TOP > 人物を探す > アリス・レイク

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1934年 まで合計17映画作品)

1922年

環境

  • 1922年
  • 出演(Sally_Doran 役)

ユ社の脚色家として相当に有名なハーヴェイ・ゲイツの脚色になり、「白日の下に」「雪中に飛ぶ肉弾」等と同じくアーヴィング・カミングスの監督になったもの。主役は「善悪の境」「死の勝利」等主演のミルトン・シルスと、「壁の穴(1921)」「蜘蛛と薔薇」等出演のアリス・レイクで、その他「征服の力」「総動員」等出演のラルフ・ルイスも重要な役を演じる。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ミルトン・シルス アリス・レイク ベン・ヒューレット ガートルード・クレアー
1921年

凶電話

  • 1921年
  • 出演(Kathleen_Dexter 役)

アーサー・ソマーズエドワード・ロウ・ローチの原作「破壊点」The Breaking Pointを小エドワード・ロウが脚色し、「母呼ぶ声」やユ社の「野に咲く花」を監督したウェズリー・ラッグルズが監督したものである。アリス・レイクとアルバート・ロスコーの共演によった人情劇。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
アリス・レイク アルバート・ロスコー ジョージ・スチュワート アラン・ヘイル

壁の穴(1921)

  • 1921年
  • 出演(Jean_Oliver 役)

フレデリック・J・ジャクソンの原作を、ジューン・メイシスが脚色し、「極楽十銭旅行」「吾子の寝顔」等と同じくマックスウェル・カージャーが監督し、「吾子の寝顔」「電話の銃声」等と同じくアリス・レイクが主演するもの。対手役はアレン・フォレスト。

監督
マックスウェル・カージャー
出演キャスト
アリス・レイク アレン・フォレスト フランク・ブラウンリー チャールズ・クラリー
1920年

ショアー・エイカーズ

  • 1920年
  • 出演(Helen_Berry 役)

ジェームズ・A・ハーン氏の有名な舞台劇で、これをアーサー・ゼルナー氏が脚色し、ユ社の古いブルーバード映画を監督して有名なレックス・イングラム氏が監督して製作せる漁村を背景としたローマンスで、主役はロスコー・アーバックル氏の対手からメトロのスターに昇進し「秘密の軍器」「告白すべきか?」に主演したアリス・レイク嬢。「踊子となりて」主演のロバート・ウォーカー氏や、「運命の玩具」「柳の精」等出演のエドワード・コネリー氏等も出演している。

監督
レックス・イングラム
出演キャスト
アリス・レイク ロバート・ウォーカー エドワード・コネリー フランク・ブラウンリー
1919年

ロムバルジー

  • 1919年
  • 出演(Norah 役)

フレデリック・ハットンおよび夫人のファニー・ハットンの原作を、ジューン・メイシスが脚色し、ユ社で「黄金洪水」「巴里の驚異」などを製作したジャック・コンウェイが監督で、バート・ライテル氏が主演、アリス・レイク、ファニタ・ハンセンらの共演によって作られた人情劇である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
バート・ライテル アリス・レイク ヴェラ・ルイス ファニタ・ハンセン

飛躍の秋

  • 1919年
  • 出演(Felicia_Bocaz 役)

初めての御目見得ヘール・ハミルトン氏の紹介映画で、ダグラス式の喜活劇である。対手はデブ君の対手から今はメトロのスターに昇進しているアリス・レイク嬢、長らくメトロ映画の製作に提わっているハリー・L・フランクリン氏の監督である

監督
ハリー・L・フランクリン
出演キャスト
ヘール・ハミルトン アリス・レイク アリス・ノウランド フレッド・マラテスタ

告白すべきか?

  • 1919年
  • 出演(Meta_Maxon 役)

アリス・レイク嬢と、ジャック・マルホール氏共演の社界劇で、「何者」「盲人の眼」等の監督者ジョン・E・インス氏の手練れた監督手腕が全篇に見られる。永くメトロに居る作家フィニス・フォックス氏の原作である。

監督
ジョン・E・インス
出演キャスト
アリス・レイク フランク・カリアー ジャック・マルホール Relyea Anderson
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アリス・レイク