映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーン・ミューア

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1951年 まで合計11映画作品)

1951年

荒原の征服者

  • 1951年1月15日(月)公開
  • 原案

サタデイ・イヴニング・ポスト誌所載のジーン・ミューアの原作にヒントを得て、「銀嶺セレナーデ」のアート・アーサーと、女流ライターのリリー・ヘイワードが脚色し、「ブラジル」の製作者アルバート・S・ロージェルが製作・監督に当たったシネカラーによる色彩版で、撮影はジョン・W・ボイル、音楽はポール・ソーテルである。「虚栄の花」「婿探し千万弗」のジョーン・レスリー、「オマハ街道」のジェームズ・クレイグ、「独裁者」のジャック・オーキー以下、「オマハ街道」のチル・ウィルス、「紳士協定」のヴィクター・キリアン、「サラトガ本線」のレーン・チャンドラー、スタンリー・アンドリュース、レイ・ベネットが出演する1948年度作品。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ジョーン・レスリー ジェームズ・クレイグ ジャック・オーキー チル・ウィルス
1947年

永遠の処女

  • 1947年3月公開
  • 出演(Kate_Sanger 役)

原作は英国の作家マーガレット・ケネディの小説。「トレスパッサー」「悪魔の日曜日」「月世界征服(1931)」「晩春」「グランド・ホテル」等のエドモンド・グールディングの監督作品。「レベッカ」「断崖」のジョーン・フォンテーンと「征服」「肉体と幻想」「運命の饗宴」等のシャルル・ボワイエが主演し、助演には「アメリカ交響楽」の新人アレクシス・スミス、「キングス・ロウ」のチャールズ・コバーンその他ピーター・ローレ、ディム・メイ・ホイッティ、ジーン・ミューアらが出ている。1943年度作品。

監督
エドモンド・グールディング
出演キャスト
シャルル・ボワイエ ジョーン・フォンテーン アレクシス・スミス ブレンダ・マーシャル
1936年

白牙(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Sylvia_Burgess 役)

「野生の叫び」の姉妹編たるジャック・ロンドン作小説の映画で、「テンプルの福の神」「五ツ児誕生」のマイケル・ウェーレンと「真夏の夜の夢」「最初の接吻」のジーン・ミューアが主演する。脚色は「ガルシアの伝令」のジーン・ファウラーと「シュヴァリエの巴里っ子」のハル・ロングがS・G・ダンカンと協力してあたり、「テンプルの灯台守」「テンプルの愛国者」のデビィッド・パトラーが監督し、「可愛いオディ」のアーサー・ミラーが撮影した。助演者は「運河のそよ風」のスリム・サマーヴィル、「ショウボート(1936)」のチャールズ・ウィニンジャー、「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダイン、「テンプルの福の神」のジェーン・ダーウェル、トーマス・ベック、犬のライトニング等である。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
マイケル・ウェーレン ジーン・ミューア スリム・サマーヴィル チャールズ・ウィニンジャー

真夏の夜の夢(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Helena 役)

シェークスピアの傑作夢幻劇の映画化で、ドイツ劇団第一の演出家といわれたマックス・ラインハルトが映画処女作品として製作したもの。脚色は「夫の日記」のチャールズ・ケニヨンが「最初の接吻」のメエリーマッコール・ジューニアと協力し、監督にはラインハルトを助けて「流行の王様」「暁の砂漠」のウィリアム・ディーターレが当たった。出演者は「シスコ・キッド(1935)」のジェームズ・キャグニー、「ブラウンの千両役者」のジョー・E・ブラウン、「春の夜明け」のディック・パウエル、「最初の接吻」のジーン・ミューア、「水曜日の恋」のヴィクター・ジョリー、「頑張れキャグニー」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、ヒュー・ハーバート、アニタ・ルイズ、フランク・マクヒュー、ロス・アレクサンダー、アイアン・ハンター、ミッキー・ルーニー、ヴェリー・ティーズデール等の面々で、撮影は「水曜日の恋」のハル・モーアが主任である。音楽はメンデルスゾーンの原曲をエリック・ウォルフガング・コーンゴールドが編曲し、バレーはブロニスロワ・ニジンスカがニナ・テイラードの協力を得て按舞した。

監督
マックス・ラインハルト ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ディック・パウエル ジョー・E・ブラウン ジーン・ミューア
1935年

支那ランプの石油

  • 1935年当年公開
  • 出演(Alice 役)

アリス・ティスデール・ホバート作の同名小説の映画化で、「ヘル・ビロウ」のレアード・ドイルが脚色し「春の夜明け」と同じくマーヴィン・ルロイが監督、トニー・ゴーディオが撮影したもの。出演者は「太平洋攻防船」のパット・オブライエン、「春の夜明け」のジョセフィン・ハッチンスン、「最初の接吻」のジーン・ミューア、「灼熱のタイヤ」のライル・タルボット、「春なき二万年」のアーサー・バイロン、「お姫様大行進」のジョン・エルドレッジ、駒井哲等。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
パット・オブライエン ジョセフィン・ハッチンスン ジーン・ミューア ジョン・エルドレッジ
1934年

愛の岐路

  • 1934年当年公開
  • 出演(Mary 役)

「五十六番街の家」「女性二重奏」のケイ・フランシスが主演する映画で、ポーランドの女流作家マリア・マルツォヴィッツ・スツェブコウスカ作の戯曲に基づいて「吾れは愛せり」のチャールズ・ケニヨンが脚色し「夫の日記」「女囚の意気地」のウィリアム・ケイリーが監督に当たり、「泥酔夢」「四十二番街」のソル・ポリートが撮影した。主役フランシスを助けて「クレオパトラ(1934)」「有閑火遊び」のウォーレン・ウィリアム、「今日の男性」「ブラウンの爆裂珍艦隊」のジーン・ミューア及び「今日の男性」「羅馬太平記」のヴェリー・ティーズデール、「白蛾」のフィリップ・リード、「ブラウンの本塁打」のエマ・ダン等が助演している。

監督
ウィリアム・ケイリー
出演キャスト
ケイ・フランシス ウォーレン・ウィリアム ジーン・ミューア ヴェリー・ティーズデール

今日の男性

  • 1934年当年公開
  • 出演(Joanna 役)

「餓ゆるアメリカ」「異人種の争闘」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ルイ・ブロスフィールドの原作を「真夜中の処女」「紅唇罪あり」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同脚色し、「ドン・キホーテ」「三文オペラ」のG・W・パプストが渡米第1回作品として監督にあたり、「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「世界は還る」のジーン・ミューア、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール及びドロシー・バージェス、「彼の第六感」のホバート・カヴァナ、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、「紅唇罪あり」のアーサー・ホール、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッジ等である。

監督
G・W・パブスト
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジーン・ミューア マージョリー・ランボー ヴェリー・ティーズデール

最初の接吻

  • 1934年当年公開
  • 出演(Lois_Johnson 役)

「相寄る魂」「地獄の市長」のアーチー・L・メイヨが監督に当たった映画で、「世界は還る」「今日の男性」のジーン・ミューア、「四十二番街」「母」のジョージ・ブレント、「流行の王様」「今日の男性」のヴェリー・ティーズデールが共演するもの。原作にはメアリー・マッコール・ジュニアが書き脚色にも自ら当たった。撮影は「夫の日記」「五十六番街の家」のアーネスト・ホーラーの担当である。助演者は「五十六番街の家」「猫目石怪事件」のジョン・ハリデイ「ジンギスカンの側面」のチャールズ・スターレット、新人ジョーン・ウィラー、「スター悩殺」のラッセル・ホプトン、アーサー・エイルスワース、ヴァージニア・ハモンド等である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ジーン・ミューア ジョージ・ブレント ヴェリー・ティーズデール チャールズ・スターレット

生活と恋愛

  • 1934年当年公開
  • 出演(Trudy_Talbot 役)

「南風」「ベンガルの槍騎兵」のフランチョット・トーンが主役を勤める映画で「若き血に燃ゆる頃」の脚色者ロバート・リー・ジョンスンが書き下ろした物語を「殺人鬼と光線」のユージーン・ソロウと共同して脚色し「吾れは愛せり」「紅唇罪あり」と同じくアルフレッド・E・グリーンが監督に、ジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影に当たった。トーンをめぐって「最初の接吻」「今日の男性」のジーン・ミューア、「五十六番街の家」のマーガレット・リンゼイ、「雲とつばさ」のアン・ヴォーザーク及びロバート・ライト「お姫様大行進」のロス・アレクサンダー、「歓呼の嵐」のディック・フォーラン、「麦秋」のアディスン・リチャーズ、チャールズ・スターレット、ラッセル・ヒックス、ヘンリー・オニール等が出演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
フランチョット・トーン ジーン・ミューア マーガレット・リンゼイ アン・ヴォーザーク
1933年

世界は還る

  • 1933年当年公開
  • 出演(Selma_II 役)

「仮面の米国」と同じくマーヴィン・ルロイが監督に当たったポール・ムニ主演映画でシェリダン・ギブニー作の小説「アメリカは危うく」に基づいて「地獄の市長」「戦線の嵐」のエドワード・チョドロフが脚色したもの。撮影は「凡その人生」のトニー・ゴーディオの担任。助演者は「餓ゆるアメリカ」のアリーン・マクマホン、「ケンネル殺人事件」のメアリー・アスター、「紅唇罪あり」のドナルド・クック、舞台から来た新人ジーン・ミューア、「戦線の嵐」のマーガレット・リンゼイ、「舗道の三人女」のパトリシア・エリスその他である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ポール・ムニ アリーン・マクマホン メアリー・アスター ドナルド・クック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーン・ミューア