映画-Movie Walker > 人物を探す > テリー・キルバーン

年代別 映画作品( 1938年 ~ 1951年 まで合計6映画作品)

1951年

勇者のみ(1951)

  • 1951年当年公開
  • 出演(Trooper_Saxton 役)

チャールズ・マーキス・ウォーレンの同名小説を「地球の静止する日」のエドモント・H・ノースと「怒涛の果て」のハリー・ブラウンが脚色、「剣侠ロビン」のゴードン・ダグラスが監督した西部軍事劇。「いちごブロンド」のウィリアム・キャグニーが製作する1951年作品で、撮影はライオネル・リンドン(「腰抜けと原爆娘」)、音楽はフランツ・ワックスマン(潜行者)の担当。「拳銃王」のグレゴリー・ペックと「ダラス」のバーバラ・ペイトンが主演し、他に「愛と血の大地」のワード・ボンド、「秘境」のギグ・ヤング、「南支那海」のロン・チャニーらが共演。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
グレゴリー・ペック バーバラ・ペイトン ワード・ボンド ギグ・ヤング

海賊ブラッドの逆襲

  • 1951年7月27日(金)公開
  • 出演(Kenny_Jensen 役)

「世紀の楽園」のハリー・ジョー・ブラウンが製作した1950年度活劇で、ラファエル・サバティニの原作から、マイケル・ホウガン(「拳銃の町」)、ロバート・リボット、フランク・バートが脚色、ゴオドン・ダグラスが監督した。撮影はジョージ・E・ディスカント、音楽はポール・ソーテル。「地獄から来た男」のルイス・ヘイワードを中心に、パトリシア・メディナ、ジョージ・マクレディ、アルフォンゾ・ベドーヤらが共演。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ルイス・ヘイワード パトリシア・メディナ ジョージ・マクレディ アルフォンソ・ベドーヤ

かれらに音楽を

  • 1951年7月24日(火)公開
  • 出演(Limey 役)

「われら自身のもの」のサミュエル・ゴールドウィンに脚本家ロバート・リスキンが協力制作し、「マルクス捕物帳 カサブランカの一夜」のアーチー・L・メイヨが監督した1939年作品の音楽映画。イルムガード・フォン・クーベ「ジョニー・ベリンダ」の原作を「サハラ戦車隊」のジョン・ハワード・ロウソンが脚色し、撮影は「気まぐれ天使」のグレッグ・トーランド、音楽監督はアルフレッド・ニューマン(映画中の指揮者の役も)が担当。主演は名ヴァイオリニスト、ヤッシャ・ハイフェツ、「西部の王者」のジョエル・マクリー、アンドリア・リーズ、子役ジーン・レイノルズで、ウォルター・ブレナン「姫君と海賊」、マージョリー・メイン、ポーター・ホールらが助演。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ヤッシャ・ハイフェツ アンドリア・リーズ ジョエル・マクリー ジーン・レイノルズ

緑園の天使

  • 1951年7月19日(木)公開
  • 出演(Ted 役)

「大草原」のパンドロ・S・バーマンが製作する1945年度テクニカラー映画。エニッド・バグノルドの同名小説からセオドア・リーヴスがヘレン・ドイッチェ(「黄金の耳飾」)と協同脚色し「仔鹿物語」のクレランス・ブラウンが監督にあたっている。撮影は「家路」のレナード・スミス、音楽は「哀愁」のハーバート・ストサート。「初恋合戦」のミッキー・ルーニー、「スイングの少女」のエリザベス・テイラーを中心に「わが谷は緑なりき」のドナルド・クリスプ。「風車の秘密」のアン・リヴェア、「赤きダニューブ」のアンジェラ・ランズベリー、ブッチ・ジェンキンス、レジナルド・オーウェンらが助演する。なお本映画はアン・リヴェアがアカデミー女優助演賞を得た他、ロバート・J・カーンが編集賞を獲得した。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ミッキー・ルーニー ドナルド・クリスプ エリザベス・テイラー アン・リヴェア
1940年

新ロビンソン漂流記

  • 1940年当年公開
  • 出演(E_nest 役)

「暗黒街の弾痕」「歴史は夜作られる」等の脚色チーム、ジーン・タウンとグレアム・ベイカーが製作者となっての第1回作品で、ヨハン・D・ウィス作の少年小説を雨人が「勝鬨」のウォルター・フェリスと協力脚色し、「年ごろ」「最後のギャング」のエドワード・ルドウィグが監督したもの。出演は「駅馬車(1939)」のトーマス・ミッチェル及びティム・ホルト、無声時代以来の英映画女優エドナ・ベスト、「海国魂」のフレディー・バーソロミュウ及びテリー・キルバーンで、撮影は「大空地獄」のニコラス・ミュスラカ。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
トーマス・ミッチェル エドナ・ベルト フレディー・バーソロミュー テリー・キルバーン
1938年

海国魂

  • 1938年当年公開
  • 出演(Albert_Baker 役)

「我は海の子」「小公子」「腕白時代」に共演したフレディー・バーソロミュウとミッキー・ルーニーが主演する映画で、ブラッドフォード・ローブスがヴァル・バートン及びエンダー・ボームと協力して書卸したストーリーによって「支那海」のジェームズ・ケヴィン・マッギネスが脚色し、「海の若人」「マルクス一番乗り」のサム・ウッドが監督に当り、「海の若人」「15処女街」のジョン・サイツが撮影したもの。助演者は舞台から来たチャールズ・コバーン、「ターザンの逆襲」のハーバート・M、マンディン、「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード少年俳優のテリー・キルバーン、ピーター・ローフォード、ウォルター・テトリー、及びピーター・エリス、「夜は必ず来る」のマッシュウ・ボールトン等である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
フレディー・バーソロミュー ミッキー・ルーニー チャールズ・コバーン ハーバート・マンディン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > テリー・キルバーン