映画-Movie Walker > 人物を探す > 寺田千穂

年代別 映画作品( 1997年 ~ 2010年 まで合計5映画作品)

2010年

不食の時代

  • 2010年10月9日(土)
  • 出演

鍼灸師の森美智代さんは「甲田メソッド」という生菜食療法で難病を克服し、1日1杯の青汁で生活を続けている。その病気とは脊髄小脳変性症。運動機能を司る小脳や脊髄が萎縮して、次第に働きを失っていく病気で、国の認定する特定疾患である。現代医学では治らないといわれ、少女時代から苦しんできたが「断食療法」の先駆的指導者である甲田光雄医師の治療によって見事に克服。その後も健康を維持するために1日80kcalの食事と若干のサプリメントで何の問題もなく暮らしている。そんな彼女の素顔とライフスタイルを、回想ドラマをはさみながら描かれるドキュメンタリー。監督は「ストーンエイジ」の白鳥哲。ドラマ部分では「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」の山田まりや、「魂の教育」の寺田千穂、「ストーンエイジ」の佐川和正、「午後の遺言状」の岡本正巳らが出演する。

監督
出演キャスト
森美智代 赤池キョウコ 境野米子 森垣奈津子
2008年

魂の教育

  • 2008年11月18日(火)
  • 出演・回想ドラマ

俳優や声優として活躍する白鳥哲の「ストーンエイジ」('05)に次ぐ監督第2作となる長編ドキュメンタリー。右脳教育、児童教育の第一人者として知られる七田眞の姿に迫る。

監督
出演キャスト
七田眞 庄司卓也 石川裕之 熊代七恵
2002年

およう

  • 2002年5月11日(土)
  • 出演(きく子 役)

日本初の裸婦モデルを巡る大正ラブロマン。実在の天才画家2人と妖艶な魅力の美人モデルが織り成す三角関係、愛と情念と芸術に生きたアウトローたちの真実を描出。

監督
関本郁夫
出演キャスト
熊川哲也 渋谷亜希 竹中直人 里見浩太朗
1998年

野獣の肖像

  • 1998年5月9日(土)
  • 出演(鬼塚友子 役)

人斬り鬼と呼ばれるやくざと、その生き様を追いかける女性TVカメラマンの人間ドラマ。監督は「野獣死すべし 復讐篇」の廣西眞人。脚本は「それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド」の米村正二。撮影は「アンラッキー・モンキー」の栗山修司が担当した。主演は「実録・新宿の顔/新宿愚連隊」の的場浩司と「今日から俺は!」の細川直美。

監督
廣西眞人
出演キャスト
的場浩司 細川直美 金山一彦 寺田千穂
1997年

うなぎ(1997)

  • 1997年5月24日(土)
  • 出演(山下恵美子 役)

妻の浮気によって人間不信に陥り、唯一飼っているうなぎだけに心を開く中年男と、そんな彼をとりまく人たちの交流を描いた人間喜劇。監督は前作「黒い雨」から8年ぶりにメガホンを取った今村昌平。吉村昭の『闇にひらめく』を、冨川元文と「罠」の天願大介、そして今村自身が共同脚色している。撮影は「BAD GUY BEACH」の小松原茂。主演は「失楽園」の役所広司と、「義務と演技」の清水美砂。第50回カンヌ国際映画祭グランプリ(パルム・ドール)受賞作で、今村は83年の「楢山節考」に続く2度目の受賞となった。97年度キネマ旬報ベスト・テン第1位。

監督
今村昌平
出演キャスト
役所広司 清水美沙 柄本明 田口トモロヲ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 寺田千穂