映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ペリン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1923年 まで合計10映画作品)

1923年

女優メリー

  • 1923年当年公開
  • 出演(Jack 役)

各社で俳優生活の映画を作るのが流行した際コラムビア社が製作したもので、スクリーン・スナップショットの製作者ルイズ・ルインとジャック・コーンとが協力して原作を書き製作を指揮し、「悪魔と処女」等と同じくジョン・マクダーモットが監督した。主役は無名の女優マリオン・マックで、クレイトン・ヘール、フランシス・マクドナルド、ジャック・ペリン、監督マクダーモット、等が共演する。その他例によって数十名のスターや監督が顔を見せる。ファンにとってことに面白い作品である。

監督
ジョン・マクダーモット
出演キャスト
マリオン・マック Harry Cornelli John Geough レイモンド・キャノン
1922年

可愛い悪魔(1922 Badger)

  • 1922年当年公開
  • 出演(kenneth_Graham 役)

ミルドレッド・コンシダインの原作を、ドリス・シュローダーが脚色し、「紐育踊子」を監督したクラレンス・G・バッジャーが監督したマリー・プレヴォー劇で、「野に咲く花」のロバート・エリスや、「巴里の驚異」のジャック・ペリンが出演する。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
マリー・プレヴォー ジャック・ペリン ロバート・エリス Anderson Smith

旅芸人の群

  • 1922年当年公開
  • 出演(Herman_Jenks 役)

A・P・ヤンガーの原作および脚色を、グラディス・ウォルトンが主演し、グレイディスの初期作品を多く監督したハリー・B・ハーリスが監督せるもので、対手役は「鉄拳娘」「天空の女」などと同じくジャック・ペリンである。そのほかキャスリーン・オコンナー、メアリー・フィルビン、トーマス・ホールディングなど珍しい顔ぶれである。

監督
ハリー・B・ハーリス
出演キャスト
グラディス・ウォルトン ジャック・ペリン トーマス・ホールディング キャスリーン・オコンナー

鉄拳娘

  • 1922年当年公開
  • 出演(Tom_Gilroy 役)

「月光の夢」の作者パーシヴァル・ワイルドの原作をウォーレス・クリフトンが脚色し、メトロにいてバァイオラ・ダナの映画などを監督していたダラス・M・フィッツジェラルドがユ社入社後第1回作品として監督したもの。主役は「灯台は燦く」が最近紹介されたグラディス・ウォルトンである。相手は「天空の女」の時と同じくジャック・ペリンである。そのほか「慓悍な若者」に出たウォルター・ペリーとカーメン・フィリップスらが相手役に出演する。

監督
ダラス・M・フィッツジェラルド
出演キャスト
グラディス・ウォルトン ウォルター・ペリー ケイト・プライス ジャック・ペリン
1921年

海底の陰謀

  • 1921年当年公開
  • 出演(Bradley_Nickerson 役)

「扉の泉」「水を潜って」等の監督者たるアーヴィン・V・ウィラット氏が得意の海上物として監督したホドキンスン映画でジョセフ・リンカーン氏の同名の小説をL・V・ジェファースン氏が脚色した。主役はユ社連続等で知られたジャック・ペリン氏である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ジャック・ペリン Marion Faducha Gordon Mullen デイジー・ロビンソン

急潭

  • 1921年当年公開
  • 出演(Lieut._Paul_Mack 役)

ジェーン・ノヴァック嬢の妹であり、「美しき女賊」で初めてスターに昇進したエヴァ・ノヴァク嬢の第2回作品で、「灰色の幽霊」等の監督者スチュアート・ペイトン氏が得意の活劇的手腕を用いて監督している。相手はL・C・シャムウェイ氏とジャック・ペリン氏とである。

監督
スチュアート・ペイトン
出演キャスト
エヴァ・ノヴァク Oleta Otis ジャック・ペリン L・C・シャムウェイ

結婚破壊業

  • 1921年当年公開
  • 出演(Thomas_Buler_Jr. 役)

「牡丹刷毛」「妙な世の中」等同様メトロ社ヴァイオラ・ダナ主演映画で、「妙な世の中」やユ社映画「薄氷を踏む女」「鉄拳娘」其他を監督したダラス・M・フィッツジェラルド氏の監督。メタ・ホワイト女史の原作をアーサー・ゼルナー氏が脚色した。相手役はユ社連続等でお馴染みのジャック・ペリン氏。喜劇である。

監督
ダラス・M・フィッツジェラルド
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ ジャック・ペリン Edward Jobson Julia Calhoun

巴里の驚異

  • 1921年当年公開
  • 出演(Gordon_Talbot 役)

「鉄槌を揮って」の主役として始めて紹介されたデュポンの第2回目のユ社映画で、監督はジャック・コンウェイである。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ミス・デュポン ジャック・ペリン エリノア・ハンコック ラムゼイ・ウォーレス
1920年

ラホマ

  • 1920年当年公開
  • 出演(Will_Conpton 役)

ジョン・ブレックンリッジ・エリス氏原作の有名なる小説を脚色したもので、エドガー・ルイス氏独立後の作品である。ピーチェス・ジャクソン嬢が5歳の時のラホマに、ルイス・バーナム嬢が成長せるラホマにそれぞれ扮している。ラッセル・シンプソン氏、ジャック・ペリン氏等が男優側の主だった人々である。しかしこの映画はルイス氏の方針としてスターたる俳優はないのである。雄大なる西部の気分を味わうべき代表的な作品であろう。

監督
エドガー・ルイス
出演キャスト
ピーチェス・ジャクソン ルイーズ・バーナム ウェード・ボトラー Lurline Lyons
1919年

トトン

  • 1919年当年公開
  • 出演(Carew 役)

最近フランスに於て水銀中毒で死んだと報ぜられた「光栄ある婦人」の主役オリーヴ・トーマス嬢がセルズニックに移る前、トライアングルで撮した人情劇で、「モルモンの少女」でトムに扮し、「神の鉄槌」を監督したフランク・ボーゼージ氏の監督である。「桃色の女」出演のノーマン・ケリー氏や、ユ社映画で御馴染のフランシス・マックドナルド氏、ジャック・ペリン氏等の共演で、「コルシカの兄弟」を脚色するカスリン・カー女史が原作である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
オリーヴ・トーマス ノーマン・ケリー ジャック・ペリン フランシス・マクドナルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ペリン