映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・スタンリー

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1958年 まで合計5映画作品)

1958年

殺人容疑

  • 1958年2月27日(木)公開
  • 出演

殺人容疑で告発された退役軍人の無罪を立証しようとする探偵の活躍を描くサスペンス。短縮版。オリジナルは63分。製作はヴィンセント・M・フェネリー、脚本・監督はダニエル・B・ウルマン、撮影はエルスワース・フレデリックス、音楽はマーリン・スキルスが担当。出演はビル・エリオット、キース・ラーセン、ヘレン・スタンリー、ポール・ピサーニなど。

監督
ダニエル・B・ウルマン
出演キャスト
ビル・エリオット キース・ラーセン ヘレン・スタンリー ポール・ピサーニ
1956年

デイビー・クロケット 鹿皮服の男

  • 1956年12月28日(金)公開
  • 出演(Polly_Crockett 役)

西部開拓の英雄デイビー・クロケットの一代記。トム・ブラックバーンの脚本から「荒原の女」のノーマン・フォスターが監督、チャールズ・P・ボイルが撮影、ジョージ・ブランスが音楽を夫々担当した。出演は、この作品で一躍人気者となったTV出身のフェス・パーカー、「夜の人々(1954)」のバディー・エブセン、他にハンス・コンリード、ヘレン・スタンリーなど。ビル・ウォルシュ製作になるウォルト・ディズニー・プロ最初の西部劇。

監督
ノーマン・フォスター
出演キャスト
フェス・パーカー バディー・エブセン ベイジル・ルイスディール ハンス・コンリード
1954年

カーニバルの女

  • 1954年7月公開
  • 出演(Peggy 役)

「群盗の宿」のモーリスとフランクのキング兄弟がRKOラジオと契約して製作する第1回作品で、1954年、ドイツで撮影された。マーセル・クローバーとC・B・ウィリアムズの原作より「ターザンの憤激」のハンス・ジャコビーと「テキサスから来た男」のカート・ニューマンが共同脚色、ニューマンが監督した。アグファカラー色彩の撮影は「ダラス」のアーネスト・ホーラー(日本輸入版はテクニカラー・プリント)、音楽はヴィリー・シュミット=ゲントナー。「私は告白する」のアン・バクスター、「白熱(1949)」のスティーヴ・コクラン、「命を賭けて」のライル・ベトガー、「地獄の狼」のJ・C・フリッペン、ジョージ・ネイダー、ヘレン・スタンリー、アディ・バーバーなどが出演する。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
アン・バクスター スティーヴ・コクラン ライル・ベトガー ジョージ・ネイダー
1953年

キリマンジャロの雪(1952)

  • 1953年1月13日(火)公開
  • 出演(Connei 役)

「愛欲の十字路」と同じくダリル・F・ザナックが制作しヘンリー・キングが監督に当たったテクニカラーのメロドラマ1952年作品で、原作は「誰が為に鐘は鳴る」のアーネスト・ヘミングウェイの短編、脚色は「さすらいの涯」のケイシー・ロビンソンである。撮影は「愛欲の十字路」のレオン・シャムロイ、音楽は「地球の静止する日」のバーナード・ハーマンの担当。主演は「愛欲の十字路」のグレゴリー・ペックとスーザン・ヘイワード、「栄光の星の下に」のエヴァ・ガードナー、「暁前の決断」のヒルデガード・ネフで、「砂漠の鬼将軍」のレオ・G・キャロル、「黒ばら」のトリン・サッチャー、エヴァ・ノリング、ヘレン・スタンリー、マルセル・ダリオらが助演する。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
グレゴリー・ペック スーザン・ヘイワード エヴァ・ガードナー ヒルデガード・ネフ
1952年

シンデレラ(1949)

  • 1952年3月7日(金)公開
  • ライブアクションモデル(Cinderella 役)

宝島のウォルト・ディズニーが1949年に製作した長編色彩漫画でシャルル・ペロオの童話「シンデレラ」に依ってケニス・アンダーソン、テッド・シアーズ、ホーマー・ブライトマン、ジョー・リナルディ、ウィリアム・ピード、ハリー・リーヴス、ウィンストン・ヒブラー、アードマン・ペナーがストーリーをかいた。なお、シンデレラのモデルはヘレン・スタンリー、声はアイリーン・ウッズである。初公開時のタイトルは「シンデレラ姫」。

監督
ウィルフレッド・ジャクソン ハミルトン・S・ラスク クライド・ジェロニミ
出演キャスト
アイリーン・ウッズ ヴェルナ・フェルトン ルイス・ヴァン・ルーテン ドン・バークレー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘレン・スタンリー