映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・レイク

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1934年 まで合計17映画作品)

1934年

白蛾(1934)

  • 1934年
  • 出演(Secretary 役)

「巨人登場」「鉄血士官校」のウィリアム・ワイラーが監督下映画で、「客間の燭台」のポール・ルーカスと「キャバレエの鍵穴」「アメリカの暴露」のコンスタンス・カミングスが主演する。「晩餐八時」のエドナ・ファーバーの書き下ろしたものを「山に住む女」のドリス・アンダーソンが映画脚色し、「わがまま者」のグラディス・アンガーが台本を製作した。助演者は「流行の王様」出演の舞台から来た新人フィリップ・リードを始め「闇の口笛」のジョセフ・カウソーン、「秘密」のドリス・ロイド、そのほかで、撮影は「ナガナ」「全米軍」のジョージ・ロビンソンの担当である。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ポール・ルーカス コンスタンス・カミングス フィル・リード ジョセフ・カウソーン
1931年

鉄窓の女

  • 1931年
  • 出演(Prisoner 役)

アデラ・ロジャース・セント・ジョンの組み立てたものからケニオン・ニコルソン、キャスリン・スコラが協力して撮影台本にまとめ上げ、「陽気な後家さん」「戦争」のアラン・ドワンが監督し、「ダイナマイト(1929)」のペヴァレル・マーレーが撮影した映画で主なる出演者は「街の令嬢」のエリッサ・ランディ、「間諜X27」「各国の女」のヴィクター・マクラグレン、「悪魔が跳び出す」のセオドア・フォン・エルツ、「陽炎の春」のユーナ・マイケル、オスカー・アッフェル、舞台出のアラン・ダインハート、アイリーン・リッチ、アイリーン・パーシー、メイ・ブッシュ、アリス・レイク等々である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
エリッサ・ランディ ヴィクター・マクラグレン セオドア・フォン・エルツ ウナ・マーケル
1929年

私のあなた

  • 1929年
  • 出演(Mrs._Treejohn 役)

「歓楽地帯」「恋と休暇」「楽天奇術師」等出演のジャック・マルホール氏のスター昇進第一回主演映画で、マーガレット・メイヨ女史とソールズベリー・フィールド氏とが合作した舞台喜劇に基いて「恋と休暇」「美人売約済」のユフ・マッグルー・ウィリス氏が脚色し「高速度娘」「熱血ボクシング手」のアルフレッド・サンテル氏が監督し、「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ポリート氏が撮影した。助演者は「ニューヨーク狂想曲」「明日の結婚」のパッシー・ルス・ミラー嬢を始め、「私のパパさん」「断想悲曲」のアーマンド・カリス氏、「恋と休暇」「狂言成金」のガートルード・アスター嬢及び「ダミー」「結婚行進曲」ののザス・ピッツ嬢。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ジャック・マルホール パッシー・ルス・ミラー アーマンド・カリス ガートルード・アスター

氷原の情炎

  • 1929年
  • 出演(Little_Casino 役)

「南海の薔薇」「鉄仮面」「世話女房」等のアラン・ドワンの監督に成るもの。エリオット・レスターの舞台劇をば、「老番人」「幸運の星」等のソニア・レヴィーンが脚色し「氷に閉ざされて」等のオーウェン・デイヴィスが台詞を受け持っている。「紐育の波止場」「女の一生」「アビーの白薔薇」等のハロルド・ロッソンが撮影を担当している。俳優は、ベラスコ門下のレノア・ウルリックが第1回のトーキー主演であり、「沙漠颪(1926)」「ドレーク事件」等のロバート・フレイザーと、「ソレルとその子」「テムペスト(1928)」「西部戦線異状なし」等のルイス・ウォルハイムとが助演する。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ルノアー・ウルリック ロバート・フレイザー ルイス・ウォルハイム ウルリッヒ・ハウプト
1927年

幽霊船(1927)

  • 1927年
  • 出演(Martha_Gant 役)

「男装女キャプテン」と同じくジャック・ロンドン氏の小説にヒントを得て作られた映画で、イー・モントン・ホウ氏が映画用に改作し、それをベン・コーエン、ベン・アリ・ニューマンの二氏が脚色した。監督は新顔のフォレスト・シェルドン氏で、「獄中日記」のモンタギュー・ラヴ氏、「3悪人」のトム・サンチ氏「吃驚仰天」のドロシー・セバスチャン嬢、「悪魔の踊子」の上山草人氏、以前メトロのスターたりしアリス・レイク嬢、レイ・ホーラー氏、等が共演するものである。

監督
フォレスト・シェルドン
出演キャスト
ドロシー・セバスチャン モンタギュー・ラヴ トム・サンチ レイ・ホーラー
1923年

結婚マーケット

  • 1923年
  • 出演(Lillian_Piggott 役)

エドワード・ルサンの監督した結婚問題劇で、主役は「アダムス・リブ」出演のポーリン・ギャロンで、「社交界の怪賊」等出演のジャック・マルホールや、「霊界の使者」等出演のアリス・レイク等が対手役を演じている。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
ポーリン・ギャロン Kate Lester マーク・ロビンス アリス・レイク

蜘蛛と薔薇

  • 1923年
  • 出演(Paula 役)

ベニー・ジードマンの独立作品で、ジャック・マクダーモットの監督。主役には「電話の銃声」「壁の穴(1921)」等出演のアリス・レイク、「ユーモレスク(1920)」等出演のガストン・グラス、その他ロバート・マッキム、ノア・ビアリー、フランク・カンポー等の腕利きが助演する。

監督
ジャック・マクダーモット
出演キャスト
アリス・レイク ガストン・グラス リチャード・ヘドリック ジョセフ・J・ダウリング

殺人光線

  • 1923年
  • 出演(Jewel_Marchmont 役)

ローランド・ウェストとカーライル・ムーア合作の舞台劇を、ローランド・ウェストとポール・ショーフィールドとが脚色し、ウェスト自ら監督して製作せる映画。主役は性格俳優として有名なヘンリー・B・ウォルソール「霊界の使者」等出演のアリス・レイク、「ゼンダ城の虜(1922)」「二国旗の下に」等出演のスチュアート・ホームズ、「結婚とは」等出演のヘレン・ファーガソン等である。

監督
ローランド・ウェスト
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール アリス・レイク スチュアート・ホームズ ヘレン・ファーガソン
1922年

吾子の寝顔

  • 1922年
  • 出演(Nita_Gordon 役)

「電話の銃声」と同様アリス・レイク嬢主演のメトロ映画である。原作は「黙示録の4騎士」等の脚色者たる女流名手ジューン・メイシス女史で、フローレンス・ヘイン女史が脚色し、「靴と恋」等の監督者、かつてメトロ社総監督たりしマックスウェル・カージャー氏が監督したものである。「曠野に叫ぶ(1921)」「ハートの1」等出演最近売出しのジョン・ボワーズ氏が相手役を勤め、セネット喜劇でお馴染みのハリエット・ハモンド嬢や「黙示録の4騎士」等に妙腕を見せたジョセフ・スウィッカード氏等が出演する。

監督
マックスウェル・カージャー
出演キャスト
アリス・レイク ジョン・ボワーズ ハリエット・ハモンド ジョセフ・スウィッカード

氷原の血煙

  • 1922年
  • 出演(John_Cameron 役)

自社やファースト・ナショナル映画等の監督に当たっていたエドウィン・カリューウ氏が再び自社において監督製作した映画で、原作は雪国活劇の多数を書いてお馴染みのジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の小説『大北の詩的な審き』(The Poetic Justice of Uko San)で脚色はレイモンド・L・シュロック氏である。役割はすこぶる立派で、ケネス・ハーラン氏が主演、その他「ユーモレスク(1920)」のガストン・グラス氏「熱血の大河」「新三銃士」等のローズマリー・セビー嬢、「電話の銃声」等のアリス・レイク嬢。「海の狼(1920)」等のノア及び「ロビン・フッド(1922)」「勇敢なる孤児」等のウォーレスのビーアリー兄弟が共演している。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
アリス・レイク ケネス・ハーラン ローズマリー・セビー ガストン・グラス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・レイク