映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーン・デル・ヴァル

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1960年 まで合計9映画作品)

1960年

カンカン

  • 1960年6月2日公開
  • 出演(Judge_Merceaux 役)

エイブ・バロウズのミュージカル・コメディの映画化。編中の歌曲はコール・ポーターによる。脚色は「Z旗あげて」のドロシー・キングスレイと「翼よ!あれがパリの灯だ」のチャールズ・レデラーの共同であたり、「王様と私」のウォルター・ラングが監督した。撮影は「全艦発進せよ」のウィリアム・ダニエルス。出演は「波も涙も暖かい」のフランク・シナトラ「走り来る人々」のシャーリー・マクレーン、「恋のてほどき」のモーリス・シュヴァリエ、「大都会の女たち」のルイ・ジュールダンのほか、ジュリエット・プラウズ、マルセル・ダリオら。製作ジャック・カミングス。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
フランク・シナトラ シャーリー・マクレーン モーリス・シュヴァリエ ルイ・ジュールダン
1957年

パリの恋人(1957)

  • 1957年9月28日公開
  • 出演(Hair_Dresser 役)

作曲家として知られているロジャー・イーデンスが製作、「我が心に君深く」のスタンリー・ドーネンが監督したミュージカル映画。撮影は「ダニー・ケイの黒いキツネ」のレイ・ジューン。原作はレオナード・ガーシュで、製作者イーデンスが作曲した新曲以外はジョージ・ガーシュウィンのもの。振付けはユージン・ローリングとフレッド・アステア。主演は「昼下りの情事」のオードリー・ヘップバーン、「足ながおじさん」のフレッド・アステア、「愛は惜しみなく」のフランスのミシェル・オークレール。そのほかロバート・フレミング、ケイ・トムスンなど。

監督
スタンリー・ドーネン
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン フレッド・アステア ケイ・トムスン ミシェル・オークレール
1940年

天国2人道中

  • 1940年6月6日公開
  • 出演(Sergeant 役)

パラマウント音楽部長だったボリス・モロスの独立第1回作品で、「極楽オペレッタ」「極楽双児合戦」と同じくスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー主演喜劇である。脚本はローレル・ハーディー喜劇に常に参加しているチャールズ・バディー・ロジャースが、喜劇俳優ハリー・ラングドン、ラルフ・スペンス、アルフレッド・シラーと協力して書き卸し、「シャムパン・ワルツ」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・サザーランドが監督し、ローレル・ハーディー劇専属のアート・ロイドが撮影した。助演は「真紅の森」のジーン・パーカーその他である。ビデオタイトル「ローレル&ハーディの天国二人道中」。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ジーン・パーカー レジナルド・ガーディナー
1932年

キートンの決闘狂

  • 1932年12月31日公開
  • 出演(Chauffeur 役)

「ニューヨークの歩道」に次ぐバスター・キートン主演喜劇で「恋愛指南番」「決死隊」と同じくエドワード・セジウィックが監督に当たった。脚本はローレンス・E・ジョンソンが執筆し、台詞はラルフ・スペンスが書いた。カメラは「街の野獣(1932)」「陽気なママさん」のノーバート・ブロディンが担当している。「河宿の夜」のジミー・デューラントが共演し、新進のアイリーン・パーセル、「花嫁選手権」のポリー・モーラン、「ニューヨークの囁き」「銀界の伊達者」のギルバート・ローランド、「情熱の唇」「哄笑の世界」のモナ・マリス、モード・エバーン、ヘンリー・アーメッタ、オーギュスト・トレール等が助演している。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
バスター・キートン ジミー・デューラント アイリーン・パーセル ポリー・モーラン
1931年

素晴らしき嘘

  • 1931年公開
  • 出演(Stage_Manager 役)

「愛する権利(1930)」「夜霧の女」に次ぐルース・チャッタートン主演映画で、レオナード・メリック原作の小説「月桂樹と貴婦人」に基づいて「陽気な中尉さん」のサムソン・ラファエルソンと「赤新聞」「失われた抱擁」のヴィンセント・ローレンスが共同脚色し、「大親分」のベルトールド・フィヤーテルが監督し、「夜霧の女」「王様ごっこ」のチャールズ・ラングが撮影した。助演者は舞台俳優だったラルフ・ベラミー、「おしゃれ牧場」「悪魔が跳び出す」のスチュアート・アーウィン、フランスの劇界映画界で知名のフランソワーズ・ロゼエ及びシャルル・ボワイエ、「恋とお月様」のサム・ハーディ、タイラー・ブルック等である。

監督
ベルトールド・フィルテル
出演キャスト
ルース・チャッタートン ラルフ・ベラミー スチュアート・アーウィン フランソワーズ・ロゼエ
1930年

海上散歩

  • 1930年公開
  • 出演(Crosetti 役)

「極楽島満員」「パラマウント・オン・パレイド」のジャック・オーキーが主演する映画で、「極楽島満員」「スウィーティー」等のジョージ・マリオン・ジュニアの原作から、「駄法螺成金」「令嬢暴力団」のマリオン・ディックスがシナリオを執筆し、「けだもの組合」のヴィクター・ヒアマンが監督するもの。「ラヴ・パレイド」「放浪の王者(1930)」のリリアン・ロス、「アイスクリーム艦隊」「駄法螺成金」のハリー・グリーン、「喰人島征服」「国境の狼群(1930)」のユージーン・パレット「モンテカルロ」のアルバート・コンティ、ジャン・デル・ヴァル、アンドレ・シュロン、チャールズ・セロン、トム・リケッツ等が助演。カメラは「快走王」「夫無き妻」のアーレン・シーグラーが担任である。

監督
ヴィクター・ヒアマン
出演キャスト
ジャック・オーキー リリアン・ロス ハリー・グリーン ユージン・ポーレット
1925年

巨星燦たり

  • 1925年公開
  • 出演(Prince_Novakian 役)

ローレンス・マーストン氏が書卸した脚本に基き「星の歌」と同じくホイットマン・ベネット氏が監督したもので「俺が犯人だ!(1924)」「目醒めよ女性」出演のライオネル・バリモア氏が主演し相手役は「湖畔の思い出」「突貫突貫」等出演のミルドレッド・ハリス嬢でその他仏国舞台女優イソベル・ド・レオン嬢、イギリス舞台女優ウィニフレッド・バリー嬢等も出演する。

監督
ウィットマン・ベネット
出演キャスト
ライオネル・バリモア ミルドレッド・ハリス ウィニフレッド・バリー Dorothy Kingdon

五十と五十

  • 1925年公開
  • 出演(Jean_an_apache 役)

フランス連続映画監督として有名なアンリ・ディアマン・ベルジュー氏が渡米後最初の作品で数年前ノーマ・タルマッジ嬢がトライアングル社で主演した映画と同一の物語でアラン・ドワン氏の原作脚色になり、ディアマン・ベルジュー氏が監督したものである。「晩年の誘惑」出演のホープ・ハンプトン嬢「目醒めよ女性」「巨星燦たり」等主演のライオネル・バリモア氏の共演になるもので久しく映画界を離れていたルイズ・グローム嬢が珍しく顔を見せている。

監督
アンリ・ディアマン・ベルジュー
出演キャスト
ライオネル・バリモア ホープ・ハンプトン ルイズ・グローム J. Moy Bennett
1924年

情熱の悪鬼

  • 1924年公開
  • 出演(Casimiro 役)

米国の作家レックス・ビーチ氏原作の小説「綱の端」Rope's End をフォレスト・ハルシー氏が脚色し「悪魔の眠る時」「ストレンジャー」等と同じくジョセフ・ヘナベリー氏の監督したもの「ボーケール」に次ぐルドルフ・ヴァレンティノ氏の主演映画である。相手役にはスペインに生まれ、ジーグフェルド・フォリースから映画界に入り「強き者女よ」フォックスの「愚者」パラマウントの「人生の一即図」に出演したことのある新進のヘレナ・ダルジー嬢が選抜され、その他にニタ・ナルディ嬢、ダマール・ゴドウスキー嬢等の有名なヴァンプが出演する。アルゼンチンを背景の劇である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ルドルフ・ヴァレンティノ ニタ・ナルディ ヘレナ・ダルジー ダマール・ゴドウスキー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーン・デル・ヴァル