映画-Movie Walker > 人物を探す > Maurice Ryan

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1928年 まで合計5映画作品)

1928年

見当違い大当り

  • 1928年当年公開
  • 出演(Tubby 役)

「花嫁歓迎」「我等のサリー」等と同じくシャーリー・メイスン嬢の主演する映画。スティーブン・クーパー氏が原作を書き且つ自ら脚色したものを、新顔のモーリス・マーシャル氏が監督している。メイズン嬢の相手役は、「ゴリラ(1927)」「地下鉄サディー」等出演のガストン・グラス氏と「大学の花形」等出演のベン・ターピン氏とである。その他、ライオネル・ベルモア氏、フローラ・フィンチ嬢、アーマンド・カリス氏等も出演。

監督
モーリス・マーシャル
出演キャスト
シャーリー・メイスン ガストン・グラス ベン・ターピン アーサー・ランキン
1927年

弱虫運動療法

  • 1927年当年公開
  • 出演(Hub_Smith 役)

J・C・ニュージェント氏、エリオット・ニュージェント氏合作の喜劇を映画化したもので、ポール・ショーフィールド氏が脚色し「喧嘩友達」「相縁奇縁」と同じくリチャード・ウオーレス氏が監督した。主役は「結ぶ縁恋の釣天井」「想い叶いて」等出演のジャック・マルホール氏が勤め、「与太奮戦記」「喧嘩友達」等出演のチャーリー・マレイ氏を始め「太平洋横断」「ドン・ファン(1926)」等出演のジェーン・ウィントン嬢「南京豆小僧」「頓珍漢武者振るう」等出演のグレン・トライオン氏、ジーン・アーサー嬢、ブルース・ゴードン氏、ヘンリー・ヴィバート氏等が共演している。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャック・マルホール チャーリー・マレイ ジーン・アーサー ジェーン・ウィントン

陸軍士官学校

  • 1927年当年公開
  • 出演(Mealy_Snodgrass 役)

陸軍少佐たるアレクサンダー・チルトン氏と同じくロバート・グラスバーン氏とが合作したストーリーにより、「ヴォガケ船唄」や「昨日への道」に出演したウィリアム・ボイド氏が主演する映画である。脚色したのはダグラス・Z・ドーティー氏で、「ドン・Q」「海底王キートン」と同じくドナルド・クリスプ氏が監督した。ボイド氏の相手役としてベシー・ラヴ嬢が久し振りでその姿を見せる。ヒュー・アラン氏、ルイ・ナトー氏、等が助演する外ウェスト・ポイントの士官候補生等がエクストラとして多数賛助出演している。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ベッシー・ラブ ヒュー・アラン Walter Tennyson
1925年

海軍士官候補生(1925)

  • 1925年当年公開
  • 出演(Fat 役)

「アラブ」「愛人の誓」等と同じくラモン・ノヴァロ氏主演映画で、ケーリー・ウィルソン氏が執筆した物語をマツグルウ・ウイリス氏が脚色し「廻り会う迄」「画家の妻」「島の娘」等と同じくクリスティー・キャバンヌ氏が監督したものである。相手役は「愛の黒眼鏡」出演のハリエット・ハモンド嬢で、ウェズリー・バリー君、クロフォード・ケント氏、マーガレット・セドン嬢、キャスリーン・キイ嬢、ウィリアム・ボイド氏等が助演している。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ハリエット・ハモンド ウェズリー・バリー クロフォード・ケント
1924年

疑問のK

  • 1924年当年公開
  • 出演(Joe_Drummond 役)

「王様万歳」の原作者なるメアリー・ロバーツ・ラインハート女史原作に成る小説「ケイ」“K”をレイモンド・L・シュロック氏、ホープ・ロアリング女史、ウィリアム・ライトン史の3人で脚色し、「拳闘王」「無鉄砲時代」等と同じくハリー・ポラード氏が監督した。主役は「信号塔」「女性の輝き」等出演のヴァージニア・ヴァリ嬢、「冬来たりなば」「消え行く燈明」等出演のパーシー・マーモント氏、それにアメリカン映画時代懐かしきボラード氏夫人なるマーガリータ・フィッシャー嬢である。この原作はかつてミルドレッド・ハリス嬢を主役として初期ジウエル映画として製作され「医師と女」として我が国に紹介された事があるから、古いユ社のファンにはご存じの筈である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ パーシー・マーモント マーガリータ・フィッシャー Francis Feeney
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > Maurice Ryan