映画-Movie Walker > 人物を探す > A・E・トーマス

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1937年 まで合計8映画作品)

1937年

父とその子

  • 1937年当年公開
  • 脚色

「拾万ドル玉手箱」と同じくJ・ウォルター・ルーペンが監督したウォーレス・ビアリー主演映画で、ドン・マークィス作の喜劇を劇作家A・E・トーマスが脚色したものである。助演者は「港に異常なし」のユーナ・マイクル、「拾万ドル玉手箱」のエリック・リンデン、「愛と光」のベティー・ファーネス、「銀翼の戦慄」のジュディス・バーレット、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリー、「処女散歩」のジャネット・ビーチャー、「ダイヤモンド・ジム」のジョージ・シドニーその他で、カメラも「拾万ドル玉手箱」と同じくクライド・デ・ヴィナが受持った。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ウナ・マーケル エリック・リンデン ジュディス・バーレット
1931年

女は真っ平(1931)

  • 1931年当年公開
  • 原作戯曲

「喧嘩商会」「彼女の名誉よ」出演のチャールズ・ラグルズが主演する喜劇で、A・E・トーマスとクレイトン・ハミルトン共作の舞台喜劇に基づいて、劇作家オーウェン・デイヴィスと「三太郎大西洋横断」のガートルード・パーセルとが共同で台本を作り、「僕の幸福日」「ラグビー時代」のエドワード・クラインが監督し、「心を汚されし女」「恋愛四重奏」のラリー・ウィリアムスが撮影した。助演者は映画初出演のロシア舞踊手のタマラ・ゲヴァを始め「けだもの組合」のマーガレット・デュモン、「女は嘘つき」のベティー・ガード、スー・コンロイ、ドナルド・ミーク等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ タマラ・ゲヴァ スー・コンロイ マーガレット・デュモン

肉と霊

  • 1931年当年公開
  • 原作戯曲

「リリオム」「春ひらく(1930)」主演のチャールズ・ファーレルがフォックス新入社の舞台女優エリッサ・ランディと共演する映画でエリオット・ホワイト・スプリングスとA・E・トーマスの合作舞台劇を「泥人形」「叛逆者」のジュールス・ファースマンが脚色し「海の狼(1930)」「アリゾナ怪盗異聞」のアルフレッド・サンテルが監督、グレン・マクウィリアムスが撮影の任にあたった。助演者は「河上の別荘」「哄笑の世界」のハンフリー・ボガート、「叛逆者」「黒時計連体」のマーナ・ローイ、ドナルド・ディラウェイ、クローフォード・ケント、パット・サマーセット、アイアン・マクラレン等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
チャールズ・ファーレル エリッサ・ランディ ハンフリー・ボガート マーナ・ローイ
1930年

チウインガム行進曲

  • 1930年当年公開
  • 原作

「レビューのパリっ子」「ラヴ・パレイド」に次ぐモーリス・シュヴァリエ氏の主演映画でジョージ・ミドルトン氏及びA・E・トーマス氏合作の舞台劇から「河宿の夜」「喝采」のギャレット・フォート氏及びロバート・プレスネル氏が撮影台本を書き、「河宿の夜」「虎御前」のホバート・ヘンリー氏が監督したもの。「屠殺者(1930)」「壁の穴(1929)」のクローデット・コルベール嬢、ジョージ・バービア氏、マリオン・バルー夫人、アンドレ・コルデー氏、フランク・A・リヨン氏その他が助演、キャメラは「喝采」「ココナッツ」のジョージ・フォルシーが担任している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ クローデット・コルベール ジョージ・バービア マリオン・バルー

ハニー

  • 1930年当年公開
  • 原作戯曲

「スイーティー」に次ぐナンシー・キャロル嬢主演のミュージカル・ファースで、アリス・デュアー・ミラー女史とA・E・トーマス氏合作の喜劇を映画化したもの。「ダミー」「崩るる天地」のハーマン・J・マンキーウィッツ氏が脚色並びに台詞を執筆し、「ストリート・ガール」「うわさ」のウェズリー・ラッグルズ氏が監督、「サンダーボルト(1929)」「君恋し」のヘンリー・ジェラード氏が撮影した。助演者は「スイーティー」のスタンリー・スミス氏、「レヴュー結婚」のスキーツ・ギャラガー氏、「楽屋行進曲」のハリー・グリーン氏、パ社短編トーキー出演のブルース歌手リリアン・ロス嬢、舞台から来たジョビナ・ハウランド嬢、新進の名子役ミッチー・グリーン嬢及び「ダミー」のザス・ピッツ嬢、「スイーティー」のチャールズ・セロン氏等である。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ナンシー・キャロル スタンリー・スミス スキーツ・ギャラガー リリアン・ロス
1923年

返り咲く花

  • 1923年当年公開
  • 原作

A・E・トーマス原作の舞台劇をクララ・S・ベランジャーが脚色し、「世界の喝采」「嵐の散る花」等と同じくウィリアム・C・デミルの監督したもので、「キック・イン」「センチメンタル・トミー」のメイ・マカヴォイ、「真夏の狂乱」のロイス・ウィルソン及び「アダムス・リブ」のエリオット・デクスターの共演である。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ロイス・ウィルソン ロバート・エイニュー エリオット・デクスター
1922年

三十日間

  • 1922年当年公開
  • 原作

ウォーレス・リード氏最後の作品で「剣の輝き」「ふるさとの家」等を監督したジェームズ・クルーズ氏の監督である。「ヤング・ラジャー」「燃ゆる砂」等出演のワンダ・ホウリー。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ウォーレス・リード ワンダ・ホウリー シリル・チャドウィック ヘレン・ダンバー

世界の選手

  • 1922年当年公開
  • 原作

故ウォーレス・リード氏主演のパ社映画の一つで、かつてニューヨークで好評を取ったA・E・トーマス氏トーマス・ラウデン氏合作の舞台劇をJ・E・ナッシュ氏が脚色し、「大陸突破」等同様フィリップ・E・ローゼン氏が監督した。相手役はロイス・ウィルソン嬢。軽い喜劇めいた物。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ウォーレス・リード ロイス・ウィルソン ライオネル・ベルモア Henry Miller Jr.
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > A・E・トーマス