映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ピックフォード

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1928年 まで合計12映画作品)

1928年

ギャング・ワー

  • 1928年公開
  • 出演(Clyde_Baxter 役)

「夢想の犯罪」をものしたバート・グレノン氏監督作品で、ジェームズ・アシュモア・クリールマン氏が執筆した原作に基づき「ブラッド・シップ」「女ロビンフッド」のフレッド・マイトン氏が台本を作製した。出演者は「大学のブラウン」「バット」のジャック・ピックフォード氏と「寝巻」「無花果の葉」のオリーヴ・ボーデン嬢を始めとして、エディ・グリッボン氏、ウォルター・ロング氏、フランク・ウォング氏等で、カメラは「燃ゆる戦線」「珍雄凱旋」のヴァージル・ミラー氏担任

監督
バート・グレノン
出演キャスト
ジャック・ピックフォード オリーヴ・ボーデン エディ・グリッボン ウォルター・ロング
1926年

大学のブラウン

  • 1926年公開
  • 出演(Jim_Doolittle 役)

リダ・ジョンソン・ヤング女史作の有名な舞台劇を映画化したもので、A・P・ヤンガー氏とドナルド・オグデン・スチュワート氏とが脚色し、「奔流恋を乗せて」「奇略縦横」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督した。主役は「青春の美酒」等出演のウィリアム・ヘインズ氏が演じ、「バット」「鷲鳥飼う女」等出演のジャック・ピックフォード氏、「可愛いフランス娘」「ジョニー大勝利」等出演のメアリー・ブライアン嬢が共演するほか、フランシス・X・ブッシュマン・ジュニア氏、メアリー・アルデン嬢、デイヴィッド・トーレンス氏、エドワード・コネリー氏等が助演する愉快なる大学生劇である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ ジャック・ピックフォード メアリー・ブライアン フランシス・X・ブッシュマン・ジュニア
1925年

鵞鳥を飼う女

  • 1925年公開
  • 出演(Gerald_Holmes 役)

アメリカ文豪レックス・ビーチ氏の原作をメルヴィル・ブラウン氏が脚色し「信号塔」「燻ゆる情炎」等と同じくクラレンス・ブラウン氏が監督した。主役は「男子改造」等出演のルイズ・ドレッサー嬢と「天地も裂けよ」「奔流千里」主演のジャック・ビックフォード氏。「ニューヨークの暗黒面」出演のコンスタンス・ベネット嬢も主要な役を演じている。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ルイズ・ドレッサー ジャック・ピックフォード コンスタンス・ベネット ジェームズ・バーロウズ

天地も裂けよ

  • 1925年公開
  • 出演(Jack_Joyce 役)

「馬蹄千麈」「奔流千里」に続くジャック・ピックフォード氏の主演映画で、原作はパラマウントの名監督ジェームズ・クルーズ氏と「ホリウッド」の原作者フランク・コンドン氏の合作になつたもの。新進のヴァーノン・キース氏が監督した。ピックフォード氏の対手は「縺れ行く情火」「奔流恋を乗せて」出演のノーマ・シアヲー嬢、「ボー・ブラムメル」等出演のアレック・フランシス氏、「ボンジョーラ」等出演のクレア・マクドウェル嬢等で愉快な喜活劇である。

監督
ヴァーノン・キース
出演キャスト
ジャック・ピックフォード クレア・マクドウェル アレック・B・フランシス ノーマ・シアラー
1924年

ヒル・ビリー

  • 1924年公開
  • 出演(Jed_McCoy 役)

「馬蹄千塵」に次ぐジャック・ピックフォードの作品で、「渓谷の乙女」等の原作を書いたジョン・フォックス・ジュニアの小説に基づき、マリオン・ジャクソンが脚色し、ジョージ・ヒルが監督した。ピックフォードの対手は「嵐の判決」「富に群がる者」等出演のルシル・リクセンである。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ジャック・ピックフォード ルシル・リクセン フランク・レイ ラルフ・イアズリー
1921年

勝手口から

  • 1921年公開
  • 監督

「鳥人獣人」「私が女なら」等の原作者マリオン・フェアファックス女史が特にメアリー・ピックフォード嬢のために書き下ろした人情劇で、「醒めよ若者」を監督したアルフレッド・E・グリーン氏と、ピックフォード嬢の弟ジャック氏とが共同で監督したもの。ニュース誌は「ピックフォード嬢の才能と性格によって平凡な筋が面白く見られる」と評している。ガートルード・アスター嬢、ウィルフレッド・ルーカス氏、アドルフ・マンジュウ氏等が対手役を演じている。

監督
アルフレッド・E・グリーン ジャック・ピックフォード
出演キャスト
メアリー・ピックフォード ガートルード・アスター ウィルフレッド・ルーカス Helen Raymond

総てを持てる男

  • 1921年公開
  • 出演(Harry_Bully 役)

ベン・エイムス・ウィリアムス氏の原作を「懐かしのケンタッキー(1919)」や「ダッディー・ロング・レッグス」の監督助手をしたアルフレッド・E・グリーン氏が監督した人情劇で、主役はジャック・ピックフォード氏である。永くゴールドウィンにいて「砂漠の情火」「花祭りの夜」等出演の性格俳優アレック・B・フランシス氏が盲目の乞食を演じて最も光っているという。プリシラ・ボナー嬢、シャノン・デイ嬢等いう若手が対手である。『彼の演ずる性格を表現することのできぬスターの演技はこの作品の大欠点である。しかし興行上の成績は相当のものであろう。それは脚色と監督の滑らかなためである。』とはニュース誌の評。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ジャック・ピックフォード プリシラ・ボナー ライオネル・ベルモア アレック・B・フランシス
1920年

輝く小羊

  • 1920年公開
  • 出演(Chad 役)

ジョン・フォックス氏の同名の小説より脚色せるもので、劇の時代は南北戦争の頃、カムバーランドの山の中に物語は展げられて行く、ジャック・ピックフォード氏が主役チャッドに、ポーリン・スターク嬢が彼の恋人メリッサに、その他クララ・ホートン嬢やクラーク・マーシャル氏が共演している。監督はウォーレス・ウォースリー氏。本年2月下旬に発売になった映画である。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
ジャック・ピックフォード クララ・ホートン ポーリン・スターク J. Park Jones
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ピックフォード