映画-Movie Walker > 人物を探す > フランキー・リー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1925年 まで合計14映画作品)

1925年

火焔を潜りて

  • 1925年
  • 出演(Bud 役)

お馴染みの西部物語作者ゼーン・グレイ氏の小説をルシエン・ハバード氏が脚色し「迸る魂」等と同じくウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので「黄金の誘惑」のオーエン・ムーア氏、「鵞鳥を飼う女」のコンスタンス・ベネット嬢、「虚栄の市(1923)」のメーベル・ボーリン嬢、「美人貧客」のデイヴィッド・バトラー氏等が競演し、チャールズ・オーグル氏、フランキー・リー君等も出演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
オーエン・ムーア コンスタンス・ベネット メーベル・ボーリン チャールズ・オーグル
1923年

総動員

  • 1923年
  • 出演(Jimmie _a_newsboy 役)

かつて本邦斯界の人気者であったエモリー・ジョンソン氏が監督してエフ・ピー・オー社の為に製作した映画で主役は「征服の力」「白日の下に」等で妙腕を見せたラルフ・ルイス氏である。「オーバー・ザ・ヒル」「ファントマ」等で知名のジョニー・ウォーカー氏、ジョンソン氏夫人たり旧ユ社青鳥時代の本邦ファンの憧憬たりしエラ・ホール嬢、名子役フランキー・リー君、名馬バレット等が共演し斯界稀有実感の出た火事場等を取入れ面も人情味豊富の活劇である。

監督
エモリー・ジョンソン
出演キャスト
ラルフ・ルイス フランキー・リー ジョセフィン・アデーア ヴァージニア・トルー・ボードマン

仮面の勇士

  • 1923年
  • 出演(Andy_Lane 役)

「悪魔の花園」「虚栄地獄」等と同じくルイ・ガスニエの監督作品で、1921-2年度最良戯曲の一つといわれたギルバート・エメリー原作の舞台劇に基づき、イヴ・アンセルが脚色したもの。主役は「悪魔の花園」「活路は輝く」等出演のガストン・グラス、「虚栄地獄」「聖者エルモ」出演のバーバラ・ラ・マーで、デいヴィッド・バトラー、ドリス・ポウン、シャノン・デイ等も共演する。運命の皮肉を描いた風刺的な物語である。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
ガストン・グラス バーバラ・ラ・マー ジョン・セント・ポリス マーサ・マトックス

殺人光線

  • 1923年
  • 出演(Bobbie 役)

ローランド・ウェストとカーライル・ムーア合作の舞台劇を、ローランド・ウェストとポール・ショーフィールドとが脚色し、ウェスト自ら監督して製作せる映画。主役は性格俳優として有名なヘンリー・B・ウォルソール「霊界の使者」等出演のアリス・レイク、「ゼンダ城の虜(1922)」「二国旗の下に」等出演のスチュアート・ホームズ、「結婚とは」等出演のヘレン・ファーガソン等である。

監督
ローランド・ウェスト
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール アリス・レイク スチュアート・ホームズ ヘレン・ファーガソン
1922年

幽明境

  • 1922年
  • 出演(Jimty 役)

「野良犬と金剛石」「姿なき男」等の脚色をしたビューラー・マリー・ディックスの原作及び脚色になり、「野良犬と金剛石」「爆音千里」等と同じくポール・パウエルの監督で、同じくアグネス・エイアースの主演になったもの。アグネスは3役を演出する。対手役には「アダムス・リブ」「燃ゆる砂」等の出演のミルトン・シルス、「八釜し屋」「有閑階級」等出演のカッスン・ファーガソン等がある。その他フレッド・ハントリーやバートラム・グラスビー、メアリー・ジェーン・アーヴィング等仲々に良い役割である。

監督
ポール・パウエル
出演キャスト
アグネス・エイアース ミルトン・シルス フレッド・ハントリー バートラム・グラスビー

鉄拳の人

  • 1922年
  • 出演(The Kid 役)

R・G・カーク原作の人情活劇で、ホバート・ヘンリーの監督、ハーバート・ローリンソンの主演になった本年度作品で、相手は「大冒険」などに出演のガートルード・オルムステッド。フランキー・リー、フレッド・コーラーらも出演する。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ハーバート・ローリンソン ガートルード・オルムステッド ウィリアム・ウェルチ フランキー・リー
1921年

貧しき者の幸福

  • 1921年
  • 出演(John_in_Prologue 役)

ルロイ・スコット原作の「母」“The Motherに基づき、アーサー・F・スタッターが脚色し、「懐しの我家」「砂漠の情火」等と同じくレジナルド・バーカーが監督したもので、主役は「爆音千里」「椰子の葉蔭」等に出演したリチャード・ディックス、「屠殺者(1922)」「初恋(1971)」等出演のリートリス・ジョーイ、「リチャード獅子王」「快男子ソーヤー」等出演のジョン・ボワーズ、「運命の罠」その他のフォックス映画でお馴染みのルイズ・ラヴリー等で、端役にはアイリーン・リッチや子役のフランキー・リー、メアリー・ジェーン・アーヴィング等が出るという、良い役割である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
リチャード・ディックス リートリス・ジョーイ ジョン・ボワーズ ルイズ・ラヴリー

  • 1921年
  • 出演(Buster 役)

早川雪洲が自ら原作を書いて主演した人情劇で、監督は最近氏の作品を数多く監督するコーリン・キャンベルで、雪洲の相手は「駒鳥の舞」で最近姿を見せたベシー・ラヴである。そのほかウォールキャムブの夫君ハーランド・タッカーや、名子役フランキー・リーが出演する。

監督
コリン・キャンベル
出演キャスト
早川雪洲 ベッシー・ラブ ジャニス・ウィルスン フランキー・リー

殺人者(1921)

  • 1921年
  • 出演(Bobby_Emory 役)

スチュワート・エドワード・ホワイト氏原作の小説をE・リチャード・スケイヤー氏が脚色し、ベッシー・バリスケエル嬢の夫君ハワード・ヒックマン氏の監督した西部活劇でベンジャミン・ハムトマン氏の製作に係るものである。背景は砂塵漠々たるアリゾナで、ロマンティックの雰囲気の中に激しい活劇が展開される。主役はクレア・アダムス嬢、ジャック・コンウェイ氏、フランク・カンポー氏などである。「立派な作品で、戦慄すべき物語」とニュース誌は評している。

監督
ハワード・ヒックマン
出演キャスト
クレア・アダムス ジャック・コンウェイ フランキー・リー フランク・カンポー

恋はめぐる

  • 1921年
  • 出演(Neal_Ward 役)

「暁の騎手」「金!金!金!」などと同じくホドキンスン・ハンプトン映画で、クレア・アダムスとロバート・マッキムが同様出演し、マッキムが主役となって活躍している。

監督
ベンジャミン・B・ハンプトン
出演キャスト
クレア・アダムス Carl Gantvoort ロバート・マッキム リディア・ノット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランキー・リー