映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・シーメルス

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1937年 まで合計14映画作品)

1937年

スイング

  • 1937年当年公開
  • 出演(Chief_of_Police 役)

「春を手さぐる」「姫君海を渡る」と同じくキャロル・ロンバードとフレッド・マクマレイが主演する映画で、監督には「春を手さぐる」「一九三七年の大放送」のミッチェル・ライゼンが当たった。原作はジョージ・マンカー・ウォッタースとアーサー・ホプキンスが合作した戯曲で、「楽天伯爵」のヴアジニア・ヴァン・アップと「ショウ・ボート」のオスカー・ハマースタイン2世が協力脚色した。助演者は「ジャングルの女王」のドロシー・ラムーア、「愛と光」のチャールズ・バターウォース、「鉄人対巨人」のジーン・ディクソン、「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス等である。撮影は「春を手さぐる」「姫君海を渡る」のデッド・テヅラフが担当した。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
キャロル・ロンバード フレッド・マクマレイ チャールズ・バターウォース ジーン・ディクソン
1936年

二国旗の下に

  • 1936年当年公開
  • 出演(Sergeant_Malinas 役)

「モンテカルロの銀行破り」「嵐の三色旗」のロナルド・コール マンが「花嫁の感情」「白い友情」のクローデット・コルベール、「男の敵」「海を嫌う船長」のヴィクター・マクラグレン、「アメリカの機密室」「何が彼をそうさせたか」のロザリンド・ラッセルと共に主演する映画で、ウィーダ作の小説に基づき「ガルシアの伝令」「噫無情」のW・P・リプスコームがウォルター・フェリスと協力脚色し「南海征服」「カヴァルケード」のフランク・ロイドが監督にあたり、「運河のそよ風」「モンテカルロの銀行破り」のアーネスト・パーマーがシドニー・ワグナー以下の協力を得て撮影したもの。助演者は「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフ、「丘の一本松」のナイジェル・ブルース「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダイン、C・ヘンリー・ゴードン、ハーバート・マンディン、オンスロー・スティーヴンス等である。

監督
フランク・ロイド レイモンド・グリフィス オットー・ブラワー
出演キャスト
ロナルド・コールマン クローデット・コルベール ヴィクター・マクラグレン ロザリンド・ラッセル
1935年

最後の駐屯兵

  • 1935年当年公開
  • 出演(Amrak 役)

「盲目の飛行士」「三日姫君」のケーリー・グラント、「情熱なき犯罪」「幻の合唱」のクロード・レインズ、「血と悪魔」「銀鼠流線型」のガートルード・マイケルが共演する映画で、F・ブリテン・オースチンの原作を「盲目の飛行士」のフランク・バートスと「ソプラノ奥様」のチャールズ・ブラッケットが共同して潤色し、「肉弾鬼中隊(1934)」の原作者フィリップ・マクドナルドが脚色し、「ロッキーの怪人」のチャールズ・バートンと復帰したルイ・ガスニエが共同監督し、「生命の雑踏」のテオドル・スパークールが撮影した。なお台詞監督には復帰したマックス・マーシンがヘンリー・C・ポーターと協力して当たった。助演者は「ベンガルの槍騎兵」のキャスリーン・バーク、「帰らぬ船出」のコリン・タップリー、ジェームズン・トーマス、ビリー・ビーヴァン等である。

監督
ルイ・ガスニエ チャールズ・バートン
出演キャスト
ケーリー・グラント ガートルード・マイケル クロード・レインズ Margaret Swope
1933年

キング・ホース

  • 1933年当年公開
  • 出演(Big_Man 役)

名馬レックス号を主役とする映画で、従来女監督だったアール・ヘイリーの監督昇進処女作品である。ジョージ・B・サイツ総指揮の基にアリゾナにロケーションして撮影されたもの。原作は監督ヘイリーが執筆し、フレッド・マイトンが脚色にあたった。レックス号を助けれ牝馬レディー号、悪漢役マーキス号が出演するが、人間の助演俳優は「紐育の仇討」のウィリアム・ジャニー、「処女読本(1932)」のドロシー・アップルビー、「消えゆく国境」のウォーレス・マクドナルド、「地下鉄殺人事件」のハリー・シーメルス等で、キャメラはベンジャミン・H・クラインの担任である。

監督
アール・ヘイリー
出演キャスト
レックス レディ マーキス ウィリアム・ジャニー

戦慄を追う男

  • 1933年当年公開
  • 出演(Norton 役)

「大金鉱」のバック・ジョーンズが主演する活劇で、ハリー・O・ホイトが書き下ろした脚本により「アリゾナ(1931)」のジョージ・B・サイツが監督にあたり、「アメリカの暴露」「ナイトクラブの女」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「突進大飛行船」のドロシー・レヴィアを初め、エドワード・ルサン、フランク・ラルウ、ハリー・トッド等である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
バック・ジョーンズ ドロシー・レヴィア エドワード・ルサン エディ・ケーン
1928年

金髪御用心

  • 1928年当年公開
  • 出演(Portugee_Joe 役)

「激浪の響」「閃弾」等と同じくジョージ・B・サイツ氏の監督作品で、チャールズ・ビーハン氏の原作をドロシー・ホウェル女史が脚色したものである。主役を演ずるのは「特性鉄鋼人形」「三人」等主演のマット・ムーア氏と「閃弾」「サブマリン」等主演のドロシー・レヴィアー嬢との二人で、これを助けて「ラ・ボエーム」「明眸罪あり」のロイ・ダルシー氏を始めとして、ロバート・エディソン氏、ハリー・シーメルス氏、ウォルター・P・ルイス氏等が主演している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ドロシー・レヴィア マット・ムーア ロイ・ダルシー Hazel Howell

処女の唇

  • 1928年当年公開
  • 出演(Patron 役)

チャールズ・ビーハン氏の原作を、ドロシー・ホウェル女史が脚色し、「隼コーラン」「船に打乗り海原さして」等を同じくエルマー・クリフトン氏が監督した映画である。主役は「寝巻」「近代恋愛ごっこ」等主演のオリーヴ・ボーデン嬢で、「五つの魂を持つ女」「黎明の丘(1928)」等主演のジョン・ボールズ氏が相手役を演ずる外、古参者のアーリン・プレティ嬢、「アンニー・ローリー」のリチャード・アレクサンダー氏、アレクサンダー・ギル氏、等も主演する。

監督
エルマー・クリフトン
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ジョン・ボールズ マーシャル・ルース リチャード・アレクサンダー
1925年

プレイボール(1925)

  • 1925年当年公開
  • 出演(Count_Arriola_Segnndo 役)

ニューヨーク巨人軍の監督ジョン・マッグロー氏の原作からフランク・レオン・スミス氏が脚色し永らくジョージ・ビー・サイツ氏の助監督を勤めていたスペンサー・ベネット氏の第1回監督連続映画である。主役は「大競馬王」「秘密の扉」等出演アリーン・レイ嬢と「空中襲撃」「廻り会う迄」等出演のウォルター・ミラー氏とで、「ニューヨークの暗黒街」等出演のハリー・シーメルス氏が悪役を演じる外J・バーニー・シェリー氏メリー・ミルナー嬢等が助演し巨人軍選手連の顔も見える。

監督
スペンサー・ベネット
出演キャスト
アリーン・レイ ウォルター・ミラー J・バーニー・シェリー ハリー・シーメルス
1924年

紐育の魔窟

  • 1924年当年公開
  • 出演(Ivan_Ivancvich 役)

ニューヨーク誌の警視総監たるリチャード・E・エンライト氏が自ら書き下ろした物語に基づき、フランク・レオン・スミス氏が脚色し「大競馬王」「秘密の扉」等に続いてジョージ・B・サイツ氏の監督にした連続活劇で、主役は「法に泣く女」「正邪の岐路」「社交界の怪賊」等出演のジャック・マルホール氏と「恐怖の未来」「縦横無尽」等出演のエドナ・マーフィ嬢である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
エドナ・マーフィ ジャック・マルホール フランク・ラクティーン Frances Landau
1922年

スピードハッチ

  • 1922年当年公開
  • 出演(Jim_Sprague 役)

「ハリケン・ハッチ」「豪傑ハッチ」等と同様パテ社チャールズ・ハッチソン氏主演の連続活劇映画で、前2映画を始め多くの連続映画を監督して名手の定評のあるジョージ・B・サイツ氏が監督した。脚色も其道の達者バートラム・ミルハウザー氏の手になり、相手役は「ハリケン・ハッチ」同様ルシー・フォックス嬢である。(全15篇)

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
チャールズ・ハッチソン ルシー・フォックス ジョン・ウェッブ・ディロン ハリー・シーメルス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・シーメルス