TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・コートマン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1934年 まで合計7映画作品)

1934年

海底十六尋

  • 1934年
  • 出演(Cimos 役)

「幸運の悪魔」「熱血撮影隊」のクレイトン・チェニーが「餓鬼娘」「時計の殺人」のサリー・オニールと共に主演する映画で、エースタス・L・アダムス作の大衆小説をA・B・バリンジャーが改作し、ノーマン・ヒューストンが脚色し、「荒原の覇者」のアーマンド・シェーファーが監督に当り、「砂漠の遺産」のアーチー・スタウトが撮影している。助演者は「霧笛の波止場」のモーリス・ブラック、「海の荒鷲(1933)」のジョージ・レガス、ジャック・ケネディー、ロイド・イングレアム其他である。

監督
アーマンド・シェーファー
出演キャスト
サリー・オニール クレイトン・チェニー ジョージ・レガス モーリス・ブラック
1933年

闘技場の王者

  • 1933年
  • 出演(Bargoff 役)

「悍馬征服」等に主演したケン・メイナードが再びユ社を通じて提供する第1回主演西部劇で、メイナード映画を監督しているアラン・ジェームズが監督に当たった。原作はハル・バーガーとレイ・ラウクが共同執筆し、脚色と台詞には監督ジェームズが自ら任じている。撮影は最近ジョン・ウェイン西部劇をクランクしていたテッド・マッコードの担任。助演者は連続映画「空中怪盗団」「冒険島」のルシル・ブラウン、「獣人島」のロバート・コートマン、「闘う隊商」のジェームズ・マーカス、「異国の母」のフランク・ライス、マイケル・ヴィサロフ、ジャック・モワー等。

監督
アラン・ジェームズ
出演キャスト
ケン・メイナード ルシル・ブラウン ジョン・セント・ポリス ロバート・コートマン

獣人島

  • 1933年
  • 出演(Hogan 役)

英国文壇の泰斗、H・G・ウェルズの小説「モロー博士の島」を映画化したもので、「暴君ネロ(1932)」「今晩愛して頂戴ナ」のウォルデマー・ヤングがフィリップ・ワイリーと共同して脚色し、「謎の真空管」「ラスト・パレイド」のアール・C・ケントンが監督に当たり、「暴君ネロ(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスが撮影したもの。主なる出演俳優は「暴君ネロ(1932)」「悪魔と深海」のチャールズ・ロートン、「空の花嫁」「謎の真空管」のリチャード・アーレン、「ラジオは笑う」「メリケン押切帳」のリーラ・ハイアムス、「魔人ドラキュラ」のベラ・ルゴシ及び数多の候補者中から選ばれた「豹女」役を勤めるキャスリーン・バークで、「暴君ネロ(1932)」のアーサー・ホール、「シマロン(1931)」のスタンリー・フィールズ、駒井哲、ポール・ハースト、ジョージ・アーヴィング等が助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
チャールズ・ロートン ベラ・ルゴシ リチャード・アーレン リーラ・ハイアムス

荒原の覇者(1933)

  • 1933年
  • 出演(Tim_McPherson 役)

「高原強襲隊」と同じくトム・ミックス主演西部劇でグラント・テイラーが書いたストーリーに基づき、「高原強襲隊」「熱砂の騎士」のジャック・カニンガムが脚色し、新監督アーマンド・シェーファーが監督に当り、例によってダニエル・B・クラークが撮影したものである。相手役は無名より抜擢されたナオミ・ジャッジが勤め「西部鉄拳王」「高原強襲隊」のレイモンド・ハットン、フランシス・マクドナルド、アーサー・ランキン、ジョン・セント・ポリス、ハリー・テンブルック等が助演している。

監督
アーマンド・シェーファー
出演キャスト
トム・ミックス ナオミ・ジャッジ アーサー・ランキン レイモンド・ハットン
1931年

二十四時間

  • 1931年
  • 出演(Dave-the-Slapper 役)

ルイス・ブロムフィールドが筆をとった小説で、ウィリアム・C・レングルとルウ・レヴェンソン両氏によって舞台にも上演された物語を映画化したもので、脚色は「特集社会面」の原作者ルイス・ウィツェンコーン、監督者は「失われた抱擁」のマリオン・ガーリング。主なる出演者は「女性に捧ぐ」「心を汚されし女」のクライヴ・ブルック、「影を売る男」「赤新聞」のケイ・フランシス、「陽気な中尉さん」のミリアム・ホプキンス、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「陽気な中尉さん」のジョルジュ・パルピエ、エイドリアン・エイムス、マイナー・ワトソン等でカメラは「無冠の帝王」「戦争」のアーネスト・ホーラーが担当している。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
クライヴ・ブルック ケイ・フランシス ミリアム・ホプキンス レジス・トゥーミー
1927年

血戦

  • 1927年
  • 出演(Calson 役)

「最後の乱闘」「断崖の侠皃」と同じくバック・ジョーンズ氏主演の西部活劇で、アデール・バフィントン女史の原作を、ポール・ギャンゼリン氏が脚色し、レイ・フリン氏が監督した。ジョーンズ氏の対手役は「ボクシング修羅王」のキャサリン・ペリー嬢で、ラリー・デイヴィッドソン氏その他が助演する。

監督
レイ・フリン
出演キャスト
バック・ジョーンズ キャサリン・ペリー ラリー・デイヴィッドソン ロバート・コートマン
1920年

太洋の鬼

  • 1920年
  • 出演(Spies 役)

「ジュビロー」「醒めよ若者」等の原作者ベン・エイムス・ウィリアムス氏の「ブラック・ポール」Black PawlをJ・G・ホークス氏が脚色し、ゴールドウィンで永らく監督をしているレジナルド・バーカー氏が監督した特作映画で、海上を背景とした活劇である。ブラック・ポールという帆船の船長で神を信じない男がついに神を信じるに至るまでの経路を描いたもので、「ラホマ」や「赤熱の刻印」に主演したラッセル・シンプソン氏がその船長に扮している。その他ヘレン・チャドウィック嬢やジョン・ボワーズ氏が出演している。ニュース誌は血惨い不愉快極まる劇筋でほとんど賞賛すべき個所もなく字幕のみ多くして活劇が少ないと酷評を与えている。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ラッセル・シンプソン ジェームズ・メイソン フランキー・リー ジョン・ボワーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・コートマン

ムービーウォーカー 上へ戻る