映画-Movie Walker > 人物を探す > マージョリー・ホワイト

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1933年 まで合計12映画作品)

1933年

頓珍漢外交ゼネバ行

  • 1933年
  • 出演(Dolores 役)

「頓珍漢嫁探し」「アフリカは笑ふ」と同じくバート・ウイーラー、ロバート・ウールジー主演喜劇で、「百万円貰ったら」「空の花嫁」のジョセフ・L・マンキーウィッツが自作の書き下ろしものを「進めオリンピック」のハリー・マイヤースと共同脚色し、「頓珍漢嫁探し」「人間の横道」のウィリアム・A・サイターが監督し、「南海の劫火(1932)」「シマロン(1931)」のエドワード・クロンジェガーが撮影したもの。助演者は「彼女の用心棒」「各国の女」のマージョリー・ホワイト、「シナラ」「キートンの麦酒王」のフィリス・バリー、「フリスコ・ジェニー」「我輩はカモである」とルイス・カルハーン等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー マージョリー・ホワイト フィリス・バリー

彼女の用心棒

  • 1933年
  • 出演(Lita 役)

「暗夜行路」「爆走する悪魔」のエドモンド・ロウと「爆走する悪魔」「夫を殺すまで」のウィン・ギブソンが主演する映画で、コリー・フォードの原作をフランシス・マーティンとフランク・パートスが共同潤色し、「国際喜劇ホテル」のウォルター・デレオンと「快走艇」のラルフ・スペンスが共同脚色し、「ハリウッドは大騒ぎ」のウィリアム・ボーディンが監督し、レオン・シャムロイが撮影した。助演者は「ジェニイの一生」のエドワード・アーノルド、「419号室の女」のジョニイ・ハインズ、「殺人魔の魂」のアラン・ダインハート、「各国の女」のマージョリー・ホワイト、ファジイ・ナイト等である。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ウィン・ギブソン エドワード・アーノルド ジョニー・ハインズ
1931年

接吻強盗

  • 1931年
  • 出演(Totsy_Franklin 役)

「モンテカルロ」「極楽島満員」のジャネット・マクドナルドと「キートンの恋愛指南番」「マダム・サタン」のレジナルド・デニーとが主演する映画。メアリー・F・ワトキンスの原作をフィリップ・クラインとリン・スターリングとが脚色、台詞をつけ、舞台から来た監督者ハミルトン・マクファッデンが監督し、「ケンタッキーの唄」「仮面の男(1929)」のチャールズ・G・クラークが撮影した。助演者は「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、「1930年フォックス・フォリーズ」のマージョリー・ホワイト、アルバート・コンティ、ベラ・ルゴシ、ボディル・ロージング等。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ジャネット・マクドナルド レジナルド・デニー ウォーレン・ハイマー マージョリー・ホワイト

蜃気楼の女

  • 1931年
  • 出演(Vernice 役)

エドガー・セルウィン原作の舞踏劇「蜃気楼」を「赤熱の抱擁」のレノア・コフィー改作脚色し、「ロマンス」「インスピレーション」のクラレンス・ブラウンが監督に当たり「月光の曲」「ニュームーン」のオリヴァー・T・マーシュが撮影を担当した物で、主なる出演者は「暗黒街に踊る」「デパートの横顔」のジョーン・クローフォード、「秘密の6」「無冠の帝王」のクラーク・ゲーブル、「悪魔が跳び出す」「極楽島満員」のスキーツ・ギャラガー、ウォーレス・フォード、フランク・コンロイ、マージョリー・ホワイト、ジョン・ミルジャン等である。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ジョーン・クロフォード クラーク・ゲーブル ウォーレス・フォード スキーツ・ギャラガー

黒い駱駝

  • 1931年
  • 出演(Rota_Ballou 役)

「怪探偵張氏」と同じくアール・デル・バカース作の小説を映画化したもので、脚色はヒュー・ステンジ、パリーコナーズ、フィリップ・クライン三人が共同で当たり、監督は「怪探偵張氏」のハミルトン・マクファッデンが受け持った。主演者は前回と同じくワーナー・オーランドデ「バッド・ガール」のサリー・アイラース、「魔人ドラキュラ」ノベラ・フゴシ、ドロシー・レヴィア、ヴィクター・ヴァルコニア、マレイ・キンネル等が助演、撮影者は「野蛮な紳士」のダニエル・B・クラークである。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ワーナー・オーランド サリー・アイラース ベラ・ルゴシ ドロシー・レヴィア

怪探偵張氏

  • 1931年
  • 出演(SadieMinchin 役)

「熱砂果つるところ」と同じくアール・ディア・ビッガース作のチャリー・チャン・シリーズの一篇を映画化したもので脚色は「盗まれた接吻」のフィリップ・クライン及びバリー・コナーズ。の二者が受持ち、監督は「盗まれた接吻」のハミルトン・マクファッデンがあたっった。主演者は「フーマンチュウ博士」「放浪の王者(1930)」のワーナー・オーランドで「ビッグ・トレイル(1930)」「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチル、「我が心の歌(1930)」のジョン・ギャリック、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、「トレスパサー」のウィリアム・ホールデンその他が助演、カメラは「悪に咲く華」「拳銃の洗礼」のジョージ・シュナイダーマンが担当である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
マーゲリット・チャーチル ジョン・ガーリック ワーナー・オーランド ウォーレン・ハイマー

各国の女

  • 1931年
  • 出演(Margie 役)

ラウール・ウォルシュ監督、ヴィクター・マクラグレン、エドモンド・ロウ主演。すべて「藪睨みの世界」と同じ組み合わせの下に製作された映画でバリー・コナーズが原作及び台詞執筆、「ビッグ・トレイル(1930)」のルシエン・アンドリオ撮影担任。助演者は「ファジイル」のグレタ・ニッセン、「ビッグ・トレイル(1930)」のエル・ブレンデル、「鉄骨エロ騒動」のフィフィ・ドルセイ、マージョリー・ホワイト、マリオン・レッシングその他である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン エドモンド・ロウ グレタ・ニッセン エル・ブレンデル
1930年

1930年フォックス・フォリース

  • 1930年
  • 出演(Vere_Fontaine 役)

昨年発表された「フォックス・ムーヴィートン」と同じ趣向をもて製作された歌と踊りと音楽とを主とするレヴュー映画である。劇筋そのほか大体のストーリーは「想夫舞曲」「鉄骨エロ騒動」のウィリアム・K・ウェルズが組み立て、「ハッピイ・デイス」「ハバナから来た女」のベンッジャミン・ストロフが監督し、「鉄骨エロ騒動」「ヨーロッパ突進」のL・ウィリアム・オコンネルが撮影した。主なる出演者は「サニー・サイド・アップ」「巴里よいとこ」のエル・ブレンデル、「サニー・サイド・アップ」「ハッピイ・デイス」のマージョリー・ホワイト、「ドノヴァン」「母よ愚かなれ」のウィリアム・コリアー・ジュニア「七つの鍵」「愛の医者」のミリアム・シーガー、ノール・フランシス、フランク・リチャードソン等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
エル・ブレンデル マージョリー・ホワイト フランク・リチャードソン ノール・フランシス

50年後の世界

  • 1930年
  • 出演(D-6 役)

デ・シルヴァ、リュー・ブラウン、レイ・ヘンダーソンの3人組が原作、脚色、台詞、作曲すべてを共同執筆し「サニー・サイド・アップ」と同じくデイヴィッド・バトラー監督、アーネスト・パーマーが撮影を担任した映画で、「ビッグ・トレイル(1930)」のエル・ブレンデル、「春ひらく(1930)」のモーリン・オサリヴァン、「友愛天国」のマージョリー・ホワイト、ジョン・ギャリック、フランク・アルバートソン、ホバート・ボスウォース、ケネス・トンプソン主なる出演者である。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
エル・ブレンデル モーリン・オサリヴァン ジョン・ガーリック マージョリー・ホワイト

脚線価千金

  • 1930年
  • 出演(Alice 役)

「アメリカ娘に栄光あれ」「化粧の天使」と同じくミラード・ウェッブの監督した映画で、アーロン・デイヴィス作の物語を、「都会の女」「情熱のメキシコ」のマリオン・オースがハロルド・アタリッジと共同して脚色、アタリッジが台詞を書いた。撮影は「愛の爆笑」「ハッピイ・デイス」のルシエン・アンドリオが担当している。出演者は「ハリウッド盛衰記」「闇の巷」のジャック・マルホール、「浮気発散」「曠野に叫ぶ(1930)」のスー・キャロル、「巴里よいとこ」「サニー・サイド・アップ」のエル・ブレンデルをはじめ、「ハッピイ・デイス」に共演したマージョリー・ホワイトとリチャード・キーン「ハヴァナから来た女」のポール・ペイジ、「浮気発散」のウォルター・カトレット等の良い顔触れ揃いである。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ジャック・マルホール スー・キャロル エル・ブレンデル マージョリー・ホワイト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マージョリー・ホワイト