TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・ジェラード

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1931年 まで合計26映画作品)

1922年

奈落の底

  • 1922年
  • 出演(Dr._Crang 役)

パーカー・リード氏製作昨年12月セルズニック社発売の新映画で、「荒れ狂う猛将」「女を征服する力」等と同様素晴らしい人情活劇である。主役はトム・ムーア氏相手役ユ社で永らくお馴染みであったエディス・ロバーツ嬢。その他「黙示録の4騎士」のジョーゼフ・スウィッカー氏やジェームズ・バーロウズ氏等老巧な所が助演している。アーヴィン・V・ウィラット氏が監督したもの、原作者フランク・L・パッカード氏は「ミラクルマン(1919)」の原作者として皆様御存じの筈。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
トム・ムーア エディス・ロバーツ チャールズ・ジェラード ジョセフ・スウィッカード
1921年

恋の巡礼

  • 1921年
  • 出演(Qualters 役)

サミュエル・マーウィン氏の小説をロバート・G・ヴィニョーラ氏の監督で映画化したコスモポリタン映画。主役は「嵐」「美貌の力」等同様のマット・ムーア氏で、其他ジュリア・スウェイン・ゴードン嬢、クレア・ウィットネー嬢、ルビー・デ・レマー嬢等が共演している。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
マット・ムーア Mary Newcomb ジュリア・スウェイン・ゴードン トム・ガイス
1920年

世間の男女

  • 1920年
  • 出演(Don_Alvarez 役)

スペインの詩に基づいてチャールズ・フレデリック・ナードリンジャーが原作を書き、フランセス・マリオンが脚色し、ロバート・G・ヴィニョーラが監督したものである。アルマ・ルーベンス、モンタギュー・ラヴ、ガストン・グラス、ペドロ・デ・コルドヴァらの腕利きが主役を演じている。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
モンタギュー・ラヴ アルマ・ルーベンス ガストン・グラス ペドロ・デ・コルドヴァ
1919年

兵士の愛人

  • 1919年
  • 出演(Private_Jiggers_Botley 役)

ダナ・バーネット女史原作、ジョージ・メルフォード氏監督の戦時ロマンスで、主役は「家庭の女」と「謎の乙女」で紹介されたエセル・クレイトン嬢。相手は「沙漠の花」に出演したモント・ブルー氏である。戦時に背景を採っていながらも、場所は常にニューヨークで、すこぶる興味深い筋である。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
エセル・クレイトン モント・ブルー チャールズ・ジェラード Clara Whipple

虎の牙(1919)

  • 1919年
  • 出演(Gordon_Savage 役)

仏国の探偵小説家として有名なモーリス・ルブラン氏の原作を、ローイ・サマーヴィル氏が脚色し、「青春の夢(1920 Withey)」等の監督者チェスター・ワージー

監督
チェスター・ワージー
出演キャスト
デイヴィッド・パウエル マーゲリット・クールトウ テンプラー・ザクス Myrile Siedman
1918年

第二の結婚

  • 1918年
  • 出演(Gerald_Grant 役)

ダフネという娘は伯父と伯母の元でわがまま一杯に、あまのじゃくを通して暮らしている。伯父は結婚により彼女を追い払って仕舞おうとしたが、1度ならず2度もこの計略はダフネのあまのじゃくの性質のため失敗に終わる。ダフネは自ら見知らぬ髭男を雇って名ばかりの夫とした。実はこの男は伯父が最初選んだ隣家のトム青年であって、彼女の性質を直そうといろいろ試み、ついには北国の森林中へまで連れて行き苦心の末にダフネの性質を匡正し、真の理解ある妻とすることができた。

監督
ジャック・ディロン
出演キャスト
プリシラ・ディーン パット・オマリー チャールズ・ジェラード サム・アッペル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・ジェラード

ムービーウォーカー 上へ戻る