TOP > 人物を探す > セオドア・ニュートン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1956年 まで合計7映画作品)

1956年

誇りと冒涜

  • 1956年9月27日(木)
  • 出演(Bob_Kilpatrick 役)

「喝采」の、製作ウィリアム・パールバーグ、監督ジョージ・シートンのチームが発表する、戦争未亡人の恋愛を中心とした異色ドラマ。原作はルシー・ハーンドン・クロケット女史のベストセラー。撮影は「喝采」のジョン・F・ウォレン、音楽はヴィクター・ヤング。主な出演者は「ピクニック」のウィリアム・ホールデン、「東方の雷鳴」のデボラ・カー、「裏窓」のセルマ・リッター、「命知らずの男」のデューウィ・マーティンなど。

監督
ジョージ・シートン
出演キャスト
ウィリアム・ホールデン デボラ・カー セルマ・リッター デューイ・マーティン
1935年

雁(かりがね)

  • 1935年
  • 出演(Piers 役)

マゾ・ドゥ・ラ・ローシュ作の1万弗懸賞当選小説の映画化で、「泉」「痴人の愛」のジョン・クロムウェルが監督に当たったもの「嫌疑者」のギャレット・フォートがラリー・バックマンと協力して改作し、「心の痛手」のアンソニー・ヴェイラーが脚色している。主なる主演者は「痴人の愛」のケイ・ジョンソン、「街の花嫁」のアイアン・ハンター、「十字軍」のC・オーブリー・スミス、「虚栄の市(1935)」のナイジェル・ブルース、「幻の合唱」のデヴィット・マナース、本邦では新顔のペギー・ウッド、「巴里も夜もすがら」のジェシー・ラルフ、英国映画界から来たモリー・ラモント、「今日の男性」のセオドア・ニュートン等で、撮影は「野いばら」のエドワード・クロンジェガーの担当。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ケイ・ジョンソン イアン・ハンター C・オーブリー・スミス ナイジェル・ブルース
1934年

有閑火遊び

  • 1934年
  • 出演(Rocklen 役)

「スター悩殺」「失踪者三万人」のロイ・デル・ルースが監督した映画で、「一日だけの淑女」「ゴールド・ディガース」のウォーレン・ウィリアムが「世界は還る」「笑う巨人」のメアリー・アスター、「めりけん音頭」「四十二番街」のジンジャー・ロジャースを相手に主演するもの。原作はベン・ヘクトが書卸し、「スター悩殺」のベン・マークソンが脚色に当った。助演者は「土曜日の大観衆」のアンディ・デヴァイン、「林檎の頬」のディッキー・ムーア、「ブラウンの本塁打」のJ・キャロル・ナイシュ、ヘンリー・オニール、シドニー・トーラー、フェルディナンド・ゴットシャルク其他で、撮影は「スター悩殺」「世界は還る」のトニー・ゴーディオの担当である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム メアリー・アスター ジンジャー・ロジャース アンディ・デヴァイン

今日の男性

  • 1934年
  • 出演(Elmer 役)

「餓ゆるアメリカ」「異人種の争闘」のリチャード・バーセルメスが主演する映画で、ルイ・ブロスフィールドの原作を「真夜中の処女」「紅唇罪あり」と同じくジーン・マーキーとカスリン・スコラが共同脚色し、「ドン・キホーテ」「三文オペラ」のG・W・パプストが渡米第1回作品として監督にあたり、「流行の王様」「ケンネル殺人事件」のウィリアム・リースが撮影した。助演者は「世界は還る」のジーン・ミューア、「女性暴君」のマージョリー・ランボー、「流行の王様」のヴェリー・ティーズデール及びドロシー・バージェス、「彼の第六感」のホバート・カヴァナ、「青い部屋」のウィリアム・ジャニー、「紅唇罪あり」のアーサー・ホール、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「暴風の処女」のフローレンス・エルドリッジ等である。

監督
ゲオルク・ヴィルヘルム・パプスト
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジーン・ミューア マージョリー・ランボー ヴェリー・ティーズデール
1933年

世界は還る

  • 1933年
  • 出演(Paul 役)

「仮面の米国」と同じくマーヴィン・ルロイが監督に当たったポール・ムニ主演映画でシェリダン・ギブニー作の小説「アメリカは危うく」に基づいて「地獄の市長」「戦線の嵐」のエドワード・チョドロフが脚色したもの。撮影は「凡その人生」のトニー・ゴーディオの担任。助演者は「餓ゆるアメリカ」のアリーン・マクマホン、「ケンネル殺人事件」のメアリー・アスター、「紅唇罪あり」のドナルド・クック、舞台から来た新人ジーン・ミューア、「戦線の嵐」のマーガレット・リンゼイ、「舗道の三人女」のパトリシア・エリスその他である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ポール・ムニ アリーン・マクマホン メアリー・アスター ドナルド・クック

空軍の覇者

  • 1933年
  • 出演(Lt._Foster_Kelly 役)

「戦時特務機関」と同じくJ・ウォルター・ルーベンが監督したリチャード・ディックス主演映画で、「つばさ」「暁の偵察」のジョン・モンク・ソーンダースが書き下ろした物語を自ら「空中レヴュー時代」のH・W・ヘーンマンと共同して脚色したもの。助演者は「婦人に御給仕」のエリザベス・アラン、「空飛ぶ悪魔」のラルフ・ベラミー、「世界は環る」のシオドア・ニュウトン、「響け応援歌」のジョセフ・ソーアス、フランク・コンロイ、アンダースン・ローラー等で、撮影は「頓珍漢外交ゼネバ行」のエドワード・クロンジェガーの担当である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
リチャード・ディックス エリザベス・アラン ラルフ・ベラミー セオドア・ニュートン

怪人ブリーム博士

  • 1933年
  • 出演(Jack_Burton 役)

「海賊ブラッド」「米国の機密室」のライオネル・アトウィルが主演する映画で「征空重爆撃」のアルバート・デモンドが原作脚色し、「快勇二丁拳銃」のフィリップ・E・ローゼンが監督に当たり、「珍芸騒動」のギルバート・ウォーレントンが撮影した。助演俳優は「五十六番街の家」のシーラ・テリー、「青春の溜息」のセオドア・ニュートン、「男性No.1」のポール・ハースト、「メトロポリタン(1935)」のルイ・アルバーニ、「昨日」のロバート・エリス等である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ライオネル・アトウィル シーラ・テリー セオドア・ニュートン ポール・ハースト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > セオドア・ニュートン

ムービーウォーカー 上へ戻る