TOP > 人物を探す > ウォルター・ハケット

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1933年 まで合計3映画作品)

1933年

ホワイト・シスター(1933)

  • 1933年
  • 原作

「戦場よさらば」「マデロンの悲劇」のヘレン・ヘイズと「自由の魂」「スザン・レノックス」のクラーク・ゲーブルが主演する映画で、F・マリオン・クロフォード作の小説とそれに基づくウォルター・ハケット作の舞台劇に拠って「心を汚されし女」のドナルド・オグデン・スチュアートが脚色し、「紅塵」「ダグラスの世界一周」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「お気に召すまま(1932)」「摩天楼の狼」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「男子戦わざる可らず」「散り行く花」のルイス・ストーン、「戦慄街」のエドワード・アーノルド、「男子戦わざる可らず」のメイ・ロブソン、「散り行く花」のルイズ・クロッサ・ヘイル、アラン・エドワーズ等である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ヘレン・ヘイズ クラーク・ゲーブル ルイス・ストーン ルイズ・クロッサー・ヘイル
1931年

猟奇ホテル

  • 1931年
  • 原作戯曲

「化粧の天使」「久遠の人生」と同じくビリー・ダヴ主演映画で、ウォルター・ハケット作の舞台劇に基づいて「化粧の天使」のフォレスト・ハルシーが脚色して台詞を書き、「殺人犯横行」「巴里(1929)」のクラレンス・G・バッジャーが監督し、「噂の姫君」「殺人犯横行」のジョン・サイツが撮影したものである。助演者は舞台から来たシドニー・ブラックマーをはじめ「赤新聞」「太無き妻」のクライヴ・ブルック「ビッグ・ハウス」「世界の与太者」のリーラ・ハイアムス、ジョン・ローダー、フレッチャー・ノートン、クロフォード・ケント等。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ビリー・ダヴ シドニー・ブラックマー クライヴ・ブルック リーラ・ハイアムス
1923年

海賊アップルジャック

  • 1923年
  • 原作

原作は英国の劇作家ウォルター・ハケット氏の書いた舞台劇「アプルジャック船長」Captain Applejack で、1921年の中ごろロンドンのクライデリオン劇場に初公開されたもの。米国では人気俳優ウォーレス・エディンジャー氏が主役を演じて1921年12月から約1年観ニューヨークのコート劇場で上演され、以来各地で大歓迎をされた当り狂言である。ルイズ・ビー・メイヤー氏が映画化権を購入し、ベス・メレディス女史に脚色せしめ、「三銃士(1921)」「血と砂(1922)」「社交界の誘惑」等と同じくフレッド・ニブロ氏が監督の任に当たった。主役は「ミニー」「ホワイト・タイガー」「夜の馬鹿」等出演のマット・ムーア氏「怒涛の彼方へ」「ロビン・フッド(1922)」等出演のフレッド・ニブロ氏夫人なるエニッド・ベネット嬢、「心なき女性」「虚栄地獄」等出演のバーバラ・ラ・マー嬢で、色敵のロバート・マッキム氏が悪役を演じている。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
マット・ムーア エニッド・ベネット バーバラ・ラ・マー ロバート・マッキム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ウォルター・ハケット

ムービーウォーカー 上へ戻る