映画-Movie Walker > 人物を探す > イヴォ・ガラーニ

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2004年 まで合計13映画作品)

2004年

山猫(イタリア語・完全復元版)

伊の名匠ルキノ・ビスコンティの代表作を、ニュープリントで上映。19世紀末、統一戦争に揺れるイタリアを舞台に、貴族階級の盛衰と時代の推移を描く一大叙事詩だ。

監督
ルキノ・ヴィスコンティ
出演キャスト
バート・ランカスター アラン・ドロン クラウディア・カルディナーレ パオロ・ストッパ
1971年

山いぬ

  • 1971年6月1日(火)公開
  • 出演(Mardo 役)

新国家体制にはなったが封建的土地所有関係が残るシシリーを舞台に土地権力者に土地と父を奪われた若者の復讐を軸に、シシリーの風俗、習慣、民族を描くアクション社会劇。製作は「ワーテルロー(1970)」のディノ・デ・ラウレンティス、監督は「汚れた英雄」「ミラノの銀行強盗」のカルロ・リッツァーニ、ジョヴァンニ・ヴェルガの小説「グラミニアの情婦」をリッツァーニとウーゴ・ピッロが脚色、撮影はシルヴァーノ・イッポリティ、音楽はオテロ・プロファツィオ、編集をフランコ・フラティチェリが各々担当。出演は「東風」「仁義」のジャン・マリア・ヴォロンテ、「イタリア式クライマックス」のステファニア・サンドレッリ・「ヨーロッパの解放」のイヴォ・ガラーニ、「デボラの甘い肉体」のルイジ・ピスティリなど。

監督
カルロ・リッツァーニ
出演キャスト
ジャン・マリア・ヴォロンテ ステファニア・サンドレッリ イヴォ・ガラーニ ルイジ・ピスティリ
1970年

ヨーロッパの解放 1

  • 1970年7月11日公開
  • 出演(Mussolini 役)

第二次世界大戦の全貌を、厖大な物量を投じて描いた作品。全体は五部からなっており、今回は第一部〈クルスク大戦軍戦〉、第二部〈ドニエプル渡河大作戦〉をいっきょ上映。監督はユーリー・オーゼロフ、次席監督はユーリー・クン、脚本は、ジニーコフ元帥の回願録とロコソフスキー元帥の手記をもとに、ユーリー・ボンダリョフ、オスカル・クルガーノフ、ユーリー・オーゼロフが共同執筆。撮影はイーゴリ・スラブネビッチ、美術はアレクサンドル・ミヤーフコフ、音楽はユーリー・レヴィティンがそれぞれ担当。出演は、ソ連劇団の新人ニコライ・オリャーリン、フセヴォロド・サナエフ、「サルタン王物語」のラリーサ・ゴルーブキナ、ユーリー・カモールヌイ、「カラマーゾフの兄弟」のミハイル・ウリヤーノフ、ウラッドレン・ダビードフ、ブフティ・ザカリアーゼ、フリッツ・ディーツ、スタニスラフ・ヤシュキェヴィッチ、Y・ドゥーロフ、「残虐の掟」のイヴォ・ガラーニ、バルバラ・ブリルスカ、ダニエル・オルブリフスキ、Y・ブレンコフなど。カラー、七〇ミリ。

監督
ユーリー・オーゼロフ
出演キャスト
ニコライ・オリャーリン フセヴォロド・サナエフ ラリーサ・ゴルーブキナ ユーリー・カモールヌイ
1969年

残虐の掟

  • 1969年5月27日公開
  • 出演(Scevola 役)

英国の作家ジョゼフ・コンラッドの小説を「夕陽のガンマン」のルチアーノ・ヴィンセンツォーニと「悪のシンフォニー」のジョー・アィシンジャーが脚色、「うたかたの恋」のテレンス・ヤングが監督した冒険活劇。なお、戦闘シーンをフランコ・ファンタジアが担当。撮影は「イタリア式離婚狂想曲」のレオニダ・バルボーニ、音楽を「アルデンヌの戦い」のコンビ、エンニオ・モリコーネとブルーノ・ニコライがあたっている。出演は「栄光の座」のアンソニー・クイン、「長い船団」のロザンナ・スキャッフィーノ・「悪のシンフォニー」のリタ・へイワース、他にリチャード・ジョンソン、イヴォ・ガラーニなど。製作は「アポロンの地獄」のアルフレド・ビニ、総指揮は「太平洋の地獄」のセリッグ・J・セリッグマン。

監督
テレンス・ヤング
出演キャスト
アンソニー・クイン ロザンナ・スキャフィーノ リタ・ヘイワース リチャード・ジョンソン
1964年

山猫

伊・シシリー島(シチリア島)のジュゼッペ・ディ・ランペドゥーサの小説The Leopar(イタリア・ストレガ賞受賞)を、「ソドムとゴモラ」の製作者ゴッフレード・ロンバルドが製作、「ボッカチオ'70」のルキノ・ヴィスコンティが監督、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、エンリコ・メディオーリ、マッシモ・フランシオーサの四人が脚本を執筆。音楽は「道」のニーノ・ロータ、「若者のすべて」のジュゼッペ・ロトゥンノが撮影を担当した。出演者は「終身犯」のバート・ランカスター、「地下室のメロディー」のアラン・ドロン、「ビアンカ」のクラウディア・カルディナーレ、「夏の嵐」のリナ・モレリ、「若者のすべて」のパオロ・ストッパなど。2016年5月、4K素材で劇場上映される(配給:クレストインターナショナル)。

監督
ルキノ・ヴィスコンティ
出演キャスト
バート・ランカスター アラン・ドロン クラウディア・カルディナーレ パオロ・ストッパ
1963年

前進か死か

  • 1963年5月18日公開
  • 出演(Col. Dionne 役)

「暗殺命令」のジュゼッペ・マンジョーネ、「危険なデイト」のミーノ・ゲリーニ、「大襲撃」のミルトン・クリムス、アルトゥロ・トファネリ、ウィリアム・デンビーの五人が脚本を執筆し「最後の戦線」のフランク・ヴィスバールが監督した戦争映画。撮影はセシリオ・パニアグア、音楽は「生きる歓び」のアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノ。出演者は「放浪の剣豪」のスチュワート・グレンジャー、ドリアン・グレイ、マウリツィオ・アレーナ、イヴォ・ガラーニなど。

監督
フランク・ヴィスバール
出演キャスト
スチュワート・グレンジャー ドリアン・グレイ マウリツィオ・アレーナ イヴォ・ガラーニ

闘将スパルタカス

  • 1963年2月21日公開
  • 出演(Caesar 役)

アドリアーノ・ボルツォーニの原作から彼とブルーノ・コルブッチ、ジョヴァンニ・グリマルディが脚色し、「あなたも私もキスする」の脚本を書いたセルジオ・コルブッチが監督した古代活劇。撮影はエンツォ・バルボーニ、音楽は「ビアンカ」のピエロ・ピッチオーニである。出演者は「快傑白魔」のスティーヴ・リーヴス、「アドリアの女海賊」のジャンナ・マリア・カナーレ、「ローマの恋」のジャック・セルナス、クラウディオ・ゴーラなど。製作はフランコ・パラッジ。

監督
セルジオ・コルブッチ
出演キャスト
スティーヴ・リーヴス ジャック・セルナス ジャンナ・マリア・カナーレ クラウディオ・ゴーラ
1961年

血ぬられた墓標

  • 1961年公開
  • 出演(Princess's_lover 役)

ニコライ・ゴーゴリの短篇小説をもとにイタリヤのエンニオ・デ・コンチーニとマリオ・バーバが執筆したシナリオを、キャメラマン出身のマリオ・バーバが監督した怪奇ドラマ。撮影もマリオ・バーバが自身で担当。音楽をレス・バクスターが受けもっている。出演するのはバーバラ・スチール、ジョン・リチャードスン、イヴォ・ガラニ、アンドレア・チェッキ、アルトゥーロ・ドミニコ、クララ・バンディなど。

監督
マリオ・バーヴァ
出演キャスト
バーバラ・スティール ジョン・リチャードソン イヴォ・ガラーニ アンドレア・ケッキ

海賊の王者

  • 1961年4月15日公開
  • 出演(Conception 役)

「タンガニイカ」のアンドレ・ド・トスが監督した海賊スペクタクル。フィリッポ・サンジェストとアンドレ・ド・トス、それにプリモ・ゼリオの3人が脚本を担当。撮影にはトニーノ・デリ・コリが当った。音楽を受け持ったのはフランコ・マンニーノ。イタリアで作られたアメリカ資本作品。出演するのは「快傑白魔」のスティーヴ・リーヴス、「フランス女性と恋愛」のバレリー・ラグランジュなど。製作ジョセフ・E・レヴィン。

監督
アンドレ・ド・トス
出演キャスト
スティーヴ・リーヴス バレリー・ラグランジュ チェロ・アロンソ Armondo Mestral
1960年

マラソンの戦い

  • 1960年公開
  • 出演(Cruso 役)

イタリアで撮影されたスペクタクル史劇。「裸のマヤ」のティタヌス・プロと「ヘラクレス」のガラティア・プロがルックス・フィルムとともにM・G・Mのため共同で製作した。監督は「法律なき町」などのジャック・ターナー。脚本は「カルタゴ」のエンニオ・デ・コンチーニ、製作者のブルーノ・バイラーティ、オーガスト・フラッシネッティの3人の共同。撮影は「ヘラクレスの逆襲」のマリオ・バーバ。音楽は「壮烈鬼部隊」のロベルト・ニコロージ。出演は「蛮族の恐怖」のスティーヴ・リーヴス、「上と下」のミレーヌ・ドモンジョのほか、ダニエラ・ロッカら。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
スティーヴ・リーヴス ミレーヌ・ドモンジョ ダニエラ・ロッカ イヴォ・ガラーニ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > イヴォ・ガラーニ