映画-Movie Walker > 人物を探す > エセル・ウェールス

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1938年 まで合計34映画作品)

1938年

豪傑ブラウン

  • 1938年当年公開
  • 出演(Mrs._Danner 役)

「ブラウン空中戦」「お化けトラクター」のジョー・E・ブラウンが主演する喜劇で、フィリップ・ワイリー作の小説に基いて、「ロジタ(1936)」のアーサー・シークマンとチャールズ・メイソンが協力脚色し、「からくり女王」「ブラウンの空中戦」のエドワード・セジウィックが監督しジョージ・シュナイダーマンが監督した。助演者は「お化けトラクター」「ビッグ・ゲーム」のジューン・トラヴィス、レスリング選手マン・マウンテン・ディーン、「アルプスのえくぼ」のロバート・ケント、「永遠に愛せよ」ディッキー・ムーア、「人生は42から」のルシアン・リトルフィールドその他である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン マン・マウンテン・ディーン ジューン・トラヴィス ディッキー・ムーア
1935年

西部の旋風

  • 1935年当年公開
  • 出演(Clarissa_Peters 役)

「疾風無敵男」と同じくクラレンス・E・マルフィールドのカシディー物の映画化で、同じくウィリアム・ボイド、ジミー・エリソン主演、ハワード・ブレザートン監督、アーチー・スタウト撮影、ドリル・シュローダー脚色(ジェラルド・ジェラティと協力)になるもの。助演者は、ジーン・ルーヴェロル、ジョージ・ギャビー・ヘイス、ハリー・ワース、フランク・マクグリン、ハワード・ラング等。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジミー・エリソン ジーン・ルーヴェロル ジョージ・ギャビー・ヘイス

二つの顔(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Aunt_Hattie 役)

「男の敵」「Gウーマン」のウォーレス・フォード、「バーバリー・コースト」「Gウーマン」のブライアン・ドンレヴィを初め、「喧嘩友達」のフィリス・ブルックス「トップ・ハット」のエリック・ローズ、「小牧師(1934)」のアラン・ヘール、「雁(かりがね)」のモリー・ラモント、新顔のアディスン・ランドール、ポール・スタントン等が共演する映画で、レイ・メイヤーとトーマス・J・デューガンが書き卸し、「愛の弾丸」のジョン・ツウィストがギャレット・グレアムと共同脚色し、「海軍士官候補生(1925)」のクリスティー・キャバンヌが監督に当たり、「ロイドの大勝利」のジャック・マッケンジーが撮影したもの。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ウォーレス・フォード ブライアン・ドンレヴィ フィリス・ブルックス エリック・ローズ
1931年

光に叛く者

  • 1931年当年公開
  • 出演(Miss_Ryan 役)

マーティン・フレーヴィン作の舞台劇を映画化したもので、「暁の偵察」の監督者はワード・ホークスが監督に当たっている。脚色は同じく「暁の偵察」のシートン・I・ミラーとフレッド・ニプロ・ジュニアとが共同担任し、カメラは「乗合馬車」のテディー・テヅラスと「赤熱の抱擁」のジェームズ・ウォン・ホウが受持っている。主演者は「戦争と貞操」「都会の世紀末」のウォルター・ヒューストンと「アメリカの悲劇」「女学生の日記」のフィリップス・ホームで、映画初出演のコンスタンス・カミングス、「恋愛放送局」のメアリー・ドーラン、「蝙蝠は囁く」のデウィット・ジェニングス、ポリス・カーロフ、アーサー・ホイト、エセル・ウェールスス、ジョン・シーハン等が助演している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン フィリップス・ホームス コンスタンス・カミングス メアリー・ドーラン
1930年

トム・ソーヤーの冒険(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Mrs._Harper 役)

米国文豪マーク・トウェイン作の同名の小説を映画化したもので、「三週間」「駄法螺成金」のサム・ミンツが「危険なる楽園」「西部の星影(1930)」の共同脚色者グローヴァー・ジョーンズ、ウィリアム・スレイヴンス・マクナットと共同して脚色し、「唇の罪」「夫無き妻」のチャールズ・ラングが撮影した。主役は「喇叭手クーガン」「ジョニー髪を切れ」主演のジャッキー・クーガンが発声映画初出演で勤め、「ハニー」「高等恋愛術」のミッチー・グリーンと舞台劇に出演していたジュニア・ダーキンが相手役で、ルシアン・リトルフィールド氏、クララ・ブランディック嬢、タリー・マーシャル、ジャッキー・サール、ディック・ウィンスロー、メアリー・ジェーン・アーヴィング、エセル・ウェールス等が助演している。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ジャッキー・クーガン ジュニア・ダーキン ミッチー・グリーン ルシアン・リトルフィールド
1929年

青空(1929・アメリカ)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Matron 役)

フレデリック・ハズリット・ブレナン氏の原作を映画化したものでジョン・ストーン氏が脚色の筆をとり「キット・カーソン」のアルフレッド・ワアカア氏が監督した。主演者は「化物行進曲」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ嬢と「モダーン三銃士」のフランク・アルバートソン氏でウィリアム・オーランド氏、E・H・カルヴァート氏、ローザ・ゴーア嬢が助演している。カメラは「四人の悪魔」「モダン出世鏡」のL・ウィリアム・オコンネル氏が担当。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
Carmencita Johnson フレディー・バーク・フレデリック エセル・ウェールス ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ

医者の秘密

  • 1929年当年公開
  • 出演(Mrs._Redding 役)

ジェームズ・M・バリー卿原作の戯曲「半時間」を映画化したオール・トーキーで「父と子」に出演したルース・チャッタトン嬢が主演するものである。助演者は「キング・オブ・キングス(1927)」「ソレルとその子」のH・B・ワーナー氏、「夕陽の峠」に出演している英国から新来したジョン・ローダー氏を始め老巧ロバート・エディソン氏、エセル・ウェールス嬢及び子役のナンシ・プライス嬢等で、かつて「悩める花」「クラレンス」「グラムピー」等の名作をものにしたウィリアム・C・デミル氏が改作脚色監督し、「恋愛行進曲」「忘れられた顔(1928)」のJ・ロイ・ハント氏が撮影した。

出演キャスト
ルース・チャッタートン H・B・ワーナー ジョン・ローダー ロバート・エディソン

恋のデパート

  • 1929年当年公開
  • 出演(Ma_Woodruff 役)

クララ・ボウ嬢主演第3回目のトーキーで、ジョージ・アボット氏とジョン・V・A・ウィーヴァー氏が原作を執筆し、ロイド・コリガン氏が脚色し、エセル・ドハーティー女史が撮影教本を書いた。監督は「踊る人生」を同じくエドワード・スーザーランド氏。ボウ嬢の封手は「艦隊入港」「恋の走馬燈」に出演したジェームズ・ホール氏、「グリーン家の惨劇」「フーマンチウ博士の秘密」に出演したジーン・アーサー嬢で、その他チャールズ・セロン氏、エドナ・メイ・オリヴァー嬢等が助演して居る。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
クララ・ボウ ジーン・アーサー ジェームズ・ホール チャールズ・セロン

タキシー十三号

  • 1929年当年公開
  • 出演(Mrs._Green 役)

「マイク」「桃色女白浪」「芝居の世の中」の監督者マーシャル・ニーラン氏がエフ・ビー・オー社に於いて製作した喜劇で、「怪我騒動」「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏が主役を勤める。W・スコット・ダーリング氏が原作並びに脚色した。助演者は「高速度娘」のリー・モーラン氏を始め、エフ・ビー・オー・副社長ウィリアム・ルパロン氏に発見さ荒れた新進のマーサ・スリーパー嬢「喧嘩機関車」「女から女へ」に出演したヒュー・トレヴァー氏、エセル・ウェールス嬢、ジェリー・マイリー氏等である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
チェスター・コンクリン リー・モーラン マーサ・スリーパー エセル・ウェールス

ドノヴァン

  • 1929年当年公開
  • 出演(Mrs._Lindsey 役)

オウェン・デヴィス氏作の同名の舞台劇を映画化したものでドロシー・ホウェル女史の脚色により「サブマリン」「陽気な踊子」と同じくフランク・キャプラ氏が監督した。主役は「サブマリン」「軍法会議(1928)」のジャック・ホルト氏と「サブマリン」「タイグレス」のドロシー・レヴィア嬢とであるが、そのほか「雨製造者」「漂泊い人」のウィリアム・コリアー・ジュニアー氏、「熱砂の舞」のアグネス・エイアース嬢、を始めとしてジョン・ローシュ氏、フレッド・ケルシー氏、ヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢、エドワード・ハーン氏、ウィーラー・オークマン氏、等が出演している。発声版の方はオール・トーキーとなっている。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジャック・ホルト ドロシー・レヴィア ウィリアム・コリアー・ジュニア ジョン・ローシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エセル・ウェールス