映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・サザーランド

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1951年 まで合計32映画作品)

1951年

Uボート撃滅

  • 1951年6月12日公開
  • 監督

ボーデン・チェイスの原作からロイ・チャンスラーとイーニアス・マッケンジーが脚色、「素晴らしき犯罪」(未輸入)のエドワード・サザーランドが監督した1942年作品。ニコラス・ミュスラカが撮影を、「そよ風の町」のロイ・ウェッブが音楽を担当する。「孤児」のパット・オブライエン、「明朗色時代」のジョージ・マーフィー、「われら自身のもの」のジェーン・ワイアットを中心に、ジャッキー・クーパー、カール・エスモンド、マックス・ベアらが出演している。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
パット・オブライエン ジョージ・マーフィー ジェーン・ワイアット ジャッキー・クーパー
1940年

天国2人道中

  • 1940年6月6日公開
  • 監督

パラマウント音楽部長だったボリス・モロスの独立第1回作品で、「極楽オペレッタ」「極楽双児合戦」と同じくスタン・ローレル、オリヴァー・ハーディー主演喜劇である。脚本はローレル・ハーディー喜劇に常に参加しているチャールズ・バディー・ロジャースが、喜劇俳優ハリー・ラングドン、ラルフ・スペンス、アルフレッド・シラーと協力して書き卸し、「シャムパン・ワルツ」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・サザーランドが監督し、ローレル・ハーディー劇専属のアート・ロイドが撮影した。助演は「真紅の森」のジーン・パーカーその他である。ビデオタイトル「ローレル&ハーディの天国二人道中」。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー ジーン・パーカー レジナルド・ガーディナー
1937年

シャムパン・ワルツ

  • 1937年公開
  • 監督

「恋のナポリ」「ロジタ(1936)」のグラディス・スウォザウトと「丘の一本松」「テキサス決死隊(1936)」のフレッド・マクマレイが主演する映画で、ビリー・ワイルダーとH・S・クラフトの原作を「珍芸騒動」のドン・ハートマンと「ロイドの牛乳屋」のフランク・バトラーが協力脚色し、「南瓜おやじ」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・サザーランドが監督にあたり、「南瓜おやじ」「女罠」のウィリアム・C・メラーが撮影した。助演者は「女学生大行進」「コリーン」のジャック・オーキーを始め、「ルムバ」のヴェロスとヨランダ、「夜毎八時に」のハーマン・ビング、「科学者の道」のフリッツ・ライバー「1937年の大放送」のフランク・フォーレスト、「ナイトクラブ」のヴィヴイエン・オスボーン、「恋のナポリ」のベニー・ベイカー「楽天伯爵」のアーネスト・コサート等で、音楽は歌曲のほかに、シュトラウスのワルツ曲を取り入れてある。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
グラディス・スウォザウト フレッド・マクマレイ ジャック・オーキー ヴェロス
1936年

南瓜おやじ

  • 1936年公開
  • 監督

「南瓜大当たり」「南瓜サラリーマン」と同じくW・C・フィールヅが主演する映画で、ドロシー・ドネリー作の戯曲に基づき「真珠の首飾」のウォルデマー・ヤングと「少年ドン・キホーテ」のヴァージニア・ヴァン・アップが協力脚色し、「ミシシッピ」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・サザーランドが監督にあたり、「女罠」「蒼空一万里」のウィリアム・C・メラーが撮影した。助演者は「東の道」「情無用ッ」のロチェル・ハドソンを始め、「さらば海軍兵学校」のリチャード・クロムウェル、「巴里は夜もすがら」のリン・オヴァーマン、「この三人」のキャサリン・ドゥセットその他の面々である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
W・C・フィールズ ロチェル・ハドソン リチャード・クロムウェル キャサリン・ドゥセット
1935年

ダイヤモンド(1935)

  • 1935年公開
  • 監督

アメリカの紀伊国屋文左衛門とも言うべきダイヤモンド・ジム・ブレディーの数奇な生涯を映画化したもので、主役には「地下街」「蛍の光」のエドワード・アーノルドが選ばれて扮する。原作は伝記に基づいたパーカー・モレル作の小説で、「旋律の殺人」と同じくハリー・クロークとドリス・マロイが共同改作し、「お人好しの仙女」「復活(1934)」のプレストン・スタージェスが台本を作り、「ミシシッピ」「唄へ!踊れ!」のエドワード・サザーランドが監督に当たり、「地下街」「白蛾」のジョージ・ロビンソンが撮影した。音楽は現在米国作曲家中の異才と称されるファーディナンド・ゴローフェが「フランケンシュタインの花嫁」のフランツ・ワックスマンと協力して編曲している。助演者は「俺は善人だ」のジーン・アーサー、「ドン・ファン」のビニー・バーンズ、「お人好しの仙女」のシーザー・ロメロ、「コンチネンタル」のエリック・ブローア、「キャバレエの鍵穴」のヒュー・オコネル、ジョージ・シドニー、ロバート・マクウェード等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
エドワード・アーノルド ジーン・アーサー ビニー・バーンズ セザール・ロメロ

ミシシッピ

  • 1935年公開
  • 監督

「彼女は僕を愛さない」「わが胸は高鳴る」のビング・クロスビーと「かぼちゃ大当たり」「かぼちゃ太夫」のW・C・フィールズ、「金髪乱れて」「山に住む女」のジョーン・ベネットが主演する映画で、ブース・ターキントン作「マグノーリア」に基づきハーバート・フィールズとクロード・ビニヨンが共同して潤色し「かぼちゃ大当たり」のジャック・カニンガムと「恋と胃袋」のフランシス・マーティンが協力脚色し、「ローマ太平記」「唄へ!踊れ!(1933)」のエドワード・サザーランドが監督に当たり「ベンガルの槍騎兵」「キャベツ畑のおばさん」のチャールズ・ラングが撮影した。主演者3人を助けて映画初出演のミュージカル・ショウ女優クイーニー・スミス、「明日無き抱擁」のゲイル・パトリック、「罪じゃないわよ」のジョン・ミルジャン「国境の狼群(1934)」のフレッド・コーラー、クロード・ギリングウォーター等が出演する。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビング・クロスビー W・C・フィールズ ジョーン・ベネット ゲイル・パトリック
1933年

唄へ!踊れ!(1933)

  • 1933年公開
  • 監督

「ラジオは笑う」「響け応援歌」のビング・クロスビーが主演する映画で「鷲と鷹(1933)」「響け応援歌」のジャック・オーキーと「ナイトクラブの女」のスキーツ・ギャラガーが共演する。「空の花嫁」の脚色者ジョセフ・L・マンキーウィッツが書き下ろした台本により「パアミイディス」「国際喜劇ホテル」のエディー・サザーランドが監督し「深夜の紳士」のテオドル・スパークールが撮影した。歌詞は「響け応援歌」と同じくサム・コスロウが書きアーサー・ジョンストンが作曲している。助演者は「新世紀」のジュディス・アレン及びハリー・グリーン、リリアン・タッシュマン、キティー・ケリーその他である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビング・クロスビー ジャック・オーキー スキーツ・ギャラガー ハリー・グリーン

国際喜劇ホテル

  • 1933年公開
  • 監督

「動物園の殺人」「天国爆撃隊」のエドワード・サザーランドが監督した映画で、米国の離婚女王ペギー・ホプキンス・ジョイスが主演する。ニール・ブラントとルイ・イー・ハイフェッツの原作を「お化け大統領」「ルンペン紳士」のウォルター・デレオンがフランシス・マーティンと共同脚色している。ジョウイス嬢を囲って「ラジオは笑う」のスチュアート・アーウィン、「百万ドル貰ったら」のW・C・フィールズ、「ラジオは笑う」のジョージ・バーンズおよびレイシー・アレン、「恐怖城」のベラ・ルゴシ、「未亡人倶楽部」んおサリ・マリッツァ、「お蝶夫人」のエドモンド・ブリーズ等が出演するほか、ルディー・ヴァレー、キャップ・キャロウェイその他ラジオ界の人気者が共演している。撮影担当は「密林の王者」「夜毎来る女」のアーネスト・ホーラーである。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ペギー・ホプキンス・ジョイス W・C・フィールズ スチュアート・アーウィン サリ・マリッツァ

動物園の殺人

  • 1933年公開
  • 監督

「パーミー・デイス」「天国爆撃隊」のエドワード・サザーランドが監督した映画 で「獣人島」のフィッリプ・ワイリーと「暗黒街の顔役(1932)」のシートン・I・ミラーが共同して原作脚色している。出演者は「極楽特急」「お蝶夫人」のチャールズ・ラグルズ、「ドクターX」のライオネル・アトウィル「七月の肌着」のランドルフ・スコ ット、「獣人島」のキャスリーン・バーク、「暴君ネロ(1932)」のハリー・ベレスフォード、新人ゲイル・パトリックの面々で、キャメラは「密林の王者」「夜毎来る女」のアーネスト・ホーラーの担当。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ ライオネル・アトウィル ゲイル・パトリック ランドルフ・スコット
1932年

天国爆撃隊

  • 1932年公開
  • 監督、脚本

「地獄の天使(1930)」「暗黒街の顔役」と同じくハワード・ヒューズ・プロダクションで、「ロビンソン・クルーソー」「突貫勘太」のエドワード・サザーランドが監督に当たったものである。監督サザーランドが「地獄の天使(1930)」「ワイオミングの男」のジョセフ・モンキュア・マーチと共同で書卸した台本に、マーチがロバート・ベンチリー、ジェームズ・スター、キャロル・グレアム、ギャレット・グレアムと共同して台詞をつけた。撮影は「地獄の天使(1930)」「犯罪王リコ」のガエタノ・ゴーディオの担当である。出演者は「真実の力」「速成成金」のスペンサー・トレイシー、「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「拳骨大売出し」「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド、「脱走兵」「暴露戦術」のジョージ・クーパーを始め、「大西洋横断」のビリー・ビーヴァン「西部戦線異状なし」のヨーラ・ダヴリン、フォーレスター・ハーヴェイ、ウィリアム・B・デイヴィッドソン等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ウィリアム・ボイド ジョージ・クーパー アン・ヴォーザーク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・サザーランド