映画-Movie Walker > 人物を探す > バジル・ディアデン

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1969年 まで合計13映画作品)

1969年

世界殺人公社

  • 1969年5月30日公開
  • 監督

イギリスの作家ジャック・ロンドンの小説をベースにマイケル・レルフが脚本を書き、「カーツーム」のバジル・ディアデンが監督したコミカルなタッチの冒険劇。撮影はジェフリー・アンスワース、音楽はロン・グレイナーが担当した。美術監督はロイ・スミス、フランク・ホワイト、編集はテディ・ダーバスの担当。出演は「脱走山脈」のオリヴァー・リード、テレビ出身のダイアナ・リグ、「特攻大作戦」のテリー・サヴァラス、「ロード・ジム」のクルト・ユルゲンスほか。製作は脚本執筆しているマイケル・レルフ。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
オリヴァー・リード ダイアナ・リグ テリー・サヴァラス クルト・ユルゲンス
1966年

カーツーム

  • 1966年10月28日公開
  • 監督

ロバート・アードリーのオリジナル・シナリオを、「潜行」のバジル・ディアデンが監督したチャールス・ゴードン将軍の伝記もの。撮影はエドワード・スケイフとハリー・ワックスマン、音楽はフランク・コーデルが担当した。なおアクション監督に「ベン・ハー(1959)」の戦車競争シーンで名をあげた名スタントマン、ヤキマ・カナット、特殊効果をジョン・ハウエルが担当した。出演は「華麗なる激情」のチャールトン・ヘストン、「オセロ」のローレンス・オリヴィエ、「モール・フランダースの愛の冒険」のリチャード・ジョンソンほか。製作はジュリアン・ブロースタイン。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
チャールトン・ヘストン ローレンス・オリヴィエ リチャード・ジョンソン ラルフ・リチャードソン

暴力のメロディー

  • 1966年6月7日公開
  • 監督

ジェームズ・ケナウェイのオリジナル・シナリオを「廃墟の欲望」のバジル・ディアデンが監督した犯罪ドラマ。撮影はレジナルド・ワイヤー。出演は「海底世界一周」のデイヴィッド・マッカラム、「ズール戦争」のスタンリー・ベイカー、「大洪水」のアン・ヘイウッド、「吸血鬼ドラキュラ」のピーター・カッシング、他にジョン・スレーター、クリフォード・エヴァンス、ジョージ・A・クーパーなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
デイヴィッド・マッカラム スタンリー・ベイカー アン・ヘイウッド ピーター・カッシング

廃墟の欲望

  • 1966年4月22日公開
  • 監督

マイケル・フィッシャーの原作を「わらの女」のプロデューサー、マイケル・レルフが脚色「紳士同盟」のバジル・ディアデンが演出した青春社会ドラマ。撮影は「ギャング情報」のレジナルド・ワイヤー、音楽はチャールズ・ブラックウェルが担当した。出演は、マイク・サーン、「蜜の味」のリタ・トゥシンハム、バーナード・リーほか。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
マイク・サーン リタ・トゥシンハム バーナード・リー ドリス・ヘア
1965年

潜行

  • 1965年8月21日公開
  • 監督

ヴィクター・キャニングの小説『ミネルバ城』を、ウィリアム・ゴールドマンとマイケル・レルフ(製作も担当)が共同脚色、「わらの女」のバジル・ディアデンが監督したサスペンス・ドラマ。撮影は「わらの女」のオットー・ヘラー、音楽は「黒い狼」のフィリップ・グリーンが担当した。出演は「ニューヨークの休日」のクリフ・ロバートソン、「バタシの鬼軍曹」のジャック・ホーキンスのほかに、新人マリサ・メル、イギリス劇団の名子役クリストファー・ウィッティなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
クリフ・ロバートソン ジャック・ホーキンス マリサ・メル ミシェル・ピッコリ
1964年

わらの女

  • 1964年公開
  • 監督

カトリーヌ・アルレーの同名小説を、スタンリー・マンとロバート・マラーが脚色、「紳士同盟」のバジル・ディアデンが演出した推理ドラマ。撮影は、「マダムと泥棒」のオットー・ヘラー、音楽はミューア・マシーソンが担当した。製作は「紳士同盟」のマイケル・レルフ。出演は「007」シリーズの、ショーン・コネリー、「9月になれば」のジーナ・ロロブリジーダ、「栄光への脱出」のラルフ・リチャードソン、ほかに、アレクサンダー・ノックス、ジョニー・セッカなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ジーナ・ロロブリジーダ ショーン・コネリー ラルフ・リチャードソン ジョニー・セッカ
1961年

月世界一番乗り

  • 1961年5月16日公開
  • 監督

英国趣味横溢のウィットにとんだ空想科学映画のパロディ。「サファイア」の製作者マイケル・レルフと監督バジル・ディアデンのコンビが作った作品。マイケル・レルフとブライアン・フォーブスが共同で脚本を担当。撮影を受けもったのはハリー・ワックスマン。音楽はフィリップ・グリーン。出演するのは「北西戦線」のケネス・モア、シャーリー・アン・フィールド、マイケル・ホーダーン、チャールズ・グレイ、ノーマン・バードなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ケネス・モア シャーリー・アン・フィールド ノーマン・バード マイケル・ホーダーン
1960年

紳士同盟(1960)

  • 1960年公開
  • 監督

ジョン・ブル気質たっぷりなサスペンス・コメディ映画。「サファイア」のコンビである製作者のマイケル・レルフと監督のバジル・ディアデンが出演もしているブライアン・フォーブスのシナリオを映画化したもの。撮影を担当したのはアーサー・イベットソン。音楽はフィリップ・グリーン。出演するのは、「ベン・ハー」のジャック・ホーキンス、「サファイア」のナイジェル・パトリック、ロジャー・リヴシー、キーロン・ムーア、ノーマン・バードなど。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ジャック・ホーキンス ナイジェル・パトリック ロジャー・リヴシー リチャード・アッテンボロー

サファイア

  • 1960年10月27日公開
  • 監督

「波止場の弾痕」のマイケル・レルフとバジル・ディアデンの製作・監督チームの作品。撮影の際、この物語は秘密にされた。その種のミステリー映画だという製作者の要望により、この欄においても結末は伏せる。脚本は舞台女優で劇作家のジャネット・グリーン。撮影はハリー・ワックスマン、音楽はフィリップ・グリーン。出演は「愛情の花咲く樹」のナイジェル・パトリックのほか、イヴォンヌ・ミッチェルら。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ナイジェル・パトリック イヴォンヌ・ミッチェル マイケル・クレイグ ポール・マッシー
1952年

波止場の弾痕

  • 1952年8月29日公開
  • 監督

イーリングのマイケル・バルコンがセミ・ドキュメンタリ的手法でロンドンを描く一九五一年度作品で、「兇弾」と同じくバジル・ディアデンが監督、ゴードン・ダインズが撮影を担当する。脚本はジャック・ウィッテンガム(我が心は君に)とドキュメンタリ監督出身のジョン・エルドリッジの協同である。音楽はジョン・アディソン。出演は「天国への階段」のボナー・コリアーノ、「ヘンリー五世(1945)」のルネ・アシャーソン、「夜霧の都」のスーザン・ショウ、「愛の物語」のモイラ・リスター、黒人俳優アール・キャメロン、「乱闘街」のジョーン・ダウリング、「ヘンリー五世(1945)」のマックス・エイドリアンら。

監督
バジル・ディアデン
出演キャスト
ボナー・コリアーノ スーザン・ショウ ルネ・アシャーソン アール・キャメロン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バジル・ディアデン