TOP > 人物を探す > William H. Brown

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1922年 まで合計6映画作品)

1922年

結婚は失敗か

  • 1922年
  • 出演(The_Chief 役)

未封切の「ふるさとの家」等同様ジェームズ・クルーズ氏の監督作品で、オスカー・ブラメンソール氏グスタヴ・カデルベルグ氏合作の戯曲「開いた扉」 The Open Doorから取ったレオ・ディトリッヒスタイン氏の譚りに更にウォルター・ウッズ氏が映画脚色を行ったものである。ライラ・リー嬢ロイス・ウィルソン嬢ザス・ピッツ嬢・タリー・マーシャル氏アドルフ・マンジュウ氏ウォルター・ハイアース等の例によって素晴らしい顔振れである。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
T・ロイ・バーンズ ライラ・リー ロイス・ウィルソン ウォルター・ハイアース
1921年

海路の日和

  • 1921年
  • 出演(Hodges 役)

「嘘八百の世界」同様ギャレス・ヒューズ氏主演のメトロ映画で、監督がジョージ・D・ベイカー氏、相手役がエセル・グランディン嬢である事も同映画の通りである。パーシヴァル・ワイルド氏の通俗小説を映画化した独特の正喜劇。

監督
ジョージ・D・ベイカー
出演キャスト
ギャレス・ヒューズ エセル・グランディン John C. Seppling Edward Flanagan
1920年

ダンス狂

  • 1920年
  • 出演(Gaines 役)

「仮病八つ当たり」「巨人の谷」等同様パ社ウォーレス・リード氏主演映画で原作はヘンリー・ペイスン・ドウスト氏のサンディ・イーヴニング誌所載の小説。クララ・ケネディ女史が脚色し、「獣牙を脱れし女」同様サム・ウッド氏が監督したものである。相手役はビービー・ダニエルス嬢でその他レイモンド・ハットン氏等共演。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ウォーレス・リード ビービー・ダニエルス レイモンド・ハットン Willis Marks

大幸福

  • 1920年
  • 出演(Watson 役)

パン氏の原作を「コルシカの兄弟」や「美の悲哀」を監督したコーリン・キャンベル氏が監督し、ウィリアム・ファーナム氏の令兄ダスティン氏が2役を演じて居る。氏がロバートスン・コール社に移ってからの第1回作品である。

監督
コリン・キャンベル
出演キャスト
ダスティン・ファーナム キャスリン・アダムス フレッド・マラテスタ ヴァイオレット・スクラム

戦うべき機会

  • 1920年
  • 出演(Major_Bellweather 役)

「暗黒の妖星」の原作者なる米国文豪ロバート・チャムバース氏の同じ名の小説を「海の狼(1920)」等を脚色したウィル・リッチェイ氏が脚色し、「月下の囁き」等の監督者チャールズ・メイン氏が監督した社会劇で、主役は「阿修羅の如くに」「暁の前1時間」等出演のアンナ・ニルスン嬢及び新進のコンラッド・ネーゲル氏である。その他悪役のバートラム・グラスビー氏、ウォーレス・リード氏夫人ドロシー・ダヴェンポート嬢、メトロにいた悪役の名手ハーバート・プライアー氏等が共演している。「各人物の心理的経過を描くに妙を得たチャンバース氏の原作と、俳優の巧妙なる演出によって面白い興味を味わうことができる」と米誌は評している。

監督
チャールズ・メイン
出演キャスト
アンナ・Q・ニルソン コンラッド・ネーゲル クラレンス・バートン ドロシー・ダヴェンポート
1919年

巨人の谷

  • 1919年
  • 出演(Judge_Moore 役)

「海の壮漢」などと同じくピーター・B・カインの原作で、脚色家として令名高きマリオン・フェアファックスの脚色。監督は「山を抜く力」「阿修羅の如くに」「心の冒険」最近では「石油成金」などと同じくジェームズ・クルーズで、こも頃大分紹介されるウォーレス・リード氏主演のパラマウント映画の1つである。相手役は「女の望む物」主演のグレイス・ダーモンド、そのほか素晴らしい顔触れ。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ウォーレス・リード グレイス・ダーモンド Will Brunton チャールズ・オーグル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > William H. Brown