TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・ジェラード

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1931年 まで合計26映画作品)

1926年

ベター・オール

  • 1926年
  • 出演(The_Major 役)

「馬車で風切る男」「恋は曲者変装自在」と同じくシドニー・チャップリン氏の主演し前記二映画と同じくチャールズ・F・ライズナー氏の監督したせ戦争を背景とした喜劇である。脚色者は監督ライズナー氏自身及びダリル・フランシス・ザナック氏との二人。原作者ブルース・ベェアンスファーザー氏はすべてベター・オールの漫画を書いた。それを更にアーサー・エリオット氏と協力して舜台劇にと合作した。助演者にジャック・アックロイド氏、ドリス・ヒル嬢、ハロルド・グッドウィン氏、エド・ケネディ氏、チャールズ・ジェラード氏等の顔が見えている。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
シドニー・チャップリン ドリス・ヒル ハロルド・グッドウィン セオドア・ローチ

素晴らしい果報者

  • 1926年
  • 出演(Reggie_De_Vere 役)

アル及びチャールズ・クリスティー氏の制作した喜劇で、E・J・ラス氏の小説に基づきオーウェン・デイヴィス氏が戯曲化した舞台の当たり狂言を映画にしたものである。「のんきな叔母さん」と同じく脚色にはF・マッグルー・ウィリス氏、監督にはスコット・シドニー氏が夫々にその任に当たっている。「浮気は御法度」のハリソン・フォード氏、「肉体の道」のフィリス・ヘイヴァー嬢、「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏とマック・スウェイン氏、「アンニー・ローリー」のホバート・ボスウォース氏、その他クリスティー喜劇の花形ヴェラ・ステッドマン嬢、チャールズ・ジェラード氏、クラレンス・バートン氏、等共演の賑かな顔触れである。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ハリソン・フォード フィリス・ヘイヴァー チェスター・コンクリン マック・スウェイン
1925年

加州目指して

  • 1925年
  • 出演(Creighton_Dense 役)

バイロン・モーガン氏とハリー・ポラード氏がデニー氏の為に書き卸し、ポラード氏がベアトリス・ヴァン女史と主に脚色し、「女難襲来」「おお、先生」と同じくポラード氏が監督した自動車喜活劇で、主役はレジーノールド・デニー氏、相手役は「そばかす大統領」「処女時代」等主演のガートルード・オルムステッド嬢が演じ、トム・ウィルソン氏、チャールズ・ジェラード氏等が助演している。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
レジナルド・デニー ガートルード・オルムステッド トム・ウィルソン チャールズ・ジェラード
1924年

闇を行く女

  • 1924年
  • 出演(Ted_Conroy 役)

ウィリアム・ハールバット氏の舞台劇から脚色したもので「暁の光」「青春に浴して」等と同じくジョン・フランシス・ディロン氏が監督した。主役は「自由結婚」「孔雀の嘆き」等出演のコリーヌ・ゲリフィス嬢で対手は「白蛾は舞ふ」「絹擦れの音」等出演のコンウェイ・タール氏が演じ、その他シルヴィア・プリーマー嬢、クロフォード・ケント氏、マートル・ステッドマン嬢等が助演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
コリーヌ・グリフィス コンウェイ・タール アルマ・ベネット シルヴィア・ブリーマー

歓楽の唇

  • 1924年
  • 出演(Bllard_Barrett 役)

「黙示録の四騎士(1961)」で流行家となったヴィセンテ・ブラスコ・イバネス氏が特にメイ・マレイ嬢の為に書いた物語をダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し「花嫁万歳」「漂泊の踊子」等と同じくロバート・Z・レナード氏が監督したもので、主役は「漂泊の踊子」「フランス人形」等主演のメイ・マレイ嬢が演じ、相手役は「人類の破滅」等出演のジェームズ・カークウッド氏で、「アンニー可愛や」等出演のウィリアム・ヘインズ氏やチャールズ・ジェラード氏が助演している。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
メイ・マレイ ジェームズ・カークウッド トマス・リケッツ チャールズ・ジェラード
1923年

リチャード獅子王

  • 1923年
  • 出演(Sultan_Saladin 役)

ウォルター・スコット卿の小説「護符」“The Talismanに基づいた歴史劇で、「ロビン・フッド(1922)」の続編と見られるべきもの。アソシエーテッド・オーサース社の第1回作品である。監督は「嵐は去れし」等と同じくチェスター・ワージー

監督
チェスター・ワージー
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー チャールズ・ジェラード キャスリーン・クリフォード マーゲリット・ド・ラ・モット

月の囁き

  • 1923年
  • 出演(Srteffy(Lord_Alrtingham) 役)

ピクトリアル・レヴィウ誌に連載され次いで単行本に出版されたイーディス・ウォートン原作の小説を、E・ロイド・シェルドンが脚色し、「ロビン・フッド(1922)」を監督したアラン・ドワンがパラマウント入社後第1回作品として完成した社会劇で、「焼け爛れし翼」「世界の喝采」等主演のビービー・ダニエルス、「血と砂(1922)」等出演のニタ・ナルディ、「嵐は去れり」等出演のデイヴィッド・パウエル等が共演である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニタ・ナルディ デイヴィッド・パウエル モーリス・コステロ

混線婿君

  • 1923年
  • 出演(Clarence_Topping 役)

エドワード・ポールトン氏原作の舞台劇に基づきF・マッグルー・ウィリス氏が脚色し、ジョン・マクダーモット氏が監督したもの。主役は「荒れ狂う猛将」「黄金の誘惑」等に出演したオーエン・ムーア氏と「バヴー」「悪魔(1921)」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢でその他に「人魚は踊る」等出演のシド・チャップリン氏「固唾を呑んで」等出演のタリー・マーシャル氏等が出演している。

監督
ジョン・マクダーモット
出演キャスト
オーエン・ムーア シドニー・チャップリン シルヴィア・ブリーマー タリー・マーシャル

愛の虚言

  • 1923年
  • 出演(Tom_Hayden 役)

「悪魔の眠る時」「負けじ魂」等の原作を書いたピーター・B・カインの小説「港口の砂州」“The Harbor Barを「世界とその女」等の原作者なるトンプソン・ブカナンが脚色し、W・S・ヴァン・ダイクが監督した海上大活劇で、主役は「孔雀の路」「結婚とは」等出演のモント・ブルーと、イギリス生れの新進女優イヴリン・ブレントとである。因みにアソシエーテッド・オーサース社とは4人の著名な劇作家である、フランク・ウッズ、エルマー・ハリス、トンプソン・ブカナン、クラーク・トーマスが連合して組織した映画製作会社である。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
イヴリン・ブレント モント・ブルー ジョーン・ローウェル チャールズ・ジェラード
1922年

紐育の不夜城

  • 1922年
  • 出演(Jim_Slade 役)

「紐育の丑満時」の姉妹篇で、同じくチャールズ・ブレイビンが監督した。前後2篇からできた物語で、第1篇の主役はクラレンス・ノードストローム、フランク・カーリアー、マーゲリット・セッドン等。第2篇の主役は「紐育の丑満時」で大活躍をしたマーク・マクダーモットとエステル・テイラーの2人である。美しい大都会の灯の影に起こる人生の姿こそ、興味深い劇の材料でなければならない。ブレイビンの鋭利な手腕をふるうに足るべき名篇である。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
クラレンス・ノードストローム マーゲリット・セッドン フランク・カーリアー フローレンス・ショート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/31更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > チャールズ・ジェラード

ムービーウォーカー 上へ戻る