映画-Movie Walker > 人物を探す > エマ・ダン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 2003年 まで合計26映画作品)

2003年

チャップリンの独裁者

  • 2003年7月12日(土)公開
  • 出演(Mrs._Jackel 役)

山高帽・ドタ靴・ステッキ・アヒル歩きのチャップリン・スタイルの最後の作品。撮影はカール・ストラッスとローランド・トセロー。音楽監督はメレディス・ウィルソン。共演者にジャック・オーキー、ポーレット・ゴダード、レジナルド・ガーディナー、ヘンリー・ダニエル、ビリー・ギルバート、チェスター・コンクリほか。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン ヘンリー・ダニエル ジャック・オーキー レジナルド・ガーディナー
1939年

フランケンシュタイン復活

  • 1939年公開
  • 出演(Amelia 役)

フランケンシュタイン続々篇で「ロビンフッドの冒険」「放浪の王者(1938)」のバジル・ラスボーン、「フランケンシュタイン(1931)」「フランケンシュタインの花嫁」のボリス・カーロフ、「魔人ドラキュラ」「黒猫」のベラ・ルゴシが主演し、「3人の仲間」「グレート・ワルツ」のライオネル・アトウィル、「科学者の道」「山の法律」のジョセフィン・ハッチンソンが共演する。製作・監督には「青春問答」「ある雨の午後」のローランド・V・リーが当り、脚本はウイリス・クーパーが書卸したもので、撮影は「青春問答」「スイングの女王」のジョージ・ロビンソンが主宰している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ベイジル・ラスボーン ボリス・カーロフ ベラ・ルゴシ ライオネル・アトウィル
1938年

海国魂

  • 1938年公開
  • 出演(Mrs._Briggs 役)

「我は海の子」「小公子」「腕白時代」に共演したフレディー・バーソロミュウとミッキー・ルーニーが主演する映画で、ブラッドフォード・ローブスがヴァル・バートン及びエンダー・ボームと協力して書卸したストーリーによって「支那海」のジェームズ・ケヴィン・マッギネスが脚色し、「海の若人」「マルクス一番乗り」のサム・ウッドが監督に当り、「海の若人」「15処女街」のジョン・サイツが撮影したもの。助演者は舞台から来たチャールズ・コバーン、「ターザンの逆襲」のハーバート・M、マンディン、「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード少年俳優のテリー・キルバーン、ピーター・ローフォード、ウォルター・テトリー、及びピーター・エリス、「夜は必ず来る」のマッシュウ・ボールトン等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
フレディー・バーソロミュー ミッキー・ルーニー チャールズ・コバーン ハーバート・マンディン

牧童と貴婦人

  • 1938年公開
  • 出演(Ma_Hawk'ns 役)

「マルコ・ポーロの冒険」「青髭8人目の妻」のゲイリー・クーパーと「この三人」「市街戦」のマール・オベロンが主演するサミュエル・ゴールドウィン作品で、原作はレオ・マッケリーとフランク・R・アダムスが協力して書卸し、「恋の挽歌」「嵐の三色旗」の脚色に参与したS・N・ベールマンと「シカゴ」「四人の復讐」のソーニャ・レヴィーンとが協力脚色し、「市街戦」「ホノルル航空隊」のH・C・ポッターが監督に当り「デッド・エンド」「市街戦」のグレッグ・トーアンドが撮影したもの。助演者は「からくり女王」「作家と御婦人」のバッシー・ケリー、「テキサス人」「膝にバンジョウ」のウォルター・ブレナン、「山の法律」「北海の子」のファジー・ナイト、「夜はパリで」のメイベル・トッド、「素晴らしい休日」のヘンリー・コルカー、「黄昏(1938)」のハリー・ダヴェンポート等である。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
ゲイリー・クーパー マール・オベロン パッシー・ケリー ウォルター・ブレナン
1937年

間奏楽

  • 1937年公開
  • 出演(Mrs._Hamilton 役)

「恋の一夜」「歌の翼」と同じくグレイス・ムーアの主演する映画で、「オペラ・ハット」「或る夜の出来事」を脚色したロバート・リスキンがエセル・ヒル、セドリック・ウォース合作のアイディアに基づいて脚本を執筆併せて自ら第一回監督作品として完成したもの。相手役は「結婚の贈物」「暁の爆撃機」のケーリー・グラントで、その他、「噫初恋」のアリーン・マクマホン、、「小公子」のヘンリー・スティーブンソン、「花嫁凱旋」のトーマス・ミッチェル、キャサリン・ドゥセット、ルイ・アルバーニ、等が出演している。撮影は「意気な紐育っ子」「花嫁凱旋」と同じくジョセフ・ウォーカーが担当し、映画中の新曲は「ショーボート」「有頂天時代」のジェローム・カーンが作曲、アンサムブル場面にはラジオ・シティー・ミュージック・ホールのレオン・レオニドフが参興した。

監督
ロバート・リスキン
出演キャスト
グレース・ムーア ケーリー・グラント アリーン・マクマホン ヘンリー・スティーブンソン

大学祭り

  • 1937年公開
  • 出演(Mrs._Smith 役)

「唄う陸戦隊」「陽気な街」のディック・パウエルとジャズ楽壇の雄フレッド・ウェアリングが出演する映画で、ウォーレン・ダフとシッグ・ハージッグとが協力書き下ろし、この二人にさらにジェリー・ウォルドとリチャード・マコーレイが加わって脚色に協力、「大森林」「弾丸か投票か」のウィリアム・ケイリーが監督に当たり、「化石の森」「お姫様大行進」のソル・リポートが撮影した。なおフィナーレのレビュー・シーンはバスビー・バークレー監督、ジョージ・バーンズ撮影になった。助演は映画畑から「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリー、 「陽気な街」のウォルター・カトレット、「踊る37年」のリー・ディクソン等が、ウェアリングのペンシルベニアンズ団から花形のプリシラおよびローズメリーのレイン姉妹、ジョニー・デイヴィス、ポリー・マックリントック、ジョージ・マクファーランド等がそれぞれ腕を競っている。

監督
ウィリアム・ケイリー バスビー・バークレー
出演キャスト
ディック・パウエル フレッド・ウェアリング テッド・ヒーリー プリシラ・レーン
1935年

ガラスの鍵(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Mom 役)

「ルムバ」「ボレロ」のジョージ・ラフトが主演する映画で、「影無き男(1934)」のダシール・ハメット作の小説に基づき「流行の王様」のキャスリン・スコラと「ボレロ」のキュベック・グラスモンが協力して脚色し、「ローマ太平記」「わが胸は高鳴る」のフランク・タトルが監督に当たり、「風の接吻」「かぼちゃ大当たり」のヘンリー・シャープが撮影したもの。助演者は「三日姫君」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・アーノルドを始め、「夫の日記」のクレア・ドッド、「輝ける百合」のレイ・ミランド、新進ロザリンド・キース、「地下街」のロバート・グレックラー、チャールズ・リッチマン、グィン・ウィリアムス等の面々である。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ジョージ・ラフト エドワード・アーノルド クレア・ドッド ロザリンド・キース

ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス

  • 1935年公開
  • 出演(Aunt_Jane 役)

「乾杯の唄」と同じくジョージ・ホワイトが原案監督出演した音楽映画で、脚色には「乾杯の唄」の台詞を書いたジャック・イェレンがパターソン・マクナットと協力して任じている。ダンス振り付けもほわいと自ら当たり、撮影は「乾杯の唄」「世界は動く」のジョージ・シュナイダーマンが担任した。出演者は「乾杯の唄」のアリス・フェイ及びクリフ・エドワーズ、「輝く瞳」のジェームズ・ダン、「カレッジ・リズム」のリダ・ロバーティ、「彼女の家出」のネッド・スパークス、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、「モンタナの月」のベニー・ルービン、タップ・ダンサーのエリナー・パウエル等が主なる顔触れである。

監督
ジョージ・ホワイト
出演キャスト
アリス・フェイ ジェームズ・ダン ネッド・スパークス リダ・ロバーティ

小さい親分

  • 1935年公開
  • 出演(Matron 役)

ワーナーが発見した新子役シビル・ジェーソンのデビュー映画で、「海賊ブラッド」「黒地獄」のマイケル・カーティズが監督に当たった。ハリスン・ジェコブスの原作を「スイート・ミュージック」に参与したジェリー・ウォルドがジュリアス・J・エプスタイン及びロバート・ハーディ・アンドリュースと協力して脚色した。撮影は「支那ランプの石油」「国境の町」のトニー・ゴーディオの担任。助演は「Gメン」のロバート・アームストロング、「彼の第六感」のグレンダ・ファレル、「メリイ・ウイドウ(1934)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「ケンネル殺人事件」のジャック・ラルー、「黒地獄」のJ・キャロル・ナイシュ、その他である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
シビル・ジェーソン グレンダ・ファレル ロバート・アームストロング エドワード・エヴァレット・ホートン

二つの顔(1935)

  • 1935年公開
  • 出演(Sheila's_Mother 役)

「男の敵」「Gウーマン」のウォーレス・フォード、「バーバリー・コースト」「Gウーマン」のブライアン・ドンレヴィを初め、「喧嘩友達」のフィリス・ブルックス「トップ・ハット」のエリック・ローズ、「小牧師(1934)」のアラン・ヘール、「雁(かりがね)」のモリー・ラモント、新顔のアディスン・ランドール、ポール・スタントン等が共演する映画で、レイ・メイヤーとトーマス・J・デューガンが書き卸し、「愛の弾丸」のジョン・ツウィストがギャレット・グレアムと共同脚色し、「海軍士官候補生(1925)」のクリスティー・キャバンヌが監督に当たり、「ロイドの大勝利」のジャック・マッケンジーが撮影したもの。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ウォーレス・フォード ブライアン・ドンレヴィ フィリス・ブルックス エリック・ローズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エマ・ダン