映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ジェームズ・クラフト

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1930年 まで合計21映画作品)

1930年

禁酒天国

  • 1930年当年公開
  • 監督

「岡惚れハリー」「初陣ハリー」のハリー・ラングドンと「西部戦線異状なし」のスリム・サマーヴィル共演映画で、「高速度尖端娘」のエドワード・ラディーと、ヴィン・ムーアとが原作と台詞を書き、ジェローム・ホーウィンが脚色、「海浜狂騒曲」「娘喜べ水兵上陸」のウィリアム・ジェームズ・クラフトが監督した。主演者を助けて、「ハリウッド・レヴュー」のベシー・ラヴ、「結婚行進曲」「硝子箱の処女」のマシュー・ベッツ、ルロイ・メイソン、ミチェル・ルイズ等が出演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ハリー・ラングドン スリム・サマーヴィル ベッシー・ラブ ミッチェル・ルイス

盛り場の大蜘蛛

  • 1930年当年公開
  • 監督

「西部戦線異常なし」に出演して名声を得た舞台名優ジョン・レイ氏主演の第1回作品で、「ストリート・ガール」「グレイト・ガッポ」のベティー・カンプソン嬢と「ストリート・ガール」「焼き餅騒動絹の靴下」のジョン・ハロン氏が相手役を勤め「職業婦人」「曠野の志士」の監督をしたキング・バゴット氏、「摩天楼の巨人」のクロード・アリスター氏、「夢の港」のエドモンド・ブリーズ氏、「某重大事件」のウィルバー・マック氏等が助演している。原作はジーン・タウン氏が筆をとり並びに撮影台本を書いたもので、監督には「娘喜べ水兵上陸」「スキナーの昇給」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が当った。キャメラは「ブロードウェイ(1929)」「ノアの箱船」と同じくハル・モーア氏が担任である。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ジョン・レイ ベティー・カンプソン ジョン・ハロン クロード・アリスター

娘喜べ水兵上陸

  • 1930年当年公開
  • 監督

「美人投売一弗均一」「スキナーの昇給」と同じくグレン・トライオン氏主演、ウィリアム・ジェームズ・クラフト氏監督、C・アラン・ジョーンズ氏撮影になる映画で、シャーマン・ロウ氏の原作を「赤熱のスピード」「スキナーの昇給」のマット・テイラー氏が脚色しアルバート・デモンド氏が台詞を執筆した。相手役はクラフト監督に見出されてデビューするヘレン・ライト嬢で、「薫る河風」「ショウ・ボート(1929)」のオーティス・ハーラン氏、「ギャング・ワー」「夜稼ぎ二人組」のエディ・グリッボン氏、「恋と休暇」「狂言成金」のガートルード・アスター嬢が助演している。発声版7巻、無声版6巻。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン ヘレン・ライト オーティス・ハーラン エディ・グリッボン

貰い児紛失事件

  • 1930年当年公開
  • 監督

「尖端一目惚れ」「恋多き女」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア氏が主演する映画で、フロイド・デル氏とトーマス・ミッチェル氏合作の舞台劇を「僕の幸運日」「飛入り婿君」のグラディス・レーマン女史が脚色し、「娘喜べ水兵上陸」「スキナーの昇給」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督した。助演者は「踊る娘達」「ブロードウェイ・メロディー」のアニタ・ペイジ嬢、「尖端脚化粧」「最後の先駆者」のサリー・ブレーン嬢、「ハニー」のザス・ピッツ嬢、「店曝しの天使」のロスコー・カーンス氏、新進のジョーン・マーシュ嬢、スリム・サマーヴィル氏、アルバート・グラン氏、マートル・ステッドマン嬢等で、キャメラは「恋の行末」「ネル・ギン」のロイ・オヴァボー氏がクランクしている。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア アニタ・ペイジ サリー・ブレーン ザス・ピッツ

流行スコッチ縞

  • 1930年当年公開
  • 監督

コーヘン、ケリー喧嘩物語の一で、最初の「長屋騒動成金物語」のキャストが再び揃ってジョージ・シドニー氏、チャールズ・マレイ氏主演、ヴェラ・ゴードン夫人、ケイト・プライス夫人助演である。監督は「海浜狂騒曲」「娘喜べ水兵上陸」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏で、ジョン・マクダーモット氏が書卸した物語を「娘喜べ水兵上陸」の台詞を執筆したアルバート・デモンド氏が脚色並びに台詞を書いた。撮影は「海浜狂騒曲」「美人投売一弗均一」C・アレン・ジョーンズ氏。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ジョージ・シドニー チャールズ・マレイ ヴェラ・ゴードン ケイト・プライス
1929年

海浜狂騒曲

  • 1929年当年公開
  • 監督

「長屋騒動パリの巻」と同じく例のコーエンとケリー物で、相変らずジョージ・シドニー氏、ヴェラ・ゴードン夫人、ケイト・プライス夫人が出演しているが、ただケリーの役だけが「最後の警告」「紳士は金髪がお好き(1928)」のマック・スウェイン氏に変っている。原作はジャック・タウンリー氏の手になり、それをアール・スネル氏が改作併せて撮影台本を作成した。監督は「美人投売1ドル均一」「南京豆探偵の巻」と同じくウィリアム・ジェームズ・クラフト氏「キット・カーソン」「一夜の秘密」のノラ・レーン嬢・コーネリアス・キーフ氏、トム・ケネディー氏、等も出演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ジョージ・シドニー マック・スウェイン ヴェラ・ゴードン ケイト・プライス

スキナーの昇給

  • 1929年当年公開
  • 監督

「ブロードウェイ(1929)」「がらくた宝島」と同じくマーナ・ケネディ嬢とグレン・トライオン氏が共演する映画で原作は数年前レジノルド・デニー氏が「スキナーの夜会服」として主演したことのあるヘンリー・アーヴィング・ドッジ氏のもの、それをマット・テイラー氏が脚色し「飛入り婿君」「デニーのナポレオン」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏、バー・マッキントッキュ氏、ロイド・ウィトロック氏等が助演してい

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン マーナ・ケネディ E・J・ラトクリフ バー・マッキントッシュ

デニーのナポレオン

  • 1929年当年公開
  • 監督

「飛入り婿君」につぐレジナルド・デニー主演映画で、原作、セリフともデニー氏の創意になるもの、それに基いてアール・スネル氏が撮影台本を作り、「海浜狂騒曲」「飛入り婿君」のウィリアム。ジェー・ラトクリッフ氏、フリッツ・フェルド氏、スルム・サマーヴェル氏、マーガレット・キャンベル嬢等が出演している。キャメラは「赤熱のスピード」「飛入り婿君」のアーサー・L・トッド氏担任。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
レジナルド・デニー ノラ・レーン E・J・ラトクリフ フリッツ・フェルド

飛び入り婿君

  • 1929年当年公開
  • 監督

「僕の幸運日」に次ぐレジノルド・デニイ氏の主演映画で「当たって砕けろ(1929)」のアール・スネル氏の原作からグラディス・レーマン女史とアール・スネル氏が脚色し「南京豆探偵の巻」「海浜狂騒曲」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督したもの。主演者のほかに「ブロードウェイ(1929)」「がらくた宝島」のマーナ・ケネディー嬢「夢の港」「ショーボート」のオディス・ハーラン氏、ウィリアム・オースティン氏、ヴァージニア・セール嬢等が出演している。カメラは「赤熱のスピード」「恋と山羊との話」アーサー・L・トッド氏が担当。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
レジナルド・デニー マーナ・ケネディ オーティス・ハーラン ウィリアム・オースティン

美人投売一ドル均一

  • 1929年当年公開
  • 監督

「南京豆王子」「南京豆探偵の巻」等と同じくグレン・トライオン氏の主演、ウィリアム・ジェー・クラフト氏の監督になる映画である。ヴィン・ムーア氏の原作をジャック・フォーリー氏が脚色した。トライオン氏の対手役は新進のキャスリン・クロフォード嬢で、その他ラッセル・シムプスン氏、ロイド・ウィトロック氏、ジョージ・チャンドラー氏、等も出演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン キャスリン・クロフォード ラッセル・シンプソン ロイド・ウィトロック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ジェームズ・クラフト