映画-Movie Walker > 人物を探す > 石塚英彦

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2017年 まで合計11映画作品)

2017年

イタズラなKiss THE MOVIE 3 ~プロポーズ編~

  • 2017年春公開
  • 出演

1990年代に大ヒットした多田かおるの少女漫画映画化シリーズ最終章。琴子は頭脳明晰な直樹に憧れ続けていたが、彼は父の会社を助けるために取引先会長の孫娘との縁談を承諾。雨の中叶わぬ恋に悩む琴子を前に、直樹は傘を差しだし、本当の思いを明かす。監督はハイスクール編・キャンパス編に続き溝口稔。劇団EXILEの佐藤寛太が文武両道で眉目秀麗な直樹を、おっちょこちょいだけど前向きな琴子を「コープスパーティー」の美沙玲奈が引き続き演じる。

監督
溝口稔
出演キャスト
佐藤寛太 美沙玲奈 山口乃々華 大倉士門

イタズラなKiss THE MOVIE2〜キャンパス編〜

  • 2017年1月27日(金)公開
  • 出演(入江重樹 役)

日本だけでなく韓国や台湾、タイなどでもドラマ化された、多田かおる原作の人気コミックを映画化したラブ・コメディの第2弾。同じ大学に進学したヒロイン・琴子と直樹の恋の行方がつづられる。前作に引き続き、主人公の琴子を美沙玲奈が、劇団EXILEの佐藤寛太がIQ200の天才イケメンの直樹を演じる。

監督
溝口稔
出演キャスト
佐藤寛太 美沙玲奈 山口乃々華 大倉士門
2016年

イタズラなKiss THE MOVIE〜ハイスクール編〜

  • 2016年11月25日(金)公開
  • 出演(入江重樹 役)

日本だけでなく韓国や台湾、タイなどでもドラマ化された、多田かおる原作の人気コミックを映画化したラブコメディ。おバカな女子とイケメン天才男子が様々なトラブルに見舞われながらも、恋を実らせていく様がつづられる。劇団EXILEの佐藤寛太がイケメンの天才を、主人公の琴子を美沙玲奈が演じる。

監督
溝口稔
出演キャスト
佐藤寛太 美沙玲奈 山口乃々華 大倉士門
2009年

20世紀少年 最終章 ぼくらの旗

  • 2009年8月29日(土)公開
  • 出演(マルオ 役)

浦沢直樹のベストセラーコミックを実写映画化した、サスペンス3部作の完結編。原作とは異なる衝撃のクライマックスとともに、謎だった“ともだち”の正体がついに明らかに。

監督
堤幸彦
出演キャスト
唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之

20世紀少年 第2章 最後の希望

  • 2009年1月31日(土)公開
  • 出演(マルオ 役)

浦沢直樹のベストセラーコミックを原作にした、サスペンス3部作の第2弾。“ともだち”の手によってテロ集団に仕立て上げられたケンヂたちが、静かな反撃を始動させる!

監督
堤幸彦
出演キャスト
豊川悦司 常盤貴子 平愛梨 香川照之
2008年

20世紀少年 第1章 終わりの始まり

  • 2008年8月30日(土)公開
  • 出演(マルオ(丸尾道浩) 役)

浦沢直樹の大ベストセラー・コミックを豪華キャストにより映画化した3部作の第1弾。冴えない中年男とその幼なじみたちが、人類滅亡を阻止するため、謎の教団に戦いを挑む。

監督
堤幸彦
出演キャスト
唐沢寿明 豊川悦司 常盤貴子 香川照之
2004年

劇場版NARUTO ナルト 大活劇!雪姫忍法帖だってばよ!!

  • 2004年8月21日(土)公開
  • 出演(風花早雪 役)

テレビアニメ化もされた、人気コミックの映画版。ワガママ女優に振り回される落ちこぼれ忍者ナルトの奮闘が、にぎやかに展開する。短編「木ノ葉の里の大うん動会」を併映。

監督
岡村天斎
出演キャスト
竹内順子 甲斐田裕子 杉山紀彰 中村千絵

伝説のワニ ジェイク

  • 2004年2月7日(土)公開
  • 出演(申相玉 役)

知る人ぞ知るユニークな同名テレビシリーズを劇場公開。「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心監督が、幻のワニの存在を通して人間の心の内を描く不思議なファンタジーだ。

監督
犬童一心
出演キャスト
村上淳 市川実日子 松尾スズキ 塚本晋也
1997年

なにわ忠臣蔵

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 出演(竹本 役)

名作歌舞伎『忠臣蔵』を現代のヤクザの世界に置き換えて、豪華キャストで描いた群像ドラマ。監督は「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTXIV」の萩庭貞明。脚本は「コギャル喰い/大阪テレクラ篇」の友松直之。撮影を「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PARTX」の三好和宏が担当している。主演は「三たびの海峡」の岩城滉一。

監督
萩庭貞明
出演キャスト
岩城滉一 長門裕之 鶴見辰吾 大和武士

恋と花火と観覧車

  • 1997年2月15日(土)公開
  • 出演(税理士A 役)

恋愛の現役ではないという気後れから肝心な一歩が踏み出せない中年男と、年下の女性の恋愛模様を描いたロマンティック・コメディ。監督は「勝手に死なせて!」の脚本家として知られる砂本量で、本編で監督としてデビューした。秋元康による原作を、秋元と砂本が共同脚色。撮影を「風のかたみ」の加藤雄大が担当している。主演は「絵の中のぼくの村」の長塚京三と、映画初出演の松嶋菜々子。

監督
砂本量
出演キャスト
長塚京三 松嶋菜々子 生瀬勝久 酒井美紀
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 石塚英彦