトが主演するほかドロシー・ピーターソン、タリー・マーシャル、ジョン・ミルジャン、ワーナー・リッチモンド等が助演している。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン ジーン・ハーロウ ウォーレス・フォード ジーン・ハーショルト
1931年

男性の血潮

  • 1931年当年公開
  • 監督

「踊るカレッジ」「青空」のフレデリック・ハズリット・ブレナン執筆になる小説から「ハレルヤ」「ビリー・ザ・キッド」のワンダ・タショック、「マダムX」「ウォール街の女將」のウィラード・マックの二人が協力してシナリオを作成し、「緑の処女地」「肉体の呼ぶ声」のチャールズ・ブレイビンが監督に当たったもので主なる出演者は「無冠の帝王」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブル、「戦う隊商」「燃ゆる海原」のアーネスト・トーレンス、マッジ・エヴァンス、「間諜X27」のルー・コディ、「希望の星」のマリイ・プレヴォー、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「ルンペンの天国」のハラム・クーリー、ジョン・ラーキン、ユージン・ジャクソン等。カメラは「マダム・サタン」「南方の放浪者」のハロルド・ロッソンが担当。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル アーネスト・トーレンス マッジ・エヴァンス ルー・コディ

緑の処女地

  • 1931年当年公開
  • 監督、脚色

エリザベス・M・ロバーツの小説からエディス・エリスの助力を得て「肉体の呼ぶ声」の監督者チャールズ・ブレイビンが脚色し、メガフォンをとり、「接吻」のウィリアム・ダニエルス、「異教徒」のクライド・デ・ヴィナが撮影したもので主なる出演者は「船出の朝」のジョン・マック・ブラウン、「彼女は戦いに行く」のエリナー・ボードマン、ルシル・ラ・ヴァーン、アニタ・ルイズ、ギャヴィン・ゴードンなどである。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン エリナー・ボードマン ルシル・ラ・ヴァーン アニタ・ルイズ
1930年

肉体の呼ぶ声

  • 1930年当年公開
  • 監督

「異教徒」のトロシー・ファーナムの原作を、「ホィップ」「青空の覇者」のチャールズ・ブレイビンが監督したもの。俳優は「異教徒」「黎明の剣士」のラモン・ノヴァロが主演し、「黎明の剣士」のドロシー・ジョーダンと、「人罠」「密輸入者の恋」のアーネスト・タレンスが助演している。ルネ・アンドレー、ナンス・オニールも顔を出す。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ドロシー・ジョーダン アーネスト・トーレンス ナンス・オニール
1928年

ホィップ

  • 1928年当年公開
  • 監督

「巨人の天地」「蒼空の覇者」著のミルトン・シルス氏作品を監督したチャールズ・ブレイビン氏の監督作品で、セシル・ローレー氏、ヘンリー・ハミルトン氏合作の古い舞台劇をバーナード・マッコンヴィル氏とJ・T・キャンベル氏が脚色した。主演者は「煩悩」「男装狂」のドロシー・マッケール嬢、「ボー・ジェスト(1927)」のラルフ・フォーブス氏、「踊子気質」「舷々相摩す」のローウェル・シャーマン氏、「女賊怪賊」「ウィーンの狂乱」のアンナ・Q・ニルソン嬢で、マーク・マクダーモット氏、アルバート・グラン氏等が助演する。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ラルフ・フォーブス アンナ・Q・ニルソン ローウェル・シャーマン
1927年

蒼空の覇者

  • 1927年当年公開
  • 監督

「極楽島奇譚」「海駈ける猛虎」等と同じくミルトン・シルス氏主演映画で、エリオット・ホワイト・スプリングス氏作の物語をケイリー・ウイルソン氏が脚色し、「霧の裏街」「おお母よ」等と同じくチャールズ・ブレイビン氏が監督したもの。シルス氏の相手女優は新進のモリー・オディ嬢で、アーサー・ストーン氏、ミツチエル・ルイズ氏、ジョージ・フォーセット氏及びヨーラ・ダヴリル嬢が助演している。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ミルトン・シルス モリー・オディ アーサー・ストーン ミッチェル・ルイス

巨人の天地

  • 1927年当年公開
  • 監督

「蒼空の覇者」に続いてチャールズ・ブレイビン氏監督のもとに、製作されたミルトン・シルス氏主演映画で、ピーター・B・カイン氏原作の小説を映画化したものである。相手女優は「鉄腕の男」にシルス氏と共演し最近には「男見るべからず」に出演のシルス夫人たるドリス・ケニヨン嬢で、ジョージ・フォーセット氏、アーサー・ストーン氏、チャールズ・セロン氏、ポール・ハースト氏等が助演している。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ミルトン・シルス ドリス・ケニヨン ジョージ・フォーセット チャールズ・セロン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ブレイビン